2017年02月05日

  嵐の後はいい天気、じゃ  2016年 5月 4日 (曇りのち晴れ)20160504 (2)

20160504 (9)20160504 (33)
<==その7へ戻る
 

 
またしてもずっと間が空いてしまい、3ヶ月ぶりの九州編だが、懲りずに続けることにする。(その間の諸々はもう日の目を見ないか!?) 

    宿の部屋からの朝陽は神々しく、朝食も素晴らしかった・・・と、まずは報告。
 
20160504 (42)20160504 (43)20160504 (50)20160504 (64)
 帰りは遊覧船の乗り場まで送ってもらった。
 


  

     で、その遊覧船の名前は「イカ丸」。呼子の港から外海(玄界灘だね)に出て七ツ釜という海蝕洞まで行ってくれる。

20160504 (66)20160504 (74)20160504 (78)20160504 (81)




  玄武岩の柱状節理が海に突き出している名所(天然記念物)だ。
20160504 (96)  こんなふうに波に削られた孔が七つあるのがその名の由来らしい。
20160504 (89)20160504 (97)20160504 (99)





20160504 (109) 太陽の光で青や緑の海とちょっとおどろおどろしい岩の対比が美しい。七ツ釜では船首に出てみることもできる。洞窟を通過してくれるので結構迫力がある。船頭さんもなかなかひょうきん?で楽しい船旅だった。
20160504 (114)20160504 (105)20160504 (127)




20160504 (149)
20160504 (146)  港に戻って朝市を散歩・・・・していたら、興味深い建物に遭遇した。「鯨組主中尾家屋20160504 (151)敷」といって、捕鯨文化のいろいろが展示されている。 鯨好き且つ先祖が生月のオッサンにとっては見逃せない20160504 (152)場所ですな。
 20160504 (156)20160504 (158)20160504 (178)






20160504 (182)
20160504 (183)20160504 (192) 鯨文化を学んだ後は再び朝市へ・・聞いたら生月のものというアゴを購入。
 ちょいと小腹がすいたので名物「イカバーガー」とコロッケなどをつまみながらバス停へ

20160504 (196)20160504 (202)20160504 (204)
 昨日とは大違い、唐津の町は晴天。商店街をぶらぶらし、唐津焼も購入。




   唐津駅からは再び松浦線に乗って南下、大雨ではない車窓は昨日とはちょっと違うかも。
20160504 (244)20160504 (230)20160504 (234)20160504 (240)




20160504 (249)20160504 (270)20160504 (272)20160504 (276)



  
小麦畑がまさしく「麦色」、美しい。
20160504 (279)20160504 (280)
20160504 (281)20160504 (294)



 
 佐賀駅まで行って、特急で折り返す。 いつも感じることだけど佐賀平野は水の都だね。
20160504 (300)20160504 (304)
20160504 (312)20160504 (324)



 
 佐賀から先の長崎本線は有明海沿いを走ることになるが、このあたりではまだ海はみえない…
  あっという間に下車駅、肥前鹿島に到着。駅では対向の885系「かもめ」と交換、ホントはこちらに乗りたかった。
20160504 (335)20160504 (336)20160504 (358)20160504 (360)



20160504 (368) 
この
駅からはバスで今宵の塒を目指す。そのバスの運転手さんが気さくな方で、他の乗客がいなくなって我々だけになったらやたら饒舌になった。
20160504 (376)20160504 (373)20160504 (377)



 この山はこの地方の「富士山」ということで地元の人は正月登山をするという。確かに富士山に似た美しい山容だ。   また、こちらではちょっと前に太川‐蛭子コンビのロケがあったようで、やはり県境越えの難しさについての話になり、この運20160504 (383)ちゃん「俺が当たってれば、スムーズにいけたのに~」と、悔しがっていました。その番組の放送日もお聞きしたのですがその日には放映されず・・・おそらく地震のことも鑑みてのことだったのでしょう・・・その一ヵ月後くらいにオンエアされたのですが、見逃してしまいまだ見ていません。(再放送、待ってます)
20160504 (388)
  そんな話をしつつ着いたのはここ、嬉野温泉・・・・・だが。
20160504 (398)

      
またしても続く=>





mackkmackk55 at 10:20│コメント(4)トラックバック(0) | 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2017年02月08日 21:55
こちらは最高の海の景色ですね。柱状節理も眺めも海で見られるのは、珍しいのではないでしょうか。

街並の眺め、電車、本当になかなか見ることのできない九州のいろいろな風景を見せていただき、ありがとうございます。
2. Posted by mackk   2017年02月09日 17:12
こちらにもコメントありがとうございます。

年を経、また歳を重ねる毎に無精になっていっていますが、はじめたら最後までいきたいと思いこんなにかかってしまいました。

嵐のあとでしたが海はそれほど荒れてはいなかったのが幸いでした。

七ツ釜…不思議な眺めでした・・・・
3. Posted by エンジェル妻   2017年05月11日 02:36
ご無沙汰していました!
お久しぶりです。

懐かしい唐津&呼子の写真がたくさん見れて嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)。
呼子の朝市には行った事がないのですか、けっこう賑わってるみたいですね。
しかし、イカバーガーとは、、、美味しかったですか?

唐津の商店街は数年前まで屋根があるアーケード街で暗い感じでした。今は日差しが差し込んで明るくていい感じですね。

どんな唐津焼を買われたのですか?
4. Posted by mackk   2017年05月13日 10:02
エンジェル妻さん

コメントありがとうございます。

呼子の朝市はGW(もう一年以上経ってしまいましたが)ということもあってかなりの賑わいでした…
イカバーガーは(ご想像通りかと思われますが)イカメンチのハンバーガーでした。さっぱりしていて美味しかったです。

唐津の商店街、この日は前日と打って変わって強い日差しで明るい街並みでしたよ。

買った焼き物は(あっ、写真の店で買ったのですが)ちょっと現代風な模様の生成りっぽい楕円形のお皿と葡萄の葉っぱの柄の皿ですが、どちらも普段食卓で活躍しています・・・焼き物は詳しくないのでなんと表現していいかわかりませんのですみません・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字