2017年08月29日

   あとは小松空港へ戻るだけ、だけど・・・ 2017年 7月23日(雨)

P7230092  
翌朝も当然のごとく部屋と湯舟の往復をするが、滞在した部屋からも露天が見える...オッサンの雄姿?はかなりの望遠で撮ったものらしいが、この時じつは”腰巻着用”を忘れていた。意図的ではないが、やはり「スッポンポン」は開放感がある。
   iwama (39)iwama (38)iwama (40)iwama (41)


  山の宿らしい朝食。有名な堅豆腐は塩味、山葵で頂くがやはり旨い! そしてこの太い胡瓜も名物らしい。

iwama (44)   この先の白山登山口は通行止めだそう・・・iwama (45)
iwama (46)iwama (47)





iwama (48) 昨日は豪iwama (49)雨で写真どころではなかったが、こんな道だ。
iwama (50)iwama (51)


  この日は山から下りると逆に激しい雨になってきた。

iwama (52)  だから、というわけではないが訪れたのはここ。
iwama (53)  この地でかつて繰り広げられた一揆の歴史が展示されている。最初にヴィデオでお勉強、のあと館内を見学(写真は禁止だったのでここでの画は無しですが)。
  蓮如の弟子たちも割拠して、なんとなく純粋な信仰心による一揆という先入観があったが、どっこいかなりどろどろした政治的なものだった(古今東西そうですな)・・と学習。展示もさることながら、最後に斬首され川が血で染まった様子などは迫力があった。


iwama (55)    こちらは併設された農村文化伝承館。各地にあるものと同様の農村の展示だが、つい見入ってしまう・・・・
iwama (54)iwama (56)





  昼飯は前回熊鍋を頂いた「松の家」さんで。さすがに熊鍋は季節的になかったので「とろろ.定食」と「山菜天ぷら定食」。どちらにもついていたイワナの酢の物?がさっぱりと美味しかった。
iwama (57)iwama (58)iwama (59)




  降りしきる雨がますます強くなる中、この辺には何度も来ていたのにまだ寄ったことがなかったここへ来た。小松市立「ポッポ汽車展示館」というところ。かつての尾小屋鉄道の終点駅跡に懐かしさを誘う車両、5号蒸気機関車・気動車(キハ3)・客車(ハフ1)の3両が並んでいる。
iwama (67)iwama (62)iwama (63)iwama (77)




  尾小屋鉄道は大正9年から昭和52年まで57年間、鉱業鉄道をメインとしながらも周辺住民の足としてiwama (60)小松と鉱山のある尾小屋の間16.8kmを結んでいた。iwama (64)iwama (65)
  そういえばここへ来る道のわきにも鉄道遺構らしい感じiwama (73)の(駅や盛り土の跡?)場所がいくつかあった。

iwama (61) 軌間762㎜の軽便鉄道だけあってレールはこんな幅。
iwama (66)iwama (74) そのレiwama (72)iwama (75)ールを上のような客車が往復していた様を想像するだけで楽しい。
   ・・・とのんびり見学していると高級カメラを抱えた青年がやって来た。 
   鉄好きの若者マニアも最近増えているなあと思っていたのだが・・・・
 「すみません・・」と話しかけられ(こちらも地元じゃないから聞かれても分からないよ)と思ったが実は彼はこの上の鉱山跡撮影のために来た新聞社のカメラマンだった。
 「ちょっとでいいですから、写真のモデルになってくれませんか・・・?」
要するに、坑道を撮影しようと思ったが、この豪雨で誰も訪問者がいないらしい。

 どうiwama (71)せその坑道には行く予定だったし・・・iwama (69)
 iwama (68)と、いうわけでそiwama (70)のカメラマン氏と同道。鉱山は江戸時代には金山として採掘されていたらしいが、近代的な採掘は明治時代から始まった。
iwama (82)iwama (79)iwama (78)
  
坑道は整備されていて、歩きやすい。





iwama (80)iwama (81)iwama (84)iwama (83)
 ちょっと演出過剰?な場所もあるが、それはそれ・・・よくある造り。
 
 しっかりとした柱が印象的だった。
  


  じっくり(とはいかなかったが・・・)マインロード探訪後、資料館見学(普通は逆だが仕方ない)。iwama (91)
  iwama (93)
  iwama (92)iwama (90)




 このあと、なじみだった旅館がどうなっているか気になり訪問した。そこは以前と同じ外観で何か営業しているよう・・・それはちょっとこじゃれたカフェになっていた。 そこで以前の主のことを聞くと
 「ご夫婦ともお元気ですよ」
とのこと・・・でちょっと安心したオッサン、

