2017年03月16日

 金子マリ & バックスバニー @ GARDEN 2017.03.16

 何周年記念?CDボックスも買ったし・・・
 行ってきました。
 オールスタンディングなんでちょっと、怖かったんですが何とか乗り切りました。
 
 それにしてもさすがに凄いメンバーたちでした。
 そしてもちろん、素晴らしいライブだったのですが・・・
 
 その音楽のこともですがそれにまつわる個人事情もあり、
 とても思い入れあるバンドなのでここでちょっと書いておきたいと思ったのでした。
 
 ここからが追憶です・・・・

 下北のロフトに誘ってくれたのは大学時代の友人だった。
 なんかとってもいいバンドだからっていうことで・・・

 で、その時に新しいキーボードとして参加したのが難波弘之だった。
 当時はプログレ大流行の時代でもあったので、モロにそんな演奏だった。
 誘ってくれた友人はちょっと戸惑った感じで「難波メチャプログレじゃんか・・・・」
 って言ってたが、その後も何回かロフトに彼らを聴きにいった。
 (最初は、はったりもあったんか・・・難波さんもだんだん馴染んできた)
 
 その友人とは大学卒業後もずっと付き合っていたものの、
 その後ちょっと疎遠になることもあり、でも音楽雑誌のコラムなどで目にしていて
 元気でやっているんだと思っていた。
 が、突然(むろんそういうものだが)訃報を目にすることになった。
 
 もう一人の友人は高校時代に一番つきあっていたヤツだ。
 先ほどの大学時代の親友もそうだったが(二人とも)ギター弾きであり、
 なおかつなかなかの腕前だった。
 で、そいつはもっと腕を磨こうと永井充男さんのギター教室に通っていた。

 彼に教えてもらったのが竜童組だった。
 あちこちで彼らのステージを見に行くようになった。
 つまり永井さんを縁に二人の親友ともつながりを強めたのだった。
 もちろん、その底に音楽というものが流れていたのは間違いないのだが・・・

 その友人も10年近く前に急逝した。

 永井さんとはその後、お会いする機会もあって、そのお人柄にも敬服したが
 今回マリさん(昨年末のビルボードでの木村さんライブ以来)のステージに久しぶりに接して
 何故か、というか必然かもしれないが
 二人の大切だった友のことが思い浮かんだ。

 あらためて両人の冥福を祈って・・・
 こんな勝手な雑文を書いてみた次第です。


mackkmackk55 at 23:41│コメント(2)トラックバック(0)

2017年01月11日

 またしても年越ししてしまいました・・・・が・・・・
  (昨年同様、今回も簡単に・・・・なので今年は何回も行っているBluegrass Police は省略・・ゴメン)

1.26 Jack Tempchin  @ Shimokitazawa Garden
幕開けはJack でした。いきなりマイナーなスタートでしたが、昨年はこの後は少なかったですね。

2.27 Tatsuro Yamashita  @ Nakano Sun Plaza
一月後…、という間があくのも・・・・
もちろん、達郎兄は相変わらずのパフォーマンスで3時間!
しかし、この会場もあとわずかの命です・・・・

4.1 Tedeschi Trucks Band  @ Budohkan
こちらは3年ぶりですかね。相変わらず貫禄のステージ・・・・と、言いたいところですが、ちょっと
何か丸くなりすぎ??
もうちょい二人とも昔の粗っぽい感じが欲しかったですが、ないものねだりか・・


4.13 Eric Clapton @ Budohkan
その少しあとのクラプトン。まあ、こちらは円熟でも当たり前か。
今回もポール・キャラック、そしてアンディ・フェアフェザーロウも。

419 Bob Dylan  @ Orchrad Hall
久しぶりのホール公演。前回同様、シナトラなどスタンダード中心のステージでしたが、She Belongs to me  や最近はお馴染みの Tungled up  in Blue など、懐かしいDylan 節も聞かせてくれました。今回もヴォーカルを堪能。


5.30 Ayako Miyata @ Shinjuku Miotor
3年前に恵比寿でお会いした宮田さん、今回もジャズスタンダードとアメリカンポップスのコラボで楽しませてくれました。バックのマイク:ダンや元センチメンタルの細井さん?も秀逸でした。

例年のことですが? この後夏枯れ
そして、骨折もあり・・・またしても寂しい夏・・・・
(まあ、山の代わりに温泉には結構行きましたが)

11.12  Nobuo Yagi & Fumihito Teramoto @
Bonne Nuit
地元のよしみもあって?友人が誘ってくれたライブ。バックミュージシャンとしてはかなりのベテランだそうで、確かにいい音が聴けました。

11.25 Latino 2 @ Meguro Percimon Hall

こちらも友人の誘いで伺ったライブ。コンサートではないけれど、日本に在住するラテンの皆さんの音楽とダンスのパフォーマンス。(正直、その中身に関しては期待していなかったのですが、バックにはしっかりしたバンドがついていてなかなかでした)

12.2  Sharon Shannon
@ Nerima Bunka Centar
12.3 
Celtic Christmas @ Sumida Torifony Hall
今年は3年ぶりのSharon Shanonということで、楽しみにしていました。初来日からのファンとしてはもちろん見参・・・です。また初めて見る女性グループ、Cherish the Ladies も迫力があり楽しかったです。北欧のバンド Dreamers' Circus も・・・・・。
そしてやっぱり、久しぶりのシャロン。以前に比べたらワイルドさがなくなった感ありでしたが・・・それでも最後はノリノリでした。

