2014年02月02日

 何かとばたばたしている間に・・・わぁ!もう2月じゃ。 で、相変わらず超遅配のブログを始めます。
  
 
 (1日目
  あえなく涸沢で沈没・・・・     2013年 9月21日(晴れ)

 上高地 6:23-7:50 徳沢 8:05-8:55 横尾 9:20 -10:15 本谷橋 10:30-11:45 Sガレ付近 11:50-12:32 涸沢小屋

kamikouti
   9月2回目の三連休、前の連休が台風の影響で荒天だったせいもあり上高地は登山客でいっぱい。先が思いやられるが自分もその中の一人、素直に朝飯食って出発。


 hodaka (3) hodaka (4)横尾までのだらだら歩きは軽いアップにちょうどいhodaka (7)い。
そしてこの日は今年の山行の中では一番の天気。 梓川の向こうに聳える明神や前穂を見hodaka (10)ながらゆっくりと歩を進める。
 hodaka (5)



hodaka (12) 横尾でトイレ休憩、しかーし・・・その列は半端じゃなく長い・・・ (うーん、この先もそうか・・・)
hodaka (14)hodaka (17) 吊り橋を渡り、しばらくは樹林帯の中の比較的平坦な道。秋のhodaka (19)木漏れ日はやさしく気持ちいい。
hodaka (21)hodaka (24)hodaka (26) 
 時々姿を見せる山を見ながら歩いて本谷橋に到着。
     多くの登山者が休みを取っている。hodaka (25)
 hodaka (19)
  オッサンもここで一服。冷たい水で顔を洗い、身も心もすっきりとさせる。
 

hodaka (32) さて、ここからが本格的な登り。だが、いきなり渋滞だ。前回が人の少ない平日の飯豊だったので余計にその”落差”に辟易。hodaka (34)
 まあ人気の山だから仕方ない。前を行くのは中国人(というか多分台湾から)の団体で総勢20名以上、その前も混んでいるようで、抜くこともままならない。仕方なく流れに任せて登っていく。

 hodaka (38)やはり名高い山、彼ら以外にも外国からの方たちは多かった。
 hodaka (42)そのこと自体は素晴らしいことだと思う。いつも感じることだが、わが国の自然は山に限らず貴重な観光資源でもある。ツアー登山の良し悪しはともかく、多くの国の人たちにその素晴らしさを味わってもらうのはとてもいいことだ。

hodaka (46) 途中小休憩のあと、相変わらずの渋滞の中を登っていくと
hodaka (47) 涸沢小屋の標識。
 ところがこの辺りでオッサンの身体に異変が・・・
  どうにも足が動かない。暑くもないのに、だるい~、重い~。(どっかのCMみたいな)症状。hodaka (48)
 どうしたんだ、オッサン!
 と、自分に言ってみるが(無駄ですね)、なんともならない。hodaka (56)

hodaka (49) カールの下から涸沢小屋まではへとへと歩いていくはめになった。
 (今回は上高地直行の「さわやか信州号」、しかも130度リクライニングのグリーンカーで着いたので結構ぐっすり眠れたのだが・・・やはり、渋滞でペースが狂ってしまったのか・・・でも、考えてみればこの前の木曜日辺りにちょっと熱が出ていたのを思い出した。うーん、そのせいかも・・・・)

hodaka (61) とりあえず涸沢小屋に到着。まだ時間は昼過ぎ、3時間もあれば当初予定の奥穂の小屋までは行hodaka (55)けるのだが・・・・。小屋のテラスでは多くの人たちが休んでいる。

←しかし!こいつが目に入ってしまった。

 このところ軟弱ぶりをいかんなく?発揮しているオッサン。
 カミサンにhodaka (56)
 「今日、ここまででもいい?」
 と相談(懇願?)。
 めでたく?OKをもらい、この日はここで沈没となった。
hodaka (57)hodaka (58)hodaka (66)



 hodaka (59)後はのんびりとカールを眺めながら一杯。hodaka (64) ビールのアテの煮込みhodaka (62)も抜群だった。

hodaka (53)
 

 
      小屋もいい感じ、久しぶりの北アでのんびりとした時間を過ごす。

hodaka (67) 夕食時には小学生くらいの男の子が食堂の列の僕らの前に一人。
 お母さんと一緒に来ているみたいでしたが、この子とまた次の日に逢うことに・・・
 (食事もおいしくて、いい小屋でした)hodaka (71)

  夜の部屋からはテン場が・・・まるでどっかの○○○ドルの夜景のよう・・・
 (この写真はコンデジで撮ってしまったので...ひどいですが)
 当初の予定を全うできず、ちょっと悔しさもあったが、このイルミ?を見れたので満足・・・と自分を納得させるオッサンであった。


mackkmackk55 at 20:04│コメント(2)トラックバック(0) │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2014年02月05日 20:41
その名も高い穂高ですか!

やはり人気があるんですね!

写真を拝見するとそのとおり素晴らしい山ですし、天気も良かったようですね。

テントの夜景には、驚きました。


2. Posted by mackk   2014年02月05日 21:34
コメントありがとうございます。

ここは本当に人が多い(自分が行けるのが週末ですから、仕方ないのですが)ので、敬遠していたのですが・・・・

やはりそうでした

でも、それもむべなるかな・・いい、山でした。

続編は、近々(で、あればいいのですが・・・いろいろ・・・)

コメントする

名前
 
  絵文字