2022年06月28日

(FBには先日UPしたんですが・・・)

P1011042


6年前に行った入笠山でいただいた鉢
毎年咲いてくれていたのですが・・

去年は咲かなかったので心配していたのだけど
今年は咲いてくれた。

なぜだかは解りません



そして
もう一輪

062702











mackkmackk55 at 01:24│コメント(0) | 

2022年06月08日

 いつもの皮膚科へ行く途中、駅を出たら足の甲が痛くなり歩くのにも苦労した。
 実は数日前から少し腫れていて若干の違和感はあったのだけど
  (この場所と症状は、数年前に骨折した時と同じだ・・・!)
 と思った。
 たまたまその日の午後がその病院の整形外科の診療日だったので受付の時にそちらも予約した。

 それでもとりあえず、皮膚科の先生に診てもらうと
  「ホウカシキエンかも・・・」
 と言われ、その病名を紙に書いてくれた。
 ただ、今の状態ではまだ判断できないということで
  「痛みが続いたらすぐ来なさい」
 と言われた。

 で、昼飯時にスマホでググると・・・
 

蜂窩織炎とは、皮膚の傷などから細菌が侵入し皮膚とその下にある脂肪組織などに炎症を引き起こす病気。全身に発症する可能性がありますが、もっともよく見られるのは足からふくらはぎにかけての部位とされている。蜂窩織炎を発症すると、炎症を起こした部位が痛みや熱感を伴って赤く腫れ上がり、徐々に範囲が広がっていく。また発熱や悪寒、倦怠感などの全身症状を引き起こすこともあり、中には敗血症などに移行して命に関わるようなケースも・・・

 
 と、恐ろしいことが書いてある
    (しかし、足に傷など身に覚えもないしぃ・・と思ってみていたら)
 午後のレントゲンの結果では骨には全く異常がなく、整形外科の先生からもやはり
  「蜂窩織炎じゃないか」
 と言われてしまった。

 それから2回、皮膚科に通院。
 血液検査の結果でもやはり細菌の値が出ているとのこと。皮膚科の先生によれば
  「傷は無くても、毛穴などから侵入することがある」
 とのことで、病名自体は判明してよかったのだが(痛風とかだったらどうしようと思っていた)
 抗生物質を6日間服用のあと、昨日の診察後には
 弾性包帯というやつで膝から下をぐるぐる巻きにされ、
 これを1か月くらい続けるとのことで・・・・ 
    (あーあ、またひと月 山もおあずけかぁ~)
image1

  トホホ状態(看護師さんが巻いてくれたすぐの時はもう少しきっちりだったのですが)
  という、情けない報告でした。





  




が・・・
 実は最初の診察の日の翌日は三頭山から槙寄山を歩いて
takarasou

この宿(蛇の湯・たから荘さん)に泊まる予定だった・・・

kaede

結局、歩くのだけやめて宿直行にしたのだが

mitouootaki

翌日、遊歩道だけで行けるここには行ってきた。
(・・・って、なんじゃい!・・)




mackkmackk55 at 17:13│コメント(0) | 

2022年05月15日

   岩手山麓を半回り   2022年4月28日 (晴れ)

旅の二日目は、

先ずは恒例の?朝の散歩からスタート
220428 (1)

昨日から気になっていたこの木は「バッコヤナギ」というそう

そしておなじみの・・・
220428 (2)

今年はちょうど咲き?盛り、だったかも

宿を辞してからは
220428 (4)

220428 (5)

キクザキイチゲ
色は白から水色、紫までそれこそ色々

220428 (6)

同じ場所にカタクリも

IMG_0413

こんな風に並んで咲いていたりもします

どちらも「スプリング・エフェメラル(春の妖精)」といって
春から初夏の間だけ地上に顔を出すミステリアスな?植物


220428 (7)

蝋梅もチャーミング


220428 (10)

その後は県民の森
岩手山を拝みながらの、おなじみのお花見スポット



220428 (11)

夫婦桜が満開だった


220428 (9)

そこから山麓を時計回りに回って

220428 (13)

いつも通る道路際の桜もほぼ満開

220428 (14)

旭日の湯にも魅かれたが今回はこちら、焼け走りの湯で昼浴の後


自衛隊の演習場を迂回するため一旦国道経由で

220428 (16)

南東からの岩手山


220428 (15)


南部片富士と言われるだけあって、見る場所ごとに違う姿を見せてくれる

220428 (18)

有名な小岩井農場の一本桜
220428 (19)



220428 (20)

こちらはその南側にある弘法桜

220428 (21)

どちらも解説板でお茶濁し・・で、すみません

そして、この日の宿は鶯宿

220428 (22)

