2019年01月16日

 遅くなりましたが今年もこれから・・・・
(いつものように忘れているものや勘違いもあるかもですが・・)

 1.17 Bluegrass Police @ Nisiogikubo Terra
  (以降2.21@Rockytop 3.21@Penguin House , Kouenji 4.18,6.20,10.24,12.19@Rockytop)
 3.31 Akira Miyakawa @ Tiara Koto
 4.5   Aki Yashiro @ Bluenote Tokyo
5.1   Nick Lowe @ Billboard Tokyo
5.16    Three Digrees @ Billboard Tokyo
6.18 Danny Kortchmar @ Billboard Tokyo
6.28    Peter Asher & Albert Lee @ Cottonclub
7.3   Hroshi Arakawa Band @ Rockytop
7.8   Ichikawa Papa @ Back In Town
7.25 Mark Ribot's Ceramic Dog @ Bluenote Tokyo
7.30 Carla Thomas @ Billboad Tokyo
 8.22    Andy Ferweather Low & The Low Riders @ Cotton Club
 8.29    Karla Bonoff @ Billboard Tokyo
 9. 6    Tatsuro Yamashita @ Nakano Sunplaza
 9.29   Cañizares Flamenco Quintet @ Meguro Percimon Hall
 9.30    Bruce Cockburn @ Billboad Tokyo
10. 9    Ayako Miyata @ La Donna Harajuku
10.13   Kimiyo Ogawa with Akira Miyakawa @ Tiara Koto
10.29   Willie Hightower,Steve Cropper with Hi Rythm @ Billboad Tokyo
12. 6 Bluegrass Tetsukabuto @ Rockytop
12. 8   Certic Christmas @ Trinity Hall
 
・・・昨年は初来日が乏しく、これだ!というのがあまりなかったような・・・
 まあ、春先の八代亜紀からダニー・クーチまではベテランらしいステージを楽しめました。
 そのあとのピーター・アッシャーは自分としては初見参、ただしコンサートというよりはトークショウ+音楽といった進行でした(それはそれで面白かったけど)
  久しぶりのブルース・コバーンもまだまだいい声だしてましたね。
 一つ選ぶなら アンディ・フェアウェザーロウ! 50年代の曲からはじまってアメリカ南部のライブハウスにいるような感覚になりました。 そしてがっかりだったのがウィリー・ハイタワーとスティーブ・クロッパー でした。

 今年は誰が来てくれるかなあ・・・・・



mackkmackk55 at 20:17│コメント(2)

2018年09月01日

 8月24日から夏休みをとり、松本ー糸魚川ー富山という「乗り鉄」旅に出かけた。当初は山に行く予定だったのだが諸般の事情により急遽、車窓を楽しむ旅をすることになった。

 
P7170198
 糸魚川には2年前にも来たことがあって、実はその時も 蓮華温泉ー朝日岳ー小川温泉 というルートで歩く予定を(足の甲の骨折のため)真ん中の一日を糸魚川泊P7170200にしたのだった。その時に頂いたこのイタリアの窯で焼いたピザが忘れられず、またその年の暮れの悲惨な大火のことも気になっての再訪だった。




DSC_0246
 だが、残念ながらそのイタリアンはやっていなかった(ランチタイムの営業をやめたよう)。



DSC_0250DSC_0251     罹災地には新しい道路もできていて遅ればせながらも復旧が進んでいるようで少しだけだが、ほっとする。




  前回美味しい蕎麦を頂いた「そば処泉家」さんも営業再開してはいたのだが、ピザに振られたせいかなんとなく洋物が食いたくてこんな昭和レトロの喫茶店に入店。
 ホントにDSC_0249レトロすぎる店だったが、聞いた火事の話。
 「最初は中華屋さん含め3軒くらいが燃えていて、近所の人たちが側で見ていた」そうだ。DSC_0248「そしたら急に突風が吹いてきて、遠くまで火の粉をとばし始めた」ので「みんな慌てて自宅に戻った」らしい。
  「私のとこもすぐ隣まで来たしね」それで「有無を言わさず避難指示」がでて、自分は「山の上の温泉に避難できたからよかった」そうだが「まあ、それも運だよね。それにしても暮れも詰まっていたから大変だった」
  この何倍かの話をお伺いして、我々も(前回も泊まった)山の温泉に向かう。