  最後の一浴は「木場温泉」で。
iwama (85)iwama (89)iwama (87)  ここは小松市の銭湯扱い・・・旅の最後にさっぱりめのアルカリ単純泉、掛け流しではないけどいい湯が溢れていた....(番台のお姉さんはずっと東京にいたそう・・・なぜか懐かしがってくれました)


 iwama (94)
hokkoku   
   小松から帰郷した数週間後。

   『北国新聞』が届いた。





mackkmackk55 at 23:40│コメント(2)

2017年08月15日

   岩間温泉・山崎旅館へ・・・ 2017年 7月22日(曇りのち雨)

  iwama (9)3年前の入院以来、山行の頻度がだいぶ落ちたのは事実だが、今年はまだ一度も山に行っていない・・・ここ20年以上こんなことはなかった・・・。 4月に手の小指の腱を断裂、骨と違って時間がかかるとは聞いていた。山については医者からも「滑落しますよ」と脅されていた。それでも近隣の低山なら、と2度ほど計画したがそんな日に限って雨。 この程度でもいく人は行ってる・・・・それよりも精神的な部分、気分が萎えてしまったことのほうが大きいと思う。

   愚痴はともかく今回は温泉、というかメインは九谷焼の店に行くことだった。 実は北陸には一昨年の新幹線開業当日、そして今年の1月にも来てはいたのだが小松に来るのは久しぶり・・・毎年の恒例行事のようになっていた熊鍋の宿がなくなってから足が遠のいていた。

 
iwama (2)iwama (3)    今回は何度も傍を通ってはいたのに寄っていなかった「安宅の関」を訪問。なんせこれまでは冬ばっかりだったので二の足を踏んでいたのだ。
     言わずと知れた「勧進帳」の舞台だが、安宅住吉神社が立派だった。
iwama (5)iwama (4)iwama (6)




iwama (10)
iwama (8)iwama (7)  係りの方に、弁慶・義経・富樫氏の有名なお話やそれにあやかった?難関突破の神社という説明をお聞きし、1200年の歴史を刻む社を礼拝。
  (あまりの暑さに隣の”ビューテラス”でかき氷をいただいた。 そこにあったのが「弁慶」の菰樽)

  そこからは能見の久谷陶芸村へ向かう・・・途中、こんな駅に立ち寄り…
iwama (12)IMG_0434IMG_0429
  小松の隣、明峰駅。特段の理由があったわけではない、足の向くまま・・・。その近くにもあった立派な神社。
  (あとで地図見たらこの辺神社がやたら多い・・・何故??)


iwama (11)P7220019
P7220018 久しぶりに訪れた店。今回初めて作家のご主人とお会いした。なぜかいつも奥様だけだったのだが、ほぼ同年代のご夫妻と歓談し、いくつか頂いて今回の旅の主目的完了。





iwama (13)IMG_0442IMG_0443  あとはのんびりと宿に向かうだけ・・・
  だが、寄り道したのがここ、「吉野工芸の里」という施設。郷土の作家を中心とした作品の数々が展示されている。ここでじっくり見学しているうちについ気に入って陶器の香立てを購入してしまった。

 

iwama (15)iwama (16)
iwama (14) 周りも散策(暑かったけどね)、上の写真の巨木は「御仏供杉」と言って樹齢680年の国指定天然記念物。
  


  そこから宿まではあと少し、だが・・・以前行ったことがある中宮温泉まではまあ普通の道だったがそこからが難路。ほとんど車一台幅のつづらおれ道をぐいぐい登っていく。おまけにひどい土砂降りになってきた。約20分間、対向車が来なかったのが幸いだったが、ちょうど旅館に着いたときに日帰り入浴の方が帰るところだった。iwama (43)
iwama (17)  今宵の塒「山崎旅館」は山奥の素朴な宿。お湯の良さは有名らしく次から次へと入浴客がやってくる。
iwama (18)




   早速風呂へ向かう。
 2畳半ほどの内湯には新鮮な湯が掛け流されているが、まずは露天へ・・・iwama (20)iwama (19)
 混浴だが、湯浴み着(というか、露天用腰巻)が用意されていて、男女ともそれを着用して入浴する。
 源泉は自然湧出の「塩化ナトリウム泉」湧出温度は97度だそうだが湯船は41-43度くらいのちょうどよい湯加減だ。
  癖のない柔iwama (26)らかな湯で、無色透明、無味無臭(ほんの少iwama (24)~しの塩っ気)。iwama (21)
iwama (22)  高い木組み天井の内湯も素晴らしい。
  

  iwama (23)極上の湯を楽しんで部屋に戻る途中、夕餉の支度か、ロビーの囲炉裏には岩魚が・・・・
iwama (27)iwama (42) そして2階には、以前使っていたという館内放送用?の交換機・・・と卓球台。(温泉卓球、久しぶりでした)


iwama (32)
 待望の夕食は別室で・・・
←いつものヤツはもちろん欠かせない。


iwama (28)iwama (29)iwama (30)iwama (31)iwama (34)



