2016年11月03日

      唐津から呼子へ・・・・・・    2016年 5月 3日 (雨)haiki_yobuko (116)
haiki_yobuko (113) <==その6へ戻る
 とにかく唐津にまではたどり着いたが、雨脚はますます激しくなるばかり。
 いろいろここでは見学したかったのだがせめて唐津城だけでもと、案内所で行き方を聞き、行ってみることにする。

 バスで向かうその道すがら、街中の素敵な佇まいを伺うことが出来たのだけれど雨はどんどんに強まってきた。

haiki_yobuko (118) haiki_yobuko (120) なんとか城の下のバス停には着いたものの、そこからもまた試練。大粒の雨と強風にあおられながらお城の入り口へ向かう、歩いてもいけるのだがさすがに今回は観光用のエレベータに乗車、城郭のすぐ下まで連れていってもらった。

haiki_yobuko (134)haiki_yobuko (136)haiki_yobuko (137)haiki_yobuko (138)




haiki_yobuko (122)haiki_yobuko (133)haiki_yobuko (139)   慶長7年から13年にかけて築城された城で松浦川の河口、北側の唐津湾に面した石垣が特徴だ。現在の模擬天守は昭和41年に復元されたもの。
   初代藩主寺沢広高は関が原の戦いなどの戦功により天草領四万石を合せ十二万三千石の大名となったが、その後に起こった島原の乱で寺沢家三代、藩主二代・堅高は天草領土を没収され、藩財政の悪化により自害し寺沢家は断絶した・・・・という。

haiki_yobuko (127)  ここhaiki_yobuko (131)でもキリスト教がかかわってくる。 豪雨の中で残念だったがそれでも天守からの見晴らしはなかなかのもの・・・(晴天だったら尚一層のものだったろう)
haiki_yobuko (132)haiki_yobuko (125)




haiki_yobuko (124)20160503 (245)  城の周りの植物も見事だが見学することはままならなず・・・
20160503 (254)
  とりあえず、呼子行のバスに乗車。



haiki_yobuko (174)haiki_yobuko (173)haiki_yobuko (172)  
   
玄界灘を右に見ながらのんびりと進んでいく。その間に雨は小降りになってくれた。



haiki_yobuko (176)20160503 (291)

haiki_yobuko (175) この日の塒は「国民宿舎呼子ロッジ」。バス停からは宿の車で送迎してもらう。
  


20160503 (270)  
宿に荷を置
haiki_yobuko (165)いて、まずは港にある温泉に向かった。「呼子台場みなとプラザ」というhaiki_yobuko (161)鮮魚市場に併設された施設だが、内湯は人工温泉、なんとhaiki_yobuko (169)もしまりのないお湯だ。

haiki_yobuko (162)

隣の露天風呂は半島の南東にある「高串温泉」から運んできた湯で,、内湯に入った後だとそれでも少~しは温泉らしい湯感があった。




      宿に戻っての夕食。


haiki_yobuko (193)20160503 (314)haiki_yobuko (187)haiki_yobuko (197)haiki_yobuko (198)
    




20160503 (310)
haiki_yobuko (192)  もちろん名物のイカは透明でかつぴくぴく動く、抜群の鮮度。
  ゲソは塩焼きにしてもらい(天ぷらも選べるが)、その味を最後まで楽しんだオッサン達であった。  
  
                                その8へ==>

mackkmackk55 at 08:33│コメント(4)トラックバック(0)

2016年07月10日

 長崎から船に乗って・・・・        2016年 5月 1日  (晴れ)

     出島からはすぐの長崎港で船を待つ。その間に軽い昼食。アゴだしのきいたうどんが旨い。20160501 (143)

20160501 (146) そして向かう先は福江島。以前から気にはなっていたところだったのだけ20160501 (161)ど、なかなか行く機会がなかった。

   福江にはジェットフォイルで向かう。軍艦島ツアーで覚えあるマリア像を横目に見ながら、時速80キロという高速で海面を舐めていく。
 ダイヤにもよるが我々の便は中通島を経由しての福江行き。

20160501 (187)   ほぼ時間通りに福江港に到着。翌日同じ便の長崎行に乗るので島には24時間の滞在予定(本当は福江以外にも1泊したかったのだが・・・・・)。
  まずは有名な堂崎天主堂へ向かう。20160501 (193)20160501 (198)20160501 (199) 途中の道、右手の海が美しい。