DSC_0279
 笹倉温泉 龍雲荘
 日本海から川筋を上った場所は、日本にはよくある立地だが
 部屋からのこんな景色が気に入っていた。


  



 で、ここまでが(相変わらず)長~い前振り。
 源泉掛け流しの湯に浸かり、いい気分で部屋に戻ったあとだ。

 スリッパを履こうとしたら、何かに引っかかったみたい。
 見ると左足の親指の爪が「パカン」と上にあがっている。
 あせりました・・・ただし、痛みは全くないし何の違和感もない。
 何とか根元?は繋がっていてヒンジ状態だったので、とにかく元に戻してバンドエイドで固定した。

 その後の入浴は諦め、ひたすらネットで対処法検索。
 翌日も温泉のため、道中で防水シートを購入することに決定。
 (それは、結果的には正解でした)

 で、ここから先は写真もちょこっとあるので見たくないヒトはここまでね








 夏休み明けの水曜日、もともと別件で通っていた皮膚科に行く。
 「先生、今日はもうひとつ厄介ごとがあるんですけど・・・」
 と言って爪を見てもらう。
 「ああ、爪はがれちゃったのね。じゃあ取っちゃいましょう。」
 簡単に言われて、答える暇もなかった。(勿論、何の痛みも無い)
 「もう下に爪になりかかっている皮膚があるでしょ。外の爪の危機を身体が感じてて準備しているのよ」
 それを聞いて恐る恐る触ると、確かにそれらしくちょっとだけ堅くなりかかっているよう。
 DSC_0574(ヒトの身体の神秘を感じる)
 「何かスポーツやってるの?」
 やはり、激しい動きなどによりはがれることが多いらしい。
 そう言われて思い出すのが鳳凰三山に行った際の「中道」の大下り。昨年も感じたのだが、下りの感覚が戻らない・・・バランス感がなく以前のようにすいすい降りられなくなったのだ。
 実はその後から右足の親指は内出血しているような状態。そのことを話すとDSC_0575
 「まぁ、爪をちょっとめくって血を取り出すこともできるけど・・少し治りが早くなるわよ」
 「い、いやっ。いいです。自然に任せます・・・」

DSC_0583 「で、この爪どうします? しばらくカバー代わりにつけておくのもいいけど・・」
 ということなので消毒した爪をつけてもらう。(装着は紙テープ巻き)
 「爪も指も風呂に入るたびに石鹸でしっかり洗ってくださいね」
 そして
 「綺麗に装飾して付け爪にする女の人も多いわよ。自分の爪だからぴったり合うしね」
 らしい・・・まあ、さすがにその気は無いが・・・・

 
 yubi1自分でつけると少しずれたりしてちょっと痛みがあるときもある。
 でも、暫くは様子見です。
 下の爪クンが頼りになりそうになったらこの爪はどこかにしまっておきます。 




mackkmackk55 at 08:50│コメント(2)

2018年01月17日

 相変わらず落ち込んだ日々なのですが・・・・こいつをやらないとブログの年越しができないので・・・・
(忘れているものも多そう。で昨年よりもっと簡単に羅列だけ・・今年もBluegrass Police は省略・・ゴメン)

3.16 Backsbunny  @ Shimokitazawa Garden
4.20 Helen Merril  @ Bluenote
5.18 David HiIdalgo & Marc Ribot @ Claub Quatro
5
.26 Junko Makiyama  @ JZ Brat
6.10 Tatsuro Yamashita @ Sunplaza
615 Bill Frissel  @ Bluenote
7.8 Yosuke Yamashita & friends  @ Percimon Hall
7.30 Danny Koach    @ Billboad
8.9    Junko Makiyama  
8.30   Chick Corea=Steve Gadd Band @ Bluenote
10.11  Garland Jeffreys  @
Billboard
10.17 Jackson Browne  @ Orchard Hall

