2017年02月10日

 20160504 (446)   旅の最後はいつも、ちょっと切ない  
               
2016年 5月 5日 (晴れ) 

   
<==その8へ戻ってみる?
 
 
  最終日の塒は当初から予約していた、嬉野の宿。
 
 バ20160504 (490)20160504 (486)停から少し歩いた端にあるが外観はなかなかシックな感じ。20160505 (5)部屋からは前庭が美しい。
 




20160505 (14)     そこで惹かれたのがこの部屋風呂・・・・だったのだが。
 正直、かなりがっかりの湯(多分、ほとんど循環か?)。
 どうもこのところ部屋つき風呂に凝っていたので、そいつにつられたのが失敗か!(実はつい最近も同じ
轍を踏んでいるのだが・・)まあ、それでも普通の風呂はまあまあだったのでよしとするも・・・食事もイマイチだった。(よって画像省略じゃ)




20160505 (27)  さて、いよいよ旅も最終日。とりあえずバス停へ向かうが、まだ少し時間に余裕が・・・
20160505 (45) ぶらぶらしているとこんな所があった。
20160505 (38)
20160505 (31) 要するに足サウナなのだが、最初はやり方がわから20160505 (41)ず隣で「足サ」中の地元の方にお聞きして入足浴。で、こいつが抜群に気持ちよい。そのお隣の方に言わせると30分くらい浸かるといいらしい・・・とのことだったがそこまでの時間はなく残念ながら15分ほどでおしまい。

20160505 (35)
   (その間、カミサンはお隣の普通の!足湯に・・・)





20160505 (49)  そして恒例?「最後の一浴」は前回同様、武雄温泉で。
20160505 (51)
   そ20160505 (103)の際は工事中だった楼門も見事に復活、そして浸かる「湯」は・・・




 ここなら間違20160505 (96)いなしの貸切風呂。残念ながら「殿様風呂」は先客がいたので「家老風呂」で一浴び。20160505 (71)
20160505 (73)20160505 (68)




20160505 (65)20160505 (90)  
  旅の最後にさっぱりとしたアルカリ泉が
   うれしい(~o~)
  浴後に部屋でお茶もいい。

  



20160505 (108)20160505 (111) 
 のんびりした後は、歩いて武雄温泉の駅へ。ここは長崎新幹線の駅も出来るようだけど、すでに近代的な高架駅になっていた。


  最後の最後の鉄旅。肥前山口からは昨日と同じ道だけど…
20160505 (130)20160505 (133)20160505 (135)20160505 (136)




  そして、列車も昨日と同じ便で、佐賀駅到着。
20160505 (138)20160505 (139)20160505 (153) 
ここからは空港バスで・・・
20160505 (162)



 
 (勝手に名づけた)Japanese Bayou を車窓に、
オスプレイ騒ぎで大変だった?佐賀空港へ向かうオッサンたちであった。

20160505 (161)20160505 (164)20160505 (169)20160505 (170)




  

    と、いう事で長かった九州旅の記録・・・・やっと終了です(^^♪


mackkmackk55 at 22:39│コメント(4)トラックバック(0)

2017年02月04日

 結局登っ201610八 (147)たのは東天狗だけ  (2645m)
   
   2016年10月9日(雨のち曇り)-10日(晴れ)

   桜平 10:25-10:58 夏沢鉱泉 11:10-12:00 オーレン小屋 12:33-13:00 夏沢峠(やまびこ山荘)13:25-14:15 本沢温浅(宿泊)
  本
201610八 (4)沢温泉201610八 (6) 6:40 -8:20 分岐のコル8:30-8:50 東天狗岳(2人は西天狗往復)9:35- 中山峠 -11:05 黒百合ヒュッテ 12:00-唐沢鉱泉分岐 12:55 -14:05 奥蓼科登山口

