2017年06月25日

   銀山の町を散歩・・でもやはり・・最後はいい湯じゃ 2017年 3月19日(晴)

IMG_0257   大久保 間歩見学の後、
  バスで大森の「町並み地区」へ向かう。
 そして、IMG_0259とりあえずは腹ごしらえ。バスを降りてすぐの「御前そば」さんで、美味しい蕎麦を頂いた。 

その後は足の向くまま・・・・本当は精錬所の跡も見てみたかったのだが、ちと遠いのでガマン・・・・  その名も「銀山川」という川で一息、石造りのアーチ橋の向こうに菜の花が美しい。IMG_0262
IMG_0260 IMG_0265
IMG_0266 この町並みは江戸時代から続く場所で、現在も皆さんが生活している「本物の」町並みだ。
 
 IMG_0267IMG_0269IMG_0274IMG_0275



  何処に行くともなく散歩・・・・
IMG_0277  していたが、雛人形につられて?ここに入ってみた。
IMG_0282IMG_0284IMG_0276



 「旧河島家住宅」。銀山奉行の下で、代々銀山付役人を勤めた家だそう。
  武士の住まいらしい造りだが、納戸や勝手など生活感も多く感じられる。
IMG_0290
IMG_0291IMG_0292IMG_0293




  そIMG_0295の後もアテもなく散策。
IMG_0296IMG_0297IMG_0298




 ここは観世音寺、通りから階段を登った高台にあるのでまわりが見渡せる。やはり石州瓦が美しい。
IMG_0299IMG_0300IMG_0301IMG_0302






  大森の町は幕府領だったそうで、ここで銀山管理のための役人と町民が混在して住んでいたという。

IMG_0303
IMG_0304IMG_0305IMG_0306




  なんとなくIMG_0307懐かしい香りが漂う。
IMG_0308IMG_0309
IMG_0311IMG_0312




  

   

 さて、まだ日は高いが今宵の塒を目指そう。
 と、言いつつも途中(例によって)誘われる湯の表示・・・「湯抱温泉」。
IMG_0317IMG_0318  もちろん、行ってみたい。
  
  こんな素敵な宿だったが日帰りは予約のみとのことで残念!!

  ならば・・IMG_0319・と来春廃線になってしまうという三江線の駅に寄ってみた。
IMG_0320IMG_0321IMG_0323IMG_0325






  本当はちょっとでも乗ってみたかったのだが、それは無理。
  この駅の様子だけ味わっていくことにする。(僕らがいる間にも同好の志?っぽい若者がヴィデオカメラ片手に駅に来ました)

  そんでもって今夜はここ、三瓶温泉元湯で贅沢な湯に浸かる。
P3190069P3190062P3190053
   とにかく滝のように掛け流しの湯が
溢れる湯船。泉質はナトリウム・塩化物泉、鉄分含有のための飴茶色。

P3190051
  もう1つの隣の浴槽は「泥湯」。宿の方曰く「最近、泥がすくなくなってきたんで・・・・」とのことだったがそれでも充分な泥量・・・でしたよ。




mackkmackk55 at 13:27│コメント(2) | 

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2017年06月26日 16:58
何とも風情のある町並みですねぇ。
お店もお役人のお屋敷も当時としてはなんとなく渋い高級感を感じさせるものがあったように思いました。
お湯もまた何とも気持ちよさそうな色と量ですね!(^^)
2. Posted by mackk   2017年06月27日 18:34
いつもコメントありがとうございます。
大森町、思っていたより静かで落ち着いた町でした。ちょうどよい気候だったのも幸運だったです、
三瓶温泉もずっと行ってみたかったのですが、期待通りの迫力でした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字