12.16 Atsuki Kimura with big band @ Billboard
最後は木村さん、今回はビッグバンドがバックで、しかもあの金子マリさんもゲスト参加。
こちらは簡単にブログアップしましたが・・・。楽しいステージでした。


・・・昨年もまた年末近くに友人と「今年はあまりなかったねぇ」と話していたんですが、やはり極端に少なかったですね。例年の半分くらいかなあ。しかも口開けのJack 以外は目新しいものなし・・・・というか、行きたくてもいけなかったライブも多く…遺憾・・・と反省。きっとまだ他に、忘れてしまっているのもあると思いますが。さて、今年は・・・・・・・????




mackkmackk55 at 23:50│コメント(2)トラックバック(0)

2016年12月21日

           久しぶりです      2016年12月21日

IMG_0992  
久々の更新ですみません。
 今夜は(こちらも久々の)ビルボード東京へ行ってきました。
 あの「憂歌団」の木村先輩がビッグバンドをバックに歌うそうなんで・・・

 ホワイト・クリスマス~ジングル・ベルの演奏で幕開け・・・・

 スタンダード中心の木村節を堪能しました。

IMG_0993 (本音を言えば、ちょっとは憂歌団時代の歌も聴きたかったですが)
 
 でもビッグバンドはいいですね・・・ホーンセクションが13人!そしてドラム、ギター、ベース、ピアノの編成・・・とっても楽しかったです。

   ゲストの奇妙礼太郎くん、金子マリさん(なんと着物で登場・・・彼女に会う?のは昔よく行ってた「バックスバニー」以来だから30数年ぶり・・・でも歌声はさすが!!)

  エンディングの「オール・オブ・ミー」、アンコールの「嘘は罪」って自分の大好きな曲が聴けたのも大満足でした。


mackkmackk55 at 23:47│コメント(2)トラックバック(0)

2016年10月23日

     シカゴ! 頑張れっちゃ!                   
                                                                          (hobo in the past #004)

 先ほどシカゴ・カブスのナショナルリーグ優勝が決まりました。
 今年、ここまでのポストシーズンではカブスの技術が光りましたね。
 インディアンズとのワールドシリーズもちょっと似たもの同士対戦で楽しみです。どちらも少~し、日本的?な作戦で勝ち上がってきたチームなんですよね??
 そしてクリーヴランドvsシカゴ という、ご近所対決。地元は盛り上がっていることでしょう。

 ところで・・・
 自分は特別なカブス・ファンではないのですが、思い出すことがあります。

 ニューオーリンズ駅にて
  それはずっと乗りたかった "City of New Orleans" に乗車したときのこと。
    (画はその時のものではありません)
 ダイニングカーでご一緒した僕たちより一回り位年下のご夫妻と、話が盛り上がりました。そのきっかけが奥さんが着ていたカブスのT、カミサンが "Go Cabus Go" って歌ったら(まあ場所柄ですから大声ではなく)皆で合唱になりました。

 その後も「スモーキン・ストップ」ではいつも一緒。(煙草のみのコミュニティがあるものですが、当時妊娠していた奥さんも平気でスパスパやってました)

彼らが何故アムトラックを使ったかというと、御高齢のお母さんがいたから・・・
 (飛行機に乗るのはちょっと大変らしいです)

そして最後ニュー・オリンズで別れましたが、その1ヶ月後にあのカトリーナが来襲。
住所は聞いていたので手紙を送りましたが、あの混乱の中、届いたかどうかもわからないまま現在に至っています。
 
 話がそれましたが、71年振りのカブスの優勝を眼にして思い出したことです。

 そしてカブスといえば、この人も・・・
 ”Go! Cubs! Go!" もスティーヴの曲。(そして乗った列車 "City of New Orleans" も彼の代表作です)
 
   Hey Chicago what do you say......The Cubs are gonna win today......

 この画でも彼の野球(カブス)好きが現われていて、楽しいです・・・・最後に優勝したのは戦争で日本に勝った年なんていってるのは・・・まあそれも普通のことでしょうが日本人としては聞き逃せまんでしたね(笑)・・・・・。





 PS  

  ワールドチャンピオン! 

  おめでとうございます




   



mackkmackk55 at 13:32│コメント(3)トラックバック(0)

2016年05月18日

 ガイ・クラークの訃報が飛び込んできてしまいました・・・・
 まだ74歳だったとのこと、とても寂しいですが、やすらかに・・・・

 大好きなシンガー・ライターでした。
 (僕がまだ若い頃、来日もしてくれましたね)

 今は順番にアルバムを聞いています。
 ”Old No,1"は、当時文字通り擦り切れるほど聴いたアルバムのひとつでした。

 彼を最初に知ったのは "Desperados Waitin' for The Train" だったのかなあ・・
 当時は南部の音楽が(一部でしたが)結構注目されていて、結構ワクワクして聞いていたのを思いだします。

 曲ごとに思い出していたらきりがないのですが、
 エミルーのコーラスもよかったですね・・・

 もうひとつは

 ”A Nickel for the Fiddler"

  リタ・クーリッジのアルバムで知った曲ですが、アイルランドにはじめていった時、あの Saint  Stevens Green でこの曲がまさに頭に浮かんできたのを思いだします。

  ロザンヌ・キャッシュのFBからこれを・・・・

 R I P







mackkmackk55 at 23:59│コメント(2)トラックバック(0)