2017年02月04日

 結局登っ201610八 (147)たのは東天狗だけ  (2645m)
   
   2016年10月9日(雨のち曇り)-10日(晴れ)

   桜平 10:25-10:58 夏沢鉱泉 11:10-12:00 オーレン小屋 12:33-13:00 夏沢峠(やまびこ山荘)13:25-14:15 本沢温浅(宿泊)
  本
201610八 (4)沢温泉201610八 (6) 6:40 -8:20 分岐のコル8:30-8:50 東天狗岳(2人は西天狗往復)9:35- 中山峠 -11:05 黒百合ヒュッテ 12:00-唐沢鉱泉分岐 12:55 -14:05 奥蓼科登山口

 201610八 (8) 7月の骨折により、連休に行く予定だった朝日岳の小屋をキャンセルし、(理由を告げると、「来年きてね」といわれました。)2泊3日の観光旅行に変更。(それはそれなりに良かったのでそのうちアップ・・・するかも・・・と、その時に行った糸魚川の惨事が胸にしみます・・・)
   8月も直前に山行は中止(四国に行きましたが)・・・で9月の連休に久しぶりの同行を約束していたT君夫妻に連絡して10月連休に延期してもらっていた。 
  
201610八 (10)201610八 (13)201610八 (15)201610八 (18)






201610八 (21)201610八 (23)
201610八 (28)   この日の行程はオッサンが10数年前に辿ったコースを予定していた。


 桜平か
201610八 (32)らオーレン小屋までは八ヶ岳らしい樹間の道・・・だが途中、夏沢鉱泉で休憩中に表示が出ていた。
  「硫黄岳へは強風のため夏沢峠経由で」とのこと。

 当初予定していた(つまり前回の)赤岩の頭経由を中止、また時間も遅くなったのでこの際硫黄岳はパスして夏沢峠から直接本沢に行くことにする。、
201610八 (42)
    樹林帯ではそれほど感じられなかったが稜線に出るとかなりの風速だ。山彦荘には停滞の登山者201610八 (34)が溢れていた。
   山荘でお茶を頂き、今度は下り道を行く。201610八 (44)201610八 (54)
 落葉松とカエデが美しい。

  有名な露天風呂を下に見ながらずんずん下っていく。

201610八 (56)201610八 (55)  分岐を過ぎるとまもなく本沢温泉到着。
201610八 (62)201610八 (49)




   前に
来たときに聞いていたのだが女将さんはわが地元出身の方。今回もそんな話をしながらチェックイン。
  ちょっと寒かったのと込んでいたのもあってT君が「露天はいい」とのことだったので内湯で一浴。
ここの内風呂もいい湯で趣がある。
201610八 (78)201610八 (64)
201610八 (72)201610八 (71)201610八 (76)
201610八 (79)





 四方山話も尽きないが、翌朝に向けてこの日は早めの就寝。(部屋の前にあるストーブがあったかくてよかった!)

201610八 (87)201610八 (93)  翌日は白砂新201610八 (95)道の登り(これが前回結構きつかった覚えあり)。だが、オッサン以外の3人は難なく登っていく。
  写真撮影を
理由に出来るほどではないくらい、結構オッサンはゆっくりの歩み・・・骨折のせいもあるが、やはり肺機能が昔とは違うのかっ!!!


201610八 (97)201610八 (103)201610八 (113) 森林限界を超えると美しい景観が待っていた。
201610八 (118)
201610八 (128)



  なんせ山はよく言う「晴れてナンボ」
  こんな好天はめったにないだろう。昨日が強風だったので今朝早くから昇ってくる人も多いみたいだ。

201610八 (130)201610八 (132)
201610八 (136)201610八 (137)

201610八 (138)201610八 (144)201610八 (145)201610八 (146)201610八 (149)201610八 (150)201610八 (159)201610八 (161)









  最初に眼に飛び込んできたのはずっと向こうの御嶽山・・・・

 
  その後は北から南まで日本アルプスが一望できた。

  で、恒例「手抜きの羅列」。
201610八 (166)201610八 (167)201610八 (172)201610八 (173)201610八 (176)



      東天狗到着後、しばしの休憩。

  今年も201610八 (200)ここ201610八 (183)に来たが西には行けなかったT君に「あっちは昔行ったしオッサンはここで充分だから、行ってきたら・・」と201610八 (181)二人を送り出す。と、なんとも猛スピードで登っていく二人。参りました・・・
201610八 (203)201610八 (204)




201610八 (191)201610八 (223)201610八 (214)201610八 (224)




  ここからはずんずん下るだけ・・でもないけど・・・なんて思って途中のんびりしすぎたか。
201610八 (228)201610八 (231)201610八 (229)201610八 (230)




201610八 (232)  でも、山でのうたた寝も楽しいもんです。
201610八 (233)201610八 (241)201610八 (244)



201610八 (248)       眼下のしらびそ小屋?にも今度行ってみたいし。
201610八 (255)201610八 (247)201610八 (253)




201610八 (271)  イワイチョウに山の秋を感じ、
201610八 (272)
201610八 (258)





201610八 (277)  苔の緑に八ヶ岳の自然を堪能して・・・・201610八 (279)
201610八 (273)201610八 (275)





201610八 (302)  予定時間をだいぶオーバーして到着・・・
201610八 (299)
 (渋御殿湯で、鴉の行水並みの入浴)

 それでもまた、山に行きたくなるオッサン達であった。





mackkmackk55 at 14:15│コメント(2)トラックバック(0) | 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2017年02月08日 21:52
八ヶ岳、素晴らしい山ですね! 山の景色、登山道、空と雲、お花、何をとっても素晴らしいの一言です。

日本アルプスの眺めも格別でした。ありがとうございます。
2. Posted by mackk   2017年02月09日 17:07
いつもありがとうございます。

どうもこのところ、満足に山に行けたためしがなくこの時も骨折明けでしたのでどうも調子が出ませんでした。

ただ、2日目の天気は最高でした…

山で天気に恵まれると下と比べて100倍くらいうれしいもんです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字