 山の宿らしいものを選んでそのほんの一部。どれも美味しいが一番右、別注しておいた熊の炙りにとろけたオッサンであった。



mackkmackk55 at 22:04│コメント(2)

2017年02月05日

  嵐の後はいい天気、じゃ  2016年 5月 4日 (曇りのち晴れ)20160504 (2)

20160504 (9)20160504 (33)
<==その7へ戻る
 

 
またしてもずっと間が空いてしまい、3ヶ月ぶりの九州編だが、懲りずに続けることにする。(その間の諸々はもう日の目を見ないか!?) 

    宿の部屋からの朝陽は神々しく、朝食も素晴らしかった・・・と、まずは報告。
 
20160504 (42)20160504 (43)20160504 (50)20160504 (64)
 帰りは遊覧船の乗り場まで送ってもらった。
 


  

     で、その遊覧船の名前は「イカ丸」。呼子の港から外海(玄界灘だね)に出て七ツ釜という海蝕洞まで行ってくれる。

20160504 (66)20160504 (74)20160504 (78)20160504 (81)




  玄武岩の柱状節理が海に突き出している名所(天然記念物)だ。
20160504 (96)  こんなふうに波に削られた孔が七つあるのがその名の由来らしい。
20160504 (89)20160504 (97)20160504 (99)





20160504 (109) 太陽の光で青や緑の海とちょっとおどろおどろしい岩の対比が美しい。七ツ釜では船首に出てみることもできる。洞窟を通過してくれるので結構迫力がある。船頭さんもなかなかひょうきん?で楽しい船旅だった。
20160504 (114)20160504 (105)20160504 (127)




20160504 (149)
20160504 (146)  港に戻って朝市を散歩・・・・していたら、興味深い建物に遭遇した。「鯨組主中尾家屋20160504 (151)敷」といって、捕鯨文化のいろいろが展示されている。 鯨好き且つ先祖が生月のオッサンにとっては見逃せない20160504 (152)場所ですな。
 20160504 (156)20160504 (158)20160504 (178)






20160504 (182)
20160504 (183)20160504 (192) 鯨文化を学んだ後は再び朝市へ・・聞いたら生月のものというアゴを購入。
 ちょいと小腹がすいたので名物「イカバーガー」とコロッケなどをつまみながらバス停へ

20160504 (196)20160504 (202)20160504 (204)
 昨日とは大違い、唐津の町は晴天。商店街をぶらぶらし、唐津焼も購入。




   唐津駅からは再び松浦線に乗って南下、大雨ではない車窓は昨日とはちょっと違うかも。
20160504 (244)20160504 (230)20160504 (234)20160504 (240)




20160504 (249)20160504 (270)20160504 (272)20160504 (276)



  
小麦畑がまさしく「麦色」、美しい。
20160504 (279)20160504 (280)
20160504 (281)20160504 (294)



 
 佐賀駅まで行って、特急で折り返す。 いつも感じることだけど佐賀平野は水の都だね。
20160504 (300)20160504 (304)
20160504 (312)20160504 (324)



 
 佐賀から先の長崎本線は有明海沿いを走ることになるが、このあたりではまだ海はみえない…
  あっという間に下車駅、肥前鹿島に到着。駅では対向の885系「かもめ」と交換、ホントはこちらに乗りたかった。
20160504 (335)20160504 (336)20160504 (358)20160504 (360)



20160504 (368) 
この
駅からはバスで今宵の塒を目指す。そのバスの運転手さんが気さくな方で、他の乗客がいなくなって我々だけになったらやたら饒舌になった。
20160504 (376)20160504 (373)20160504 (377)



 この山はこの地方の「富士山」ということで地元の人は正月登山をするという。確かに富士山に似た美しい山容だ。   また、こちらではちょっと前に太川‐蛭子コンビのロケがあったようで、やはり県境越えの難しさについての話になり、この運20160504 (383)ちゃん「俺が当たってれば、スムーズにいけたのに~」と、悔しがっていました。その番組の放送日もお聞きしたのですがその日には放映されず・・・おそらく地震のことも鑑みてのことだったのでしょう・・・その一ヵ月後くらいにオンエアされたのですが、見逃してしまいまだ見ていません。(再放送、待ってます)
20160504 (388)
  そんな話をしつつ着いたのはここ、嬉野温泉・・・・・だが。
20160504 (398)