源泉58.6度、湯口で50度というアルカリ泉は飛び切りの湯だったし・・

夕食もなかなか
220428 (23)
220428 (24)
220428 (25)







220428 (26)220428 (27)
これで一泊8500円という、
コスパ抜群の宿だった。
(そんな気軽な宿なので、
夕食時以外の飲み物は近くの煙山商店さんで調達)



yado

のんびりとプチ湯治気分にさせてくれた清光荘さんでした。













mackkmackk55 at 09:45│コメント(0) | 

2022年05月13日

   初日はいつもの宿へ   2022年4月27日 (晴れ)

0427 (1)

当初は一か月前に来る予定だった八幡平
地震の影響で新幹線が不通になりこの時季の訪問となった。
今日は
 恥ずかしがり屋の岩手山がご機嫌みたい・・・

0427 (2)

ビジターセンター裏からもこんな様子

sakura2


0427 (3)

この日はアスピーテラインを走っていくことにした

0427 (4)

松尾鉱山住宅の跡を眼下に眺めて・・

0427 (5)

可愛いフキノトウともご対面


0427 (6)

雪の中から顔を出してきたアオモリトドマツを見ながら・・

0427 (7)

山頂直下、見返り峠はものすごい風で立つこともままならないほど
なので・・一服するだけにして、歩くのは中止。

0427 (8)

そのまま樹海ラインを下っていく。

0427 (9)

道の両側は雪の壁で
その重さに倒れた樹々が除雪された壁面に顔を出している。


0427 (10)


ということで初日は早めに宿到着

fl

そこにあった小林兄弟のフラッグ
ご主人に聞いたらやはりこの地域の出身だそう


この日は宿でのんびりまったり
・・・って、いつものことだけど(笑)

0427 (11)

おなじみのメニューに舌鼓を打って
(岩魚がこの日は塩焼きではなく唐揚げ+みそだれ=これもまた秀逸だった)

0427 (12)

もちろん、いつものこいつを頂きながらね。



mackkmackk55 at 12:00│コメント(0) | 

2022年03月21日

  三度目の仙厳園  2022年 1月24日 (雨のち曇り)

 翌朝も雨。
 この日で旅(の前半)は終了です。
20220124 (1)
宿を辞して・・・



20220124 (2)
天降川を渡ります

20220124 (3)
鹿児島湾が見えてくると、もうすぐ・・・




20220124 (6)

仙厳園に到着


20220124 (7)


20220124 (5)

ちょうど寒緋桜の咲き頃



20220124 (8)

仙厳園は島津家の別邸ということで
最近旅先にあれば必ず行く、庭園巡りのお庭とはスケールが違いますね
こちらは正門、樟材でできているそう

20220124 (9)

なかなか重厚な造りです

20220124 (13)


20220124 (10)

丸に十文字の・・・




20220124 (11)

三回目の訪問ですがこんなにすいているのは初めて・・
(考えてみれば過去二回はどちらも週末の訪問だった)



20220124 (12)

こちらは錫門といって、屋根が錫葺きだそうです
かつてはお殿様だけが通ることが出来たとのこと

20220124 (14)


20220124 (15)

先ほども言いましたがここのお庭は超がつくほどの規模と造り
錦江湾と桜島が借景ですわ
(反対側にも滝がある山があります)


20220124 (16)

これは鶴灯篭
パンフレットによれば28代斉彬が城下にガス灯をともすための実験をしたそう




20220124 (17)

咲き始めの梅を鑑賞しつつ歩いていくと・・

20220124 (19)

カワセミ君でしょうか・・・


20220124 (30)

JR日豊本線もすぐ下を走っています

20220124 (32)

竹林も見事

20220124 (34)


前回じっくり巡ったので、今回は割と短めに探勝

20220124 (26)20220124 (33)



















20220124 (36)20220124 (35)





















この辺りは昔の遍路道のよう・・・


20220124 (37)



20220124 (39)

反射炉跡や山に続く道、また御殿内部も見どころです

20220124 (41)

などなど、まだまだ見たいところは尽きませんが・・・

明日もあるのでここらへんで鹿児島市内へ向かいます


で、ランチは駅ビル「アミュプラザ」の、
実は昨年も来たのですが入れなかったここで
20220124 (43)

2年ほど前まで銀座の高速下にあった「素敵庵」
実はオッサン、当時は週一くらいの頻度で昼飯に行っていた店
残念ながらそちらは閉店してしまいましたが、ここにあることが昨年わかったので
懐かしい味に再会
当時、東京にいた店長さん?もいらっしゃって
その方とも懐かしの再会・・・でした

20220124 (45)

鹿児島からは新幹線で博多へ向かいました。


mackkmackk55 at 10:37│コメント(0) |