 201610八 (8) 7月の骨折により、連休に行く予定だった朝日岳の小屋をキャンセルし、(理由を告げると、「来年きてね」といわれました。)2泊3日の観光旅行に変更。(それはそれなりに良かったのでそのうちアップ・・・するかも・・・と、その時に行った糸魚川の惨事が胸にしみます・・・)
   8月も直前に山行は中止(四国に行きましたが)・・・で9月の連休に久しぶりの同行を約束していたT君夫妻に連絡して10月連休に延期してもらっていた。 
  
201610八 (10)201610八 (13)201610八 (15)201610八 (18)






201610八 (21)201610八 (23)
201610八 (28)   この日の行程はオッサンが10数年前に辿ったコースを予定していた。


 桜平か
201610八 (32)らオーレン小屋までは八ヶ岳らしい樹間の道・・・だが途中、夏沢鉱泉で休憩中に表示が出ていた。
  「硫黄岳へは強風のため夏沢峠経由で」とのこと。

 当初予定していた(つまり前回の)赤岩の頭経由を中止、また時間も遅くなったのでこの際硫黄岳はパスして夏沢峠から直接本沢に行くことにする。、
201610八 (42)
    樹林帯ではそれほど感じられなかったが稜線に出るとかなりの風速だ。山彦荘には停滞の登山者201610八 (34)が溢れていた。
   山荘でお茶を頂き、今度は下り道を行く。201610八 (44)201610八 (54)
 落葉松とカエデが美しい。

  有名な露天風呂を下に見ながらずんずん下っていく。

201610八 (56)201610八 (55)  分岐を過ぎるとまもなく本沢温泉到着。
201610八 (62)201610八 (49)




   前に
来たときに聞いていたのだが女将さんはわが地元出身の方。今回もそんな話をしながらチェックイン。
  ちょっと寒かったのと込んでいたのもあってT君が「露天はいい」とのことだったので内湯で一浴。
ここの内風呂もいい湯で趣がある。
201610八 (78)201610八 (64)
201610八 (72)201610八 (71)201610八 (76)
201610八 (79)





 四方山話も尽きないが、翌朝に向けてこの日は早めの就寝。(部屋の前にあるストーブがあったかくてよかった!)

201610八 (87)201610八 (93)  翌日は白砂新201610八 (95)道の登り(これが前回結構きつかった覚えあり)。だが、オッサン以外の3人は難なく登っていく。
  写真撮影を
理由に出来るほどではないくらい、結構オッサンはゆっくりの歩み・・・骨折のせいもあるが、やはり肺機能が昔とは違うのかっ!!!


201610八 (97)201610八 (103)201610八 (113) 森林限界を超えると美しい景観が待っていた。
201610八 (118)
201610八 (128)



  なんせ山はよく言う「晴れてナンボ」
  こんな好天はめったにないだろう。昨日が強風だったので今朝早くから昇ってくる人も多いみたいだ。

201610八 (130)201610八 (132)
201610八 (136)201610八 (137)

201610八 (138)201610八 (144)201610八 (145)201610八 (146)201610八 (149)201610八 (150)201610八 (159)201610八 (161)









  最初に眼に飛び込んできたのはずっと向こうの御嶽山・・・・

 
  その後は北から南まで日本アルプスが一望できた。

  で、恒例「手抜きの羅列」。
201610八 (166)201610八 (167)201610八 (172)201610八 (173)201610八 (176)



      東天狗到着後、しばしの休憩。

  今年も201610八 (200)ここ201610八 (183)に来たが西には行けなかったT君に「あっちは昔行ったしオッサンはここで充分だから、行ってきたら・・」と201610八 (181)二人を送り出す。と、なんとも猛スピードで登っていく二人。参りました・・・
201610八 (203)201610八 (204)




201610八 (191)201610八 (223)201610八 (214)201610八 (224)




  ここからはずんずん下るだけ・・でもないけど・・・なんて思って途中のんびりしすぎたか。
201610八 (228)201610八 (231)201610八 (229)201610八 (230)




201610八 (232)  でも、山でのうたた寝も楽しいもんです。
201610八 (233)201610八 (241)201610八 (244)