20160501 (201)
  1907年に建て替えられた赤れんが造り、ここは中が資料館になっていて入場できる(入館料300円)。 代々帳方(その年の祝日を決める役)に受け継がれてきた「お帳(暦)」やド・ロ聖教木版画など、禁教時20160501 (205)代のものから明治以降のものまで大変貴重な資料が展示されている。(撮影禁止だったので画はなし) また26聖人の一人聖ヨハネ五島の聖骨が安置されてい20160501 (207)るという。そういえば昨日長崎市内を歩いていた際、26聖人記念館?とかい20160501 (212)う標識があったことを思い出した。明日時間があったら寄ってみよう。



20160501 (216)  帰りに隣のお店でアイスキャンディを頂く。(ここでもらった「しまっぷ」というガイドマ20160501 (213)ップを見て、以後教会巡りをすることにした。)
  海の透明感がすごい。
  そんな海を眺めてしばらくまったり・・・・
  ・・・した後、来た道を戻って(距離的には先に進んだほうが近いのだが、狭い道なので行ってはダメ!とレンタカー営業所で言われていた)北西部の教会群へ向かう。
20160501 (230)
 楠原教20160501 (245)会への道で見つけたのが「楠原牢屋跡」。
 ここは説明が必要だろう。(こちらも何だろう?って感じだったから)
 以下、五島市観光協会のHPからの引用。

   20160501 (238)   
20160501 (240)  1868(明治元)年末久賀島からはじまった五島崩れはクリスマスの日に水ノ浦におよび、まもなく楠原のキリシタンも取り調べをうけて、仮牢となった帳方・狩浦喜代助宅に投獄された後、水ノ浦の牢に移された。・・中略・・・1995(平成7)年に解体され、翌年、牢屋跡横に、残された材木で牢屋が縮小復元された。敷地内には、1971(昭和46)年、「信仰の自由100周年記念祭」の時に立てられた「祈りの像」がある。
 




20160501 (249)20160501 (250)20160501 (251)
20160501 (252)  楠原教会はそこからすぐ。
  こちらも煉瓦が美しい建物だ。側面にあるステンドグラスの窓がアクセントとなっている。
20160501 (256)  (信者の方たちの建物なので、心付けを置いて中を見させてもらうがもちろん撮影は禁止です)

  教会の前が茶畑っていうのも九州らしい。


20160501 (266) 続いて訪れたのが水之浦教会。海沿いの高台にある白亜の建物だ。
  同じように教会巡りをしている方も多く、先ほどの楠原でお会いした方とまた遭遇。
20160501 (258) 禁教撤廃後、いち早く建てられた教会はもともとは木造だった。現在の建物は信者たちの貢献により1938年に完成されたそう。
20160501 (259)20160501 (264)  ここにも楠原と同じファチマの聖母がおられる。



   続いて向かったのはここ、三井楽教会。
   かなり奥深い場所で迷いに迷ったが何とか到着。
20160501 (274)20160501 (276)20160501 (278)20160501 (279)





  
  タイ20160501 (271)ルの装飾が美しい、ちょっとラテンな感覚の建物。
  資料によると昔はここから東シナ海を行き大陸へと渡る航路の出発点だったという。

 海岸沿いの道を下りながら今宵の塒へと向かう。20160501 (282)
20160501 (286)
20160501 (289)




20160501 (296)   何処までも透明な海が素晴らしい。 
20160501 (291)20160501 (300)20160501 (303)






  で、ここが今夜の宿。
  「コンカナ王国」という名の、ちょっと不思議なリゾート?
20160501 (305)20160501 (308)20160501 (309)20160501 (334)




  ワインセラーがある、我々がイメージする「五島」とはちょっと違った感じの場所だ。
  
  その、ワインをいただきながらの夕食。
  (HPでつられて、牛肉プラン・・・五島牛ではなかった・・・にしてしまったのは、「せっかくここに来て・・・」といわれそう、って自分でも思ってしまったが)

20160501 (338)20160501 (339)20160501 (340)20160501 (342)20160501 (343)




20160501 (344)20160501 (348)20160501 (349)20160501 (351)20160501 (352)







20160501 (353)20160501 (356)
  ここには温泉もあるのが魅力だった。。。
  (そちらはまた次に・・・・)

                  その4へつづく==>

mackkmackk55 at 08:28│コメント(5)

2016年04月22日

    オホーツクで60になる   2016年1月25日
   と160125 (38)いうことはこのツアーに参加する際に解っていた(本人だから当たり前か)。

   しかし、いざその日が来るとちょっと切ない気分になる・・・・・なんてことは全くなく相変わらずお気楽オヤジのままであった。

   なので、今朝も早よから温泉三昧・・・とは、現在下界?にいる本人でも「いい加減にしろってば・・」といいたくもなるがどちらも同じ個体・・・仕方ない。
160125 (1)160125 (4)160125 (29)
160125 (7)