      
またしても続く=>





mackkmackk55 at 10:20│コメント(4)トラックバック(0)

2016年10月22日

      豪雨の中を唐津まで・・・・・・    2016年 5月 3日 (雨)
haiki_yobuko (18)   <==その5へ戻る
   福江島のSSで聞いたとおり、この日は夜半から雨となった。 
 それhaiki_yobuko (5)haiki_yobuko (3)次第に強まってくる。
 それでも朝には大浴場へ向かう。こちらの湯も新鮮、ちょっと暗いがこんな感じだ。

  タクシーを呼んでもらい、早岐駅へ向かう。
haiki_yobuko (21)haiki_yobuko (26)haiki_yobuko (27)haiki_yobuko (28) 



  要衝駅らしい線路の数々を下に見て佐世保線を東へ走る。
 2駅先が有田。ここで旧松浦線の松浦鉄道に乗り換え。
 
haiki_yobuko (38)haiki_yobuko (37)haiki_yobuko (36)有田焼の里に似合った駅看板(柿右衛門?)とMRの文字が光る松浦鉄道の車両・・・・


  ここからはさらに雨脚が強まってきた。
haiki_yobuko (41)haiki_yobuko (44)haiki_yobuko (47)haiki_yobuko (48)



  ・・・・なので、こんな雨の車窓も面白いかもと。
haiki_yobuko (54)haiki_yobuko (53)haiki_yobuko (52)haiki_yobuko (49)



 あっという間に伊万里に到着。終端駅となっているので列車はここまでと佐世保までの2運用となっている。
haiki_yobuko (57)haiki_yobuko (62)haiki_yobuko (63)haiki_yobuko (65) ここも焼き物の町、ホームの床?にも陶器のかけらが・・・・


   ここでJRの筑肥線に乗り換えるのだがこの乗換えが厄介だった。両方の駅の間に県道が通っていて分断されている。乗り換え客は一旦二階に上がってビル内の歩道橋のような通路を渡っていかねばならぬ・・・・・・・
haiki_yobuko (72)haiki_yobuko (68)haiki_yobuko (67)haiki_yobuko (73)



  で、こちらがJRの伊万里駅(でもどちらの駅標にもJRとMRの次駅が記されている) そのJRの改札には誰もいなかったのでホームに向かうと・・・
 「お客さんhaiki_yobuko (74)!」
と、強い口調で呼haiki_yobuko (112)び止められた。
 (切符は通しで買ってあります・・・と言おうと思ったが、全く違う注意喚起)
 「唐津~福岡間は、今不通です。」
 「あー、唐津までですので・・・」
 暴風雨で博多ー唐津間は運行してないそう。 との、この先も危ぶまれる報せ。
haiki_yobuko (75)haiki_yobuko (81) でも、とにかく先へと進む。
 雨の中なので見苦しいとは思うがとりあえず辿っていく。


haiki_yobuko (86)haiki_yobuko (85)haiki_yobuko (84)haiki_yobuko (83)




haiki_yobuko (88)  春の筑紫路、緑が素晴らしい。

haiki_yobuko (89)haiki_yobuko (90)haiki_yobuko (91)



     「僕達急行」のA列車も(ちょっと違う?)本来はこの旅で乗る予定だったのだけど・・・
haiki_yobuko (97)haiki_yobuko (94)haiki_yobuko (93)haiki_yobuko (92)




haiki_yobuko (99)haiki_yobuko (101)haiki_yobuko (102)haiki_yobuko (103)



        こんな情緒ある駅を通り、唐津線と合流の後は松浦川沿いに北上する。haiki_yobuko (111)haiki_yobuko (109)haiki_yobuko (105)haiki_yobuko (104)





haiki_yobuko (114)haiki_yobuko (115)
    そして、唐津到着。
  
     その7へ===>




mackkmackk55 at 16:10│コメント(4)トラックバック(0)

2016年02月27日

    北国を疾走した後はモール泉で・・ふっ・・・・ 2016年1月23日160123 (12)
160123 (2)160123 (4)
  南千歳での乗り換えは、まぁ普通・・・というかちょうどいいタイミングだった。(カシオペアが遅れていたこともあり、添乗員さんは後続列車の自由席の確認をしていたそうでしたが・・・)

  ここから160123 (21)160123 (23)は石勝線で日高の山を越えていく。「スーパーとかち」は261系で、振り子式ではないが山間部のカーブも難なく通過していく。
  160123 (16)まもなくハスカップゼリーが配られ、ちょっとお腹を活性化・・・
160123 (29)  のあとに、こんなお弁当。
bentou  ”とかちスイーツライン”という名をもじった・・という、可愛らしい弁当だが見た目と違って?中身はボリュームある北の幸だった。