11.30  Chieftens
@ Orchard Hall

残念ながら当日欠席
12.9 
Celtic Christmas @ Sumida Torifony Hall

・・・昨年はあまりメジャーなライヴにはいきませんでした。でもそれぞれ、しっとりといい感じでした。ロスロボスのデヴィッドやあのダニー・クーチなどギターの音色に酔いしれました。こうやって並べてみるとジャズ系にも結構行きましたね。あまり期待しなかったけど良かったのはガーランド・ジェフリーズでした。そして何より、トムペティのウェイティングからのパフォーマンスもさることながらtakaboh 先輩 にお会いできたジャクソン・ブラウン! 最後のチーフタンズには皇后陛下がお見えでした・・・・
 そしてポリスにもこの一年、そこそこ通いました。ニューアルバムも出ましたし(ミキシング、良かったです)、年々たくましくなっていきますね・・

 で、先程まで今年の初ポリス・・・でした。。。



mackkmackk55 at 23:43│コメント(2)

2018年01月04日

ppp

 遅ればせながら・・・明けましておめでとうございます。
 12月は色々あってブログ更新もできず、FBもお休み。
 (年賀状の投函も大晦日の夕方という、体たらくでした。)
 
 おまけに正月早々風邪気味で熱っぽく、結局なにもやらない正月でした。
 こんな新年は人生初でした(まったく、とほほ・・です)

 そんな酷いブログ(主)ですが、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
 皆様におかれましては良い年でありますように・・・・・

 (ついでに恒例の年間ライヴメモ、も思いましたが・・また。
        今は、ただただリック・ホールに合掌です)

 







mackkmackk55 at 19:50│コメント(3)

2017年03月16日

 金子マリ & バックスバニー @ GARDEN 2017.03.16

 何周年記念?CDボックスも買ったし・・・
 行ってきました。
 オールスタンディングなんでちょっと、怖かったんですが何とか乗り切りました。
 
 それにしてもさすがに凄いメンバーたちでした。
 そしてもちろん、素晴らしいライブだったのですが・・・
 
 その音楽のこともですがそれにまつわる個人事情もあり、
 とても思い入れあるバンドなのでここでちょっと書いておきたいと思ったのでした。
 
 ここからが追憶です・・・・

 下北のロフトに誘ってくれたのは大学時代の友人だった。
 なんかとってもいいバンドだからっていうことで・・・

 で、その時に新しいキーボードとして参加したのが難波弘之だった。
 当時はプログレ大流行の時代でもあったので、モロにそんな演奏だった。
 誘ってくれた友人はちょっと戸惑った感じで「難波メチャプログレじゃんか・・・・」
 って言ってたが、その後も何回かロフトに彼らを聴きにいった。
 (最初は、はったりもあったんか・・・難波さんもだんだん馴染んできた)
 
 その友人とは大学卒業後もずっと付き合っていたものの、
 その後ちょっと疎遠になることもあり、でも音楽雑誌のコラムなどで目にしていて
 元気でやっているんだと思っていた。
 が、突然(むろんそういうものだが)訃報を目にすることになった。
 
 もう一人の友人は高校時代に一番つきあっていたヤツだ。
 先ほどの大学時代の親友もそうだったが(二人とも)ギター弾きであり、
 なおかつなかなかの腕前だった。
 で、そいつはもっと腕を磨こうと永井充男さんのギター教室に通っていた。

 彼に教えてもらったのが竜童組だった。
 あちこちで彼らのステージを見に行くようになった。
 つまり永井さんを縁に二人の親友ともつながりを強めたのだった。
 もちろん、その底に音楽というものが流れていたのは間違いないのだが・・・

 その友人も10年近く前に急逝した。

 永井さんとはその後、お会いする機会もあって、そのお人柄にも敬服したが
 今回マリさん(昨年末のビルボードでの木村さんライブ以来)のステージに久しぶりに接して
 何故か、というか必然かもしれないが
 二人の大切だった友のことが思い浮かんだ。

 あらためて両人の冥福を祈って・・・
 こんな勝手な雑文を書いてみた次第です。


mackkmackk55 at 23:41│コメント(2)トラックバック(0)