160125 (33)
 昨夜と同じ160125 (45)ようにやってるがここに何か温泉の由来の絵を置いてっから、見てみてくれ。
160125 (39)




  
160125 (46)
  宿を出るとそこはまた銀世界、そして山を越える道が続く。
160125 (59)160125 (69) 
  バス車窓からの屈斜路湖はほんの一瞬。
    オホーツク海を目指す。
   


160125 (107) 最初の下車地は濤沸湖。ラムサール条約登録の湿地だそ160125 (157)う。
160125 (97) 160125 (122)




  湖は汽水湖で水鳥・湿地センタ160125 (171)ーという施設がある。  オオハクチョウで有名らしいが最近は環境に配慮して餌付けをやめたそうで、それ160125 (140)ほど多くの水鳥160125 (115)がいたわけではないけれど北国の冬を感じさせてくれる。対岸ではキタキツネが獲物を狙っていた。
 

  そしてビジターセンターと道を挟んだ小高い山の上の木にはオオワシとオジロワシがいた。
 雪のちらつく中なので画像はイマイチだが、こんな感じ。
160125 (83)160125 (84)160125 (181)






 さて、ここでまだ少し時間があるということで、予定にはなかった「北浜」の駅に寄ることに・・・。
  
160125 (182)160125 (184)160125 (185)160125 (186)  
160125 (187)




 


  オホーツク海を望む有名駅で還暦記念写真?を撮ってもらった。
160125 (190)160125 (194)160125 (198)160125 (201)





160125 (240)
160125 (233)  そしてもう一か所、最後の下車観光はここ。
  「流160125 (232)氷博物館」だった。
160125 (230)


     例の”タオルを振り回すとカチカチにな160125 (258)る”体験をはじめ、(多分個人で行ったらいかないと思われる)施設を観光。しかしここも中国人観光客でい160125 (272)っぱいだった。

160125 (274)
  そして昼食、市内の「寿し安」という店。


160125 (268)   
160125 (267)160125 (264)  見てのとおりのとろけるような海鮮丼を頂く。ウニ、イクラは全くダメなオッサンだが、こういうところでは口にする。これは「産地新鮮の法則」(と勝手に名づけているが)、要するに揚がったばかりのものは旨いとうこと。味噌汁はまたもや帆立、2年ものだそう・・・想像するに間引きされたホタテ君なのだろう。


160125 (289)160125 (290)160125 (293)160125 (298)




  帰りは女満別空港から空路で(飛行機が苦手なご夫妻と網走駅でお別れのあと)・・・
  737ウィングレット機上からは糠平湖や然別湖がはっきり見えた。

  あっという間にやって来た還暦だが、偶然にもこの北の地で迎えることになった。気持も新たに残りの人生を楽しんでいこう!と(まあ、結局たいして何も変わらないのだが)の思いで東京へ向かうオッサンであった。



mackkmackk55 at 22:45│コメント(4)トラックバック(0)

2016年03月26日

     厚岸の牡蛎と川湯の宿 2016年1月24日
160124 (15)   この日は早起き。 なぜかというと「ばんえい競馬」の調教見学がツアーに組み160124 (38)込まれているからだ。 「ばんば」ともいわれるが、馬体重1トン近くもある馬が同程度の重さのそ160124 (19)りを曳いて争う競馬。
 かつては道内に四場あったが、現在ではこの十勝(帯広)だけになってしまった。
 

160124 (57)  朝6時台の競馬場はまだ薄明り、その中で多くの馬が調教されて160124 (80)いる様はさすがに迫力がある。160124 (36)
160124 (69)160124 (76) 



 馬の目の前まで行けて汗が蒸気となって立ち昇るのまで見える。  早起きした甲斐がある見学だった。

160124 (95)
 ホテルに戻160124 (103)り、朝食後
 わずかな時間で最後の一浴び。
 (湯の華が朝のほうがすごかった)


  今日からは(朝の競馬場もそうだったが)、観光バスの旅。
160124 (118) 根室本線を右左にみながら小雪舞う国道を進む。
160124 (137) おなじみの釧路湿原展望台もこの日は視界悪し・・・・
160124 (166)160124 (150)




