2018年04月22日

    さて、枕崎IMG_1413からはバスで北へ向かう。
バスはIMG_1433国道270号を北上するが、これはほぼかつての枕崎線に沿った道のようIMG_1434だ。
  
 



IMG_1440 しばらく行くと山に入り、ウィスキーの蒸留所に出会う。昨夜、宿で美味しく頂いた焼酎「桜島」の醸造元、本坊酒造の「マルス津貫蒸留所」だ。芋焼酎の会社が本土最南端でウィスキー造りをやっている。(実は前日、地元のテレビニュースでもう1つのウィスキー釜誕生のニュースをやっていたのでここかと思ったのだったがそれはまた別のところ、まあでも偶然に通りがかっただけでも何かの縁)
IMG_1445 
 すぐそばの小学校も懐かしい感じがする。



IMG_1446  バスは加世田の街で道を外れ、営業所へ向かう。そこがかつての「加世田駅」だったとPB250813ころ。バスセンター前にはこんなわくわくの展示。あっという間の「見学」だったけれど、まったく予備知識無しだったので楽しい。


IMG_1459
さきほど言及したもう1つのウィスキー蒸留所前も通過。
   (焼酎の「小鶴」は東京でも有名ですね)

   

IMG_1467IMG_1465  そこからバスは山をいくつか越えて、伊集院駅に到着。
  伊集院氏は島津家の流れを汲む家柄だそうで、駅前にあったのは戦国大名、島津義弘の騎馬像だ。
  
   IMG_1472
   さて、そこからこの日の目的地「湯之元」までは鹿児島本線で2駅とあっという間。駅前が再開発されたらしく区画整理された空き地が目立っているのが寂しい。(昭和レトロっぽい共同浴場を期待していたのだが)


 まあでも、今夜の宿に期待しつつ歩みを進める。
PB250820IMG_1477
   ごく普通の住宅街の中、こんな水車の脇を通り到着。
IMG_1479

    (多分、日帰りのご家族が入浴中でした)

IMG_1482
  で、我々が通された部屋はここ。IMG_1484
   ごくごくふつうの旅館部屋だった。
   この日の宿泊者は我々だけのよう…



  
PB250823  湯船は外に4つ、内湯が2つあるそPB250855う、ですが冬季は外の露天1つは使用不可とのこと。
PB250837 
PB250839






PB250831

PB250854PB250858 単純硫黄泉がすべての湯船で掛け流されている。



PB260867PB260866
PB260865



  ゆったりとその湯を楽しんだオッサン達だった。





mackkmackk55 at 06:25│コメント(4) | 

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2018年04月23日 19:42
こちらはやっと桜が満開となりました。本州最北端の地方にいますと南国の景色には、非常に興味をそそられます。
mackkさんが行かれる場所の景色や宿のたたずまいは、自分にとっては貴重なもので、今回も楽しませていただきました。ありがとうございます。m(_ _)m
2. Posted by mackk   2018年04月24日 05:10
いつも怠け者ブログにお付き合い頂きありがとうございます。
桜が満開…でも、通年より早いのでは?
と、勝手に思いましたがいかがでしょうか・・・

九州は自分のルーツでもあり、カミサンも好きになってくれたので今度のGW後半には天草に行く予定です。(アップできるのはいつのことやらですが(笑))
拙いブログですが、いつも先輩が見てくれると思うと励みになります。(その割には・・・・ですが)

そう、ランディ・スクラッグスの訃報が届きましたね・・・大好きなギタリストでした。まだ若かったのに残念です。

合掌



3. Posted by takaboh   2018年04月28日 16:54
4月なってから雪が降ったりとか、寒くなり、桜は少し早いか例年並みくらいでした。
ブログは自分のペースでやって下さい。続けておられることがすごいことだと思います。私などは続けていこうと思いながら、すぐに止まってしまいます。(^^;
九州は、風土の違いがこちらとはまるで違うところが魅力です。
ランディ・スクラッグスが亡くなったんですね!
残念です。
4. Posted by mackk   2018年04月29日 23:17
ありがとうございます。
いつもtakaboh先輩の言葉が励みになってます。

などと言いながら今は、またしても
素通りして函館近辺です…すみません





コメントする

名前
 
  絵文字