201610八 (248)       眼下のしらびそ小屋?にも今度行ってみたいし。
201610八 (255)201610八 (247)201610八 (253)




201610八 (271)  イワイチョウに山の秋を感じ、
201610八 (272)
201610八 (258)





201610八 (277)  苔の緑に八ヶ岳の自然を堪能して・・・・201610八 (279)
201610八 (273)201610八 (275)





201610八 (302)  予定時間をだいぶオーバーして到着・・・
201610八 (299)
 (渋御殿湯で、鴉の行水並みの入浴)

 それでもまた、山に行きたくなるオッサン達であった。





mackkmackk55 at 14:15│コメント(2)トラックバック(0)

2016年10月22日

      豪雨の中を唐津まで・・・・・・    2016年 5月 3日 (雨)
haiki_yobuko (18)   <==その5へ戻る
   福江島のSSで聞いたとおり、この日は夜半から雨となった。 
 それhaiki_yobuko (5)haiki_yobuko (3)次第に強まってくる。
 それでも朝には大浴場へ向かう。こちらの湯も新鮮、ちょっと暗いがこんな感じだ。

  タクシーを呼んでもらい、早岐駅へ向かう。
haiki_yobuko (21)haiki_yobuko (26)haiki_yobuko (27)haiki_yobuko (28) 



  要衝駅らしい線路の数々を下に見て佐世保線を東へ走る。
 2駅先が有田。ここで旧松浦線の松浦鉄道に乗り換え。
 
haiki_yobuko (38)haiki_yobuko (37)haiki_yobuko (36)有田焼の里に似合った駅看板(柿右衛門?)とMRの文字が光る松浦鉄道の車両・・・・


  ここからはさらに雨脚が強まってきた。
haiki_yobuko (41)haiki_yobuko (44)haiki_yobuko (47)haiki_yobuko (48)



  ・・・・なので、こんな雨の車窓も面白いかもと。
haiki_yobuko (54)haiki_yobuko (53)haiki_yobuko (52)haiki_yobuko (49)



 あっという間に伊万里に到着。終端駅となっているので列車はここまでと佐世保までの2運用となっている。
haiki_yobuko (57)haiki_yobuko (62)haiki_yobuko (63)haiki_yobuko (65) ここも焼き物の町、ホームの床?にも陶器のかけらが・・・・


   ここでJRの筑肥線に乗り換えるのだがこの乗換えが厄介だった。両方の駅の間に県道が通っていて分断されている。乗り換え客は一旦二階に上がってビル内の歩道橋のような通路を渡っていかねばならぬ・・・・・・・
haiki_yobuko (72)haiki_yobuko (68)haiki_yobuko (67)haiki_yobuko (73)



  で、こちらがJRの伊万里駅(でもどちらの駅標にもJRとMRの次駅が記されている) そのJRの改札には誰もいなかったのでホームに向かうと・・・
 「お客さんhaiki_yobuko (74)!」
と、強い口調で呼haiki_yobuko (112)び止められた。
 (切符は通しで買ってあります・・・と言おうと思ったが、全く違う注意喚起)
 「唐津~福岡間は、今不通です。」
 「あー、唐津までですので・・・」
 暴風雨で博多ー唐津間は運行してないそう。 との、この先も危ぶまれる報せ。
haiki_yobuko (75)haiki_yobuko (81) でも、とにかく先へと進む。
 雨の中なので見苦しいとは思うがとりあえず辿っていく。


haiki_yobuko (86)haiki_yobuko (85)haiki_yobuko (84)haiki_yobuko (83)




haiki_yobuko (88)  春の筑紫路、緑が素晴らしい。

haiki_yobuko (89)haiki_yobuko (90)haiki_yobuko (91)



     「僕達急行」のA列車も(ちょっと違う?)本来はこの旅で乗る予定だったのだけど・・・
haiki_yobuko (97)haiki_yobuko (94)haiki_yobuko (93)haiki_yobuko (92)




haiki_yobuko (99)haiki_yobuko (101)haiki_yobuko (102)haiki_yobuko (103)