160124 (175)  そこからの帰路、バスのうしろから「☆◆〇◇★ーーー!!」・・添乗員さんの叫び声が・・タンチョウのカップルをみつけたらしい。運転手さんにバックしてくれと言っている。  バスガイドさん戸惑い気味ながらも誘導・・民家の玄関先の番いを車窓から何とかパチリ。

  
160124 (179)  そのあとも裏道を厚岸まで走る間。キタキツネ、エゾジカ、オオワシなどなど・・・数多くの北の大地の動物160124 (180)160124 (181)たちと対面することができた。(動く車窓からの撮影はさすがに無理でしたが・・・)




160124 (196)160124 (206)  そんな感じであっという間に厚岸到着。
160124 (214)160124 (204)




  ホタテにシャケ、ツブガイ、シシャモ、もちろんお決まりの牡蛎・・・・
160124 (187)160124 (189)160124 (191)160124 (194)160124 (195)



  当然どれも旨かったが、一番はやっぱり生の厚岸ガキ!ちょっと小粒だがミネラルたっぷり感、けれどさっぱり味・・・(なんちゅう表現じゃ!) 
160124 (215)  本当は160124 (224)もうちょっとゆっくりしたかったがそこはツアー・・・再びバスの乗客となり次の目的地を目指す。 標茶までのショートカット、道道14号線?は雪の高原を抜けていく。
  今度は運転手さんが何やら言いながら急停車。 そこには・・

 



160124 (232)160124 (231) 白い大160124 (233)地に、60羽以上のタンチョウが・・多分餌付けをしているのだろうが・・圧巻。しばらくは観鳥タイムとなった。


160124 (255)160124 (245)160124 (247)  運転手さんもガイドさんもこの場所は初めてだそうで、「帰ったら会社に報告します」なんて言っていた。


160124 (263)160124 (267)160124 (268)
  標茶手前で再び釧網本線を渡ると釧路川。




160124 (292)160124 (291)160124 (301)  この時期だけあって「霧」はそれほどでもなかったが摩周湖に立ち寄り・・・



  宿についたときには暗くなっていた。
160124 (313)160124 (303)160124 (306)160124 (305)




160124 (317)  部屋はごくごく普通、だがここにはオッサン二十数年前に泊まったことがある。たしか予約なしで来て何軒か電話した覚えがあるが、北の国らしい夕食が旨かったのととにかく温泉が抜群に良かった記憶がある。

  で、早速その湯へ行くと、そうそうこの二階建て構造の湯。その階下の湯舟が抜群だったのだ。酸性明礬緑礬泉の源泉が数本あってそれぞれ泉温が違う湯舟にこんこんと注がれている。温泉の掲示には「日本一の酸性泉」とうたわれていて、確かに口に含むとピリッとくる。(それでも飲泉口の湯は希釈してあるとのことでしたが) ただ、あの玉川温泉を知る身にはどうなんだろうか?との疑問も・・・(まあ、どうでもいいことですが)
160124 (322)160124 (326)160124 (334)160124 (333)




 
  湯気でモヤモヤの画で恐縮だが、濃さを感じつつもさっぱりした浴後感もあるいい湯。


160124 (343)  さて、楽しみの夕食はこんな・・・
160124 (346)160124 (348)
ツアーということで食事処で頂くが、味はさすがに北海道。



160124 (341)160124 (342) 160124 (344) 多分昔来たときと同じくらい出てきたら全く食べきれなかったと思うが、それでも全部は厳しくなってきた。 うーん、それにしてもこのめんめ(きんき)の鍋は絶品!
 
       例によって最後まで長ーい夕食のオッサン達であった。







mackkmackk55 at 00:29│コメント(2)トラックバック(0)

2015年06月14日

   鹿児島市内をちょこっと...   2015年 5月 3日 その2 (曇り時々雨)

    SL人吉に乗れなかったので、その分早く着いた鹿児島。何回か来てはいるのだがこれ20150503B (7)までは山メイ20150503B (3)ンだったので市内はいつも通過だった。20150503B (11)
  ただし今回も滞在は翌朝の出発までの半日間。効率重視で観光バスの旅とした。(たまにはいいもんです) 午前中降り続いた雨もおさまり、車窓観光にはいい塩梅。
  と、いう訳で鹿児島中央駅を出発。
20150503B (17)
   西郷さんを拝んで?城山に向かう。
  途中のこのト20150503B (19)20150503B (20)ンネル、右側に「敬天愛人」という額がある。
   このあとも西郷隆盛ゆかりの場所が続いていくのだが、まず最初の下車観光は城山公園。

