2017年08月29日

   あとは小松空港へ戻るだけ、だけど・・・ 2017年 7月23日(雨)

P7230092  
翌朝も当然のごとく部屋と湯舟の往復をするが、滞在した部屋からも露天が見える...オッサンの雄姿?はかなりの望遠で撮ったものらしいが、この時じつは”腰巻着用”を忘れていた。意図的ではないが、やはり「スッポンポン」は開放感がある。
   iwama (39)iwama (38)iwama (40)iwama (41)


  山の宿らしい朝食。有名な堅豆腐は塩味、山葵で頂くがやはり旨い! そしてこの太い胡瓜も名物らしい。

iwama (44)   この先の白山登山口は通行止めだそう・・・iwama (45)
iwama (46)iwama (47)





iwama (48) 昨日は豪iwama (49)雨で写真どころではなかったが、こんな道だ。
iwama (50)iwama (51)


  この日は山から下りると逆に激しい雨になってきた。

iwama (52)  だから、というわけではないが訪れたのはここ。
iwama (53)  この地でかつて繰り広げられた一揆の歴史が展示されている。最初にヴィデオでお勉強、のあと館内を見学(写真は禁止だったのでここでの画は無しですが)。
  蓮如の弟子たちも割拠して、なんとなく純粋な信仰心による一揆という先入観があったが、どっこいかなりどろどろした政治的なものだった(古今東西そうですな)・・と学習。展示もさることながら、最後に斬首され川が血で染まった様子などは迫力があった。


iwama (55)    こちらは併設された農村文化伝承館。各地にあるものと同様の農村の展示だが、つい見入ってしまう・・・・
iwama (54)iwama (56)





  昼飯は前回熊鍋を頂いた「松の家」さんで。さすがに熊鍋は季節的になかったので「とろろ.定食」と「山菜天ぷら定食」。どちらにもついていたイワナの酢の物?がさっぱりと美味しかった。
iwama (57)iwama (58)iwama (59)




  降りしきる雨がますます強くなる中、この辺には何度も来ていたのにまだ寄ったことがなかったここへ来た。小松市立「ポッポ汽車展示館」というところ。かつての尾小屋鉄道の終点駅跡に懐かしさを誘う車両、5号蒸気機関車・気動車(キハ3)・客車(ハフ1)の3両が並んでいる。
iwama (67)iwama (62)iwama (63)iwama (77)




  尾小屋鉄道は大正9年から昭和52年まで57年間、鉱業鉄道をメインとしながらも周辺住民の足としてiwama (60)小松と鉱山のある尾小屋の間16.8kmを結んでいた。iwama (64)iwama (65)
  そういえばここへ来る道のわきにも鉄道遺構らしい感じiwama (73)の(駅や盛り土の跡?)場所がいくつかあった。

iwama (61) 軌間762㎜の軽便鉄道だけあってレールはこんな幅。
iwama (66)iwama (74) そのレiwama (72)iwama (75)ールを上のような客車が往復していた様を想像するだけで楽しい。
   ・・・とのんびり見学していると高級カメラを抱えた青年がやって来た。 
   鉄好きの若者マニアも最近増えているなあと思っていたのだが・・・・
 「すみません・・」と話しかけられ(こちらも地元じゃないから聞かれても分からないよ)と思ったが実は彼はこの上の鉱山跡撮影のために来た新聞社のカメラマンだった。
 「ちょっとでいいですから、写真のモデルになってくれませんか・・・?」
要するに、坑道を撮影しようと思ったが、この豪雨で誰も訪問者がいないらしい。

 どうiwama (71)せその坑道には行く予定だったし・・・iwama (69)
 iwama (68)と、いうわけでそiwama (70)のカメラマン氏と同道。鉱山は江戸時代には金山として採掘されていたらしいが、近代的な採掘は明治時代から始まった。
iwama (82)iwama (79)iwama (78)
  
坑道は整備されていて、歩きやすい。





iwama (80)iwama (81)iwama (84)iwama (83)
 ちょっと演出過剰?な場所もあるが、それはそれ・・・よくある造り。
 
 しっかりとした柱が印象的だった。
  


  じっくり(とはいかなかったが・・・)マインロード探訪後、資料館見学(普通は逆だが仕方ない)。iwama (91)
  iwama (93)
  iwama (92)iwama (90)




 このあと、なじみだった旅館がどうなっているか気になり訪問した。そこは以前と同じ外観で何か営業しているよう・・・それはちょっとこじゃれたカフェになっていた。 そこで以前の主のことを聞くと
 「ご夫婦ともお元気ですよ」
とのこと・・・でちょっと安心したオッサン、

  最後の一浴は「木場温泉」で。
iwama (85)iwama (89)iwama (87)  ここは小松市の銭湯扱い・・・旅の最後にさっぱりめのアルカリ単純泉、掛け流しではないけどいい湯が溢れていた....(番台のお姉さんはずっと東京にいたそう・・・なぜか懐かしがってくれました)


 iwama (94)
hokkoku   
   小松から帰郷した数週間後。

   『北国新聞』が届いた。





mackkmackk55 at 23:40│コメント(2) | 

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2017年09月01日 18:06
一向一揆のことなど、あまりよく知らないので、いつか勉強したいと思いました。
鉱山は、やはり大変な仕事だったようですね。
SLや温泉は、ほっとします。
ありがとうございました。
2. Posted by mackk   2017年09月01日 20:26
いつもありがとうございます。
天候不順で大変だったのですが、その分のんびりしてしまいました。一向一揆や鉱山などは最近になって知りましたが、なかなか深いものがあります。

これからもよろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字