        こんな情緒ある駅を通り、唐津線と合流の後は松浦川沿いに北上する。haiki_yobuko (111)haiki_yobuko (109)haiki_yobuko (105)haiki_yobuko (104)





haiki_yobuko (114)haiki_yobuko (115)
    そして、唐津到着。
  
     その7へ===>




mackkmackk55 at 16:10│コメント(4)トラックバック(0)

2016年10月01日

  山の後には…またまた!清廣館に泊まる
                              2016年 7月 2-3日 雨
  二王子岳にのうじ (339)を後にして(雨の中)向かったのはやっぱりここだ。こじんまりとした温泉街の右奥、4回目にして何故か故郷に帰ったような懐かしさを覚えるのは、この佇まいのせいでもあるがやはりにのうじ (278)大・若にのうじ (377)両女将の人柄だろう。
  国登録有形文化財に登録されている、昭和3年竣工の建物は、内部も木のぬくもりに満ちている。



 にのうじ (381)

 

 ロビーと食堂はリニューアルされていてモダンな造り。


  まずにのうじ (281)はおなじみの風呂に向かう。にのうじ (301)
 自家源泉の単にのうじ (289)純放射にのうじ (282)能(ラジウム)泉が源泉そのままかけ流されている。その湯は湯舟の底から湧いていて、時々は泡となって浮かんでくる。
 そいつを写真に収めようと思うがなかなか難しい・・・・ 

にのうじ (307)  ヒノキとタイルにのうじ (303)の湯舟の二つの内湯は男女入れ替え制なので一泊すればにのうじ (335)両方楽しむことができる。 どちらも湯温を保つための蓋があり、入るときに外し出るときにまた蓋をする。
 


にのうじ (308)にのうじ (309)にのうじ (320)     食事も楽しみ。
  新潟の海の幸が新鮮なのは当たり前、何より大女将自ら採取する山菜がいつも嬉しい。


にのうじ (356)にのうじ (350)にのうじ (345)   ちょいと時機をはずしてしまったのたが、朝食で頂いたミズが絶品だった。(西瓜は魚沼でもらってきた初物だそう)


にのうじ (358)P7030049   今回は 初めてこちらの共同浴場にも行く。 熱め(といっても宿の湯との比較ですが、多分42℃くらいか)の湯がこんこんと掛け流されている。雨の中、番台のお姉さんの「足もと気をつけて…」の言葉がうれしかった。


   さて、宿を辞してから何処へ行く? 考えている間に、雨はますます強くなってきた。

にのうじ (386)にのうじ (387)にのうじ (388)  

  なのでこんな所へ・・・・


  新発田には2度ほどお邪魔したがここには行ったことがなかった。


   「蕗谷虹児記念館」
   雨が激しかったせいもあり、室内で見られるのもありがたかったので…
   そんなことを言いつつ入場したのだが、係りの方はとても親切に説明してくれた。

にのうじ (390)にのうじ (393)にのうじ (394) 数奇な運命と、時代に翻弄された生き様・・・

 ♪金襴緞子の帯締めながら花嫁御陵はなぜ泣くのだろう♪
 

   大正ロマンの香り漂う画や戦後の開放感溢れる筆致をゆっくり見させていただいた。

にのうじ (421)
にのうじ (403)にのうじ (414)
  恒例、最後の一浴はここ。
  月岡温泉のホテル大洋さんで・・・・
  その粘っこいお湯に満足。















      <おまけ>

  参議院選挙終盤でしたので・・・・
  「ちょっとぉ、何にのうじ (427)処行ったの?」
  山の名前を告げると秘書?の方に
  「あんた、地元じゃない。知ってる?」とか。
  「比例区には名前よ!政党名じゃだめよ!」
  オッサンが撮った写真も撮り直しを命じられました…
  (選挙の結果は残念・・・でしたが・・・・さすが、親父さん譲りの庶民的な対応でしたね)