  バスを降りて、遊歩道を歩いて登っていく。
  ♪流れる雲よ城山に 登れば見える君の家・・・♪20150503B (26)20150503B (23)
   口ずさんでいたオッサン(どころかGG扱いされた…それも事実なのでいいのだが・・・)、とにかく街が見渡せる場所があるのはいい。
 もちろん海の先には桜島が噴煙をたなびかせている。

 西郷さんが潜んでいた「洞窟」も車窓からの見学、そのあとバスは港へ向かう。
20150503B (30)20150503B (31)20150503B (33)   桜島へ向かう港の側にはちょっとユニークな外観の水族館、我々が乗るフェリーは(ガイドさん曰く)最新型の船かも・・・とのことだったが、そいつには振られた。

20150503B (34)20150503B (39)  それでもバスごと乗船(フェリーだから当たり前か!)
  その後は船室へ。このフェリーは24時間運航しているという、まさに桜島インフラの船だそう。 船に揺られている間に残念ながらまたしても雨が強くなってきた。

  20150503B (42)で、桜島上陸は激しい雨の中。
20150503B (43)   
  4合目にある湯の平展望所に着いたが全く「展望」はない。
   ビジ20150503B (46)ターセンターで桜島を足もとに満喫して、これでいいのだ?!



20150503B (48)  
  再び本土20150503B (52)?に戻り、国道を東に進んでいく。
  
20150503B (53)20150503B (54)





  20150503B (55)向かった先は「仙巌園」
  島津家20150503B (57)の別荘として名高い庭園だ。

  ここは是非行きたかったところ。桜島と錦江湾を借景にした見事な庭がすばらしい。
    この日は端午の節句の幟も…


20150503B (64)20150503B (60)
20150503B (67)
20150503B (62)



  20150503B (69) 観光バスのツアーなんで時間がなか20150503B (72)ったのが残念だが、それは仕方がない。(なんせ今回は鉄道の20150503B (71)旅がメインです20150503B (74)から・・・)
20150503B (73)



20150503B (77)   それでもほんの少しだが散策する時間があったのがうれしい(ガイドさんも気を使ってくれてた)。20150503B (78) ここへ来て雨があがってくれたのもラッキーだった。
20150503B (86)20150503B (87)

20150503B (103)
20150503B (82)




20150503B (91)
20150503B (94)20150503B (89)


 いつもの通り、画を並べまくるだけの手抜き・・・
  庭園の水使いはもちろん、やはり竹林と滝が素晴らしい。



20150503B (112)   これは反射炉跡、伊豆の韮山のものが有名だが当時は結構色々な場所に作られてたらしい。
  鉄は軍事的に重要でここにあった大砲にも(当然)欠かせなかった。
 
20150503B (119)たまにはこんなのもいいものか・・・
   という、観光バス特有の早周り。 帰りは少し渋滞にはまりちょっと遅めの到着。
20150503B (124) 
   この日20150503B (129)は駅前のビジネスホテルでの一泊。
   (有名な天文館でちょっと一杯したかったのだ)
   ==>で、路面電車でそちらへ向かう。
   全く土地勘はないのでホテルでもらったガイドで店探訪・・・
   し、かーし・・・さすが名にし負う繁華街。
  行く店、行く店「予約で一杯・・・」
  そ20150503B (142)れでも、めでたくこの店に遭遇。おそらく女将さんとその娘さんが中心になって仕切っている店・・・(かえってこれまで断られて良かったな、と思うほどのいい感じでした)
20150503B (132)20150503B (133)20150503B (134)20150503B (136)20150503B (137)


20150503B (139)20150503B (140)20150503B (145)  カサゴもキビナゴも超新鮮なのは当然ながら、味噌おでんに、薩摩黒牛・五六八焼きもまた絶品、最後の茶漬けに乗った鶉卵もいいアクセントだった。

20150503B (144)
    ほろ酔い気分で店を出て、酔い覚ましに夜風の中を散歩する。
20150503B (150)  そして当然のごとく!
  こんなところに・・・・





20150503B (147)  鹿児島市内は温泉の宝庫、銭湯に新鮮なお湯が溢れていて嬉しい。
20150503B (149)20150503B (148)
  表示通りの熱い湯がこんこんと注がれていた。
20150503B (154)



20150503B (158)

 
   この晩も極上の湯に浸かり、夜道をそぞろ歩いてホテルに戻るオッサン達であった。


  <=その3へ                                    ==>その5へ続く



mackkmackk55 at 12:35│コメント(4)トラックバック(0)