2013年11月24日

   (2日目  飯豊山 (2105m) のお花畑を歩く    
                                                                      2013年 8月6日(雨時々
曇り
 切合小屋 7:30-8:20 草履塚 8:25-8:40 姥権現 9:00 - 10:10 本山小屋 11:40-12:00 飯豊山頂 12:40-12:55 駒形山 13:05 -13:55  御西岳下 14:05 -14:15 御西小屋

iide2 (1)   ♪今日は朝から雨・・いやな天気やけど・・もう一杯、飲みたい気分~♪
  (って、これから山に登るのに飲んではいられませんが・・)

 
 今年は「山で起きたら雨!」が定番となってしまった。
 明け方はそれほどでもなかったが5時を過ぎると激しい雨脚となってきた。
 九州組は今日、大日まで往復するとのことで早々に出発、高校生達は先生が「もう少し様子を見てから出ます」 と仰っていた。

 ところでオッサン達、今回は通常2泊3日のコースを3泊でのんびり歩く予定を組んでいた。
 (夏休みを当てたこともあり、初めての飯豊だったのでいつもとは違い時間をたっぷりとっていたのだ)
iide2 (2) なのでこの日は予定していた大日を翌日に回し、御西小屋までのゆっくり行程とすることにした。
 小屋の管理人さんも 「それだったら、ゆっくり出ればいいね」 と言ってくれて、他の登山者が皆出て行ったあと、ちょっと小降りになったかなぁとの頃合で出発。iide2 (4)
iide2 (3) 
 とはいえ、まだ ♪雨は降る降る~(古っ!)♪ なので遠くの山並みはまったく見えない。ともかく目の前の草履塚までひと登り。
 
iide2 (5)
iide2 (6) ここからは残雪の間を歩く。
iide2 (8) でも近くにはお馴染みのイワカガミやチングルマが美しい。
iide2 (9) 雨で沢状になった道は歩きにくいし、途中から傾斜も急になってきて結構しんどい。

iide2 (10) 
iide2 (12) それでもコバイケイソウの「歓迎してくれている」かのような咲きっぷりがうれしい。

iide2 (13)  小一時間ほどで最初のピーク、草履塚へ到着。
  一息ついた後は鞍部までの下りになる。 
iide2 (14)iide2 (16)iide2 (15) 




 iide2 (17) 時々姿を現す稜線を眺めながらゆっくり下っていくと「姥権現」の標識。
iide2 (18) 女人禁制であった飯豊に禁を破って山中に入った「小松のマエ」という女性が、神の怒りに触れて石に変えられたという伝説の場所だと言われているらしい。
 行動食をつまみながら一服・・・していると頂上方向から降りてくる方と遭遇。御西小屋に泊まってきたそう。そのあとからもお二人、岩場を下っているのが見える。
 iide2 (19)そのご夫婦、ご主人が会津出身だそうで、そちらでは「長男は必ず飯豊に登らされる」けど・・・ご自iide2 (21)身は初めてだという。 
 今は関西にお住まいだそうで、やっぱりここに登らなきゃね・・と来たそうだ。それぞれの地方で山に関する風習はいろいろあるのだろう。そんな話を聴けるのもまた山のいいところだ。


iide2 (20) この先は「お秘所」といわれる、さきほどそのご夫妻が下ってきた岩場。
 雨で濡れてはいるが、すいすいと登っていく。iide2 (22)
iide2 (23)
iide2 (24)iide2 (25)  御前坂という場所からはほぼ一直線iide2 (26)の登り。
 
iide2 (29)

iide2 (27)
    二王子を過ぎると小屋はもうすぐ。
 iide2 (34)時折小降りになってくれる雨の中を登っていくと、小屋が目の前に。
 だが、このあたりでまた雨脚は激しくなってきた。
  ここで雨宿り、そして昼飯にした。iide2 (31)
 (管理人さんが、「中で休め」と言ってくれたので小屋の中で)
  食後には、でっかい缶詰を開けて「みかん食うか?」と出していただいた。
       「これiide2 (32)、八朔ですねぇ」
  「そうか。そういえばずいぶんでけえみかんだなあと思ったんだぁ」
   ここには飯豊山神社があって御神体である山頂を控えた社殿があった。

iide2 (33)iide2 (35)




iide2 (37) みかんを頂いてのんびりしすぎたが、また少しだけ雨がおさまったころあいで山頂へ向かう。
 小雨iide2 (38)の中をゆっくり歩いて20分ほど、山頂に着いたら少しだけ晴れ間が広がってきた。iide2 (39)iide2 (40)iide2 (44)
 iide2 (41)iide2 (45)iide2 (46)









iide2 (47) 稜線の景観が素晴らしい。
 やっぱりここに来てよかった、っていうのはいつも思うこと。
iide2 (50)iide2 (51)
 山頂では(ちょっと自分たちより先輩の)新潟からのパーティーと一緒・・・で久しぶりに・・・・santyou

証拠写真。(を撮っていただく)


iide2 (52)iide2 (53)  
iide2 (56)頂気分を満喫したあと、一瞬ダイクラ尾根のほうへ下ろうとしてしまい、
 「そっちじゃ
ないよー」
 と注意されてしまったが、
 「ここから先のお花畑はきれいだよ」
 とも教えられ、すぐ先の駒形山へ歩を進める。
 iide2 (54)iide2 (58) 
iide2 (60)iide2 (62)



iide2 (70)
             残雪の間に輝く花たちを愛でながら歩いていく。iide2 (64)
iide2 (67)iide2 (68)iide2 (69)







iide2 (71)
iide2 (73)
iide2 (74)iide2 (78)





 確かに、この辺りが飯豊の真骨頂だろう・・・と思った。
 運よくその頃は雨雲も切れてくれて、気持ちのいい稜線散歩をさせてもらった。

  iide2 (79)iide2 (80)iide2 (82)iide2 (85)




iide2 (87)iide2 (88)iide2 (89)iide2 (93)




iide2 (97) 登山道は御西岳の裾を巻いて行iide2 (95)くが、そのあたりでまた一服。iide2 (109)
iide2 (101)iide2 (102)
iide2 (113)  霧の先に可愛いらしい?御西小屋も見えてきた。


iide2 (122)
iide2 (118)  



   今日はこまで。

 
予定通り?ゆっくり行程での飯豊、管理人さん自ら言う「多分日本一高い缶ビール(1iide2 (119),000円!)」iide2 (114)、雪渓の脇を下り水場に向かうオッサンであった。
   
iide2 (117)





 



mackkmackk55 at 22:20│コメント(2)トラックバック(0) │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2013年11月25日 22:40
素晴らしい雲海の眺め、素晴らしいです!

2000メートル級の山は8月でも残雪が残っているんですね。

雪とお花のコントラストが不思議な感じでした。

高いビールですが、その分美味しかったでしょうね。
2. Posted by mackk   2013年11月26日 20:14
いつもありがとうございます。

母親のことや仕事が立て込んでたこともあり(常習犯ですが)更新が遅くなりました。

飯豊は東北の山らしく、しかも日本海の風をまともに受けると言うことで、雪が深い山です。その分、植物たちはじっと雪の下で待っていたのでしょう。雪融けとともに一斉に咲き始めるようです。

まだ続きますが、やっぱり東北の山は静かでいいです!

コメントする

名前
 
  絵文字