160123 (30)  とにかく窓外は雪景色が続く…東京に住むオッサンには額の中の絵画のようにも思えるが、む160123 (33)ろんこの地160123 (36)の方160123 (42)々にとっては全く普通の光景なのだろう。


160123 (46)  (トマムでは中国や韓国の観光客が多かったのが印象的だった)

    ずっと昔には何時間もかかったという狩勝峠もあっという間にトンネルで抜けてしまう。

160123 (51)160123 (57)
160123 (55)
160123 (53)




  三大車窓もあまりその実感はなく通過…(雪のせいと座った席のこともあるのだろうけど)昨年の肥薩線といいオッサン、そいつのツキはないのかも・・・・・・

160123 (59)160123 (60)160123 (66)
  それでも見晴るかす日高の山々は素晴らしい・・・・



  なんて、暢気に車窓を楽しんでいるともう帯広に到着・・・
   (地図で見るよりずっと近いのだ)

  ここでは宿の送迎の時間の関係でちょいとお散歩・・・
有名な「六花亭」で、ご一緒の皆さんはお土産などを買っていました160123 (71)・・・。(万が一のため、一本後の列車でも大丈夫なようにバッファを設けた?・・考えすぎか!)
  僕160123 (78)たち160123 (77)はそこいら辺をフラフラ・・・目の前の百貨店のエレベ160123 (79)ータがSAPPOROではなく ”一番絞り” だったのが面白かったのと、彫像のエゾ鹿にご挨拶も。



160123 (83)160123 (84)
160123 (86)  駅前には雪に埋もれたレールが・・・・。
  (最初は昔の・・要するに高架駅になる前の・・・レールかなと思ったのだがそうではなく、駅の歴史の記念物として埋め込んだものだそうでした)




  さて、宿の送迎バスに乗り込み今宵の宿へ。
  帯広の駅で教えてもらったのが、今夜は特別に部屋をグレードアップ!
  =>なんと露天風呂つきの部屋になるそう。
    (それを聴いたとき、ツアー参加者に静かな歓声が・・・)
160123 (90)160123 (95)160123 (91)160123 (94)それがこの部屋(右がまだ蓋のしてある露天の湯口)。
 
   確かに広いし調度も高級だ。

  
160123 (96) 
 フリードリンクのラウンジもあり、まさしく「のんびり」と過ごす。
   (ワインを160123 (120)ゆっくり頂きました・・・・)

    外には丹頂さんの姿も・・・・・・・・



160123 (152)160123 (143)160123 (133)  なーんて、ゆっくりしているともう日の入り。
  部屋の湯船で寛いで、いざ夕食へ・・・


yuushoku  さすが北海道、といえる新鮮な食のオンパレードだ。
   (写真はちょっとだけですが)
160123 (161)160123 (162)160123 (164)160123 (167)




 そしてこの日は
 十勝川白鳥まつり「彩凜華」の幕開け日。
160123 (178) 宿からは送迎バスで会場へ向かう。
160123 (193)160123 (187)  十勝が丘公園の雪原に三角錐のLED光が鮮やかだ。
160123 (185)



160123 (212)160123 (200)160123 (198)160123 (195)160123 (213)





  かなりの割合で外国の方(ここでも多分中国や韓国の方たち)も多く、楽しんでいた。
      花時計もライトアップされていて美しい。
160123 (218)160123 (219)160123 (221)160123 (223)

 とはいえ、氷点下十数度という厳寒(こちらでは普通のことだろうが・・・)  手湯ですこーしだけあったまる(寛)。


160123 (227)160123 (230)   宿に戻り、再びラウンジで一服。

  そして大浴場へ向かう。


160123 (238)160123 (237)160123 (236)   ここの温泉は「北海道遺産のモール温泉」、要するに植物性の泥炭、亜炭温泉のこと。 わが国にはいくつかありますね・・・でも、世界的にはかなり珍しい温泉だそう。
 (ナトリウム塩化物泉・炭酸水素ナトリウム含有単純泉)

 とってもあったまるいい湯---無味無臭だが、結構成分は濃そう・・・
 (勿論、部屋の露天も源泉掛け流し)
160123 (252)  
 そんなこんなで2日ぶりの「揺れない」ベッド。
160123 (250)
 温泉にHOTして(部屋のCDでトニー・ベネット聞きながら)熟睡♪♪♪


                            =====>continued to #3


mackkmackk55 at 08:23│コメント(2)トラックバック(0)