にのうじ (437)にのうじ (431)   で、この日はまだ陽がある越後平野を疾走する新幹線の乗客となったオッサンたちでした・・・・・・・


mackkmackk55 at 09:18│コメント(2)トラックバック(0)

2016年09月19日

   意外に?良かったうずしお温泉    2016年 5月 2日  (晴れ)

20160502 (235)<== その4へ戻る
20160502 (238)     長崎港からはちょっとだけ路面電車に乗っていく。
 昨日20160502 (242)の堂崎天主堂でのヨハネもその聖人であるという、二十六聖人殉教の地へ行ってみようと思ったから。 
   ところでその二十六聖人だが、
1596年のスペイン船フェリペ号の土佐での座礁をきっかけにキリスト教禁教を強化した秀吉の政策が発端だった。 
  京都・20160502 (243)大阪で逮捕されたカトリック信者ら26人(判明している年齢では12~64歳、ヨハネ五島は19歳だった)が20160502 (246)1597年2月5日(慶長元年12月19日)
20160502 (244)
  この地長崎・西坂で磔の刑に処された。 そしてその後も長い迫害の歴史が続く。

20160502 (249)  現在は公園になっており、記念碑と記念館(時間がなくて入館できなかった)がある。
20160502 (247)20160502 (250)     複雑な思いを胸に長崎駅へ向かう。
20160502 (251)20160502 (252)









20160502 (255)20160502 (256)20160502 (265) さて、今回の計画変更で一番最後まで悩んだのがこの翌日の行動だった。それにより宿泊地も考慮しなくてはならないし、またその逆も言える。


20160502 (273)20160502 (272)20160502 (266)  そう言いつつも、名物「ハトシ」を手に佐世保行シーサイドライナーに乗り込む。列車はハウステンボス塗色のキハ200-14。ハウステンボスから先、佐世保までは非電化区間なのでディーゼル車だ。

20160502 (279)20160502 (282)20160502 (276)20160502 (274)
 この日は平日、なので通学の高校生たちが大勢乗ってくる。


20160502 (283)20160502 (288) 諫早からは大村線。その名の通り大村湾に沿って線路は続く。
  
     そういえば今回初めての列車旅。
  夕暮れの海を見ながらのんびりと過ごす。


20160502 (338)20160502 (309)20160502 (321)20160502 (324)




20160502 (358)20160502 (355)20160502 (353)20160502 (348)



      とは言っても乗ってる時間はわずか・・・あっという間にハウステンボスを通り、今宵の目的地に到着。

20160502 (360)20160502 (363)20160502 (364)20160502 (371)




20160502 (374)20160502 (375)20160502 (377)20160502 (379)



      着いたのは佐世保本線との接続駅、早岐(はいき)。
   当初、佐世保20160502 (393)市内に泊まろうかと思っていたのだがここによさそうな宿があったのだった。その名は「パラダイスガーデン佐世保」(ずっとキリスト教関係を巡っていたのでつい”パライソガーデン”と呼んでしまう)、まあ、例によって宿の吊言葉「うずしお温泉 源泉掛け流し」に惹かれたのだった。



20160502 (381)20160502 (385)20160502 (382)  早岐駅からタクシーで数分、新しく建て増しされた新館のオープン記念ということもこの宿を選んだ理由、川に面した部屋には気持ち20160502 (391)のいい風が吹き込む。




20160502 (394)
20160502 (400) そしてもう20160502 (404)ひとつ、その掛け流し温泉の貸切風呂があるのだ。
20160502 (401) いくつかある中でちょうど空いていたのがこの檜風呂。
 ナトリウム・炭酸水素塩泉の湯は肌にしっくりの(思いのほか)いい湯だった。



20160502 (410)20160502 (411)
  締めはミニ宴会? 
  言うまでもなく、旨い肴を満喫したオッサンであった。




その6へ続く


mackkmackk55 at 05:43│コメント(4)トラックバック(0)