2013年07月25日

            <4日gunkanjima (1)目>  いざ、軍艦島へ 2013.5.6 

gunkanjima (2)  さて、この旅の最終日、軍艦島上陸の日だ。
gunkanjima (4)   この日もいい天気。
gunkanjima (3)



 gunkanjima (6)途中、注連縄の向こうの軍艦島を拝んで、市内へ向かう。
 gunkanjima (7)gunkanjima (8)常盤2号桟橋から出航、着いたばかりの大型客船gunkanjima (9)を横目に…




    いくつかある三菱gunkanjima (10)重工のドックを後にして伊王島大橋をくぐると、いよいよ外海だ。gunkanjima (11)
 ただ、この日はめったに無い大凪。こんな穏やかな東シナ海は本当に珍しい。
 右手にはカテドラルが美しい。
 gunkanjima (12)gunkanjima (13)
 


 
  30分強の船旅の後、島が目の前に迫ってくる。
gunkanjima (15) まずは北東側の学校があった建物から・・・船は右旋回して島を周っていく。
gunkanjima (16)gunkanjima (17)gunkanjima (18)




 gunkanjima (19) 近くに寄るとその廃墟の迫力、というか刻んだ歴史を思い知らされる。
 学校の隣、島の北端には病院があったそう。炭鉱という職場のせいかいつも呼吸器gunkanjima (21)系の患者が絶えなかったという。

  



gunkanjima (22)  西側はいわゆる住居棟が立ち並ぶエリア。
 ここでの汚物の処理(パイプを通して海に流していた)のこと、仕事を離れた時間の過ごし方(映画やパチンコ、当然飲み屋など)も詳しく解説してくれた。

 gunkanjima (25)gunkanjima (26)gunkanjima (27) 船は南西端で一旦島から離れてもう一度戻っていく。gunkanjima (29)
 



 gunkanjima (30) gunkanjima (33)そしていよいよ、桟橋へと向かう。
  gunkanjima (35)係りの方の誘導でゆっくりと上陸。
  見学コースに入っていく。gunkanjima (36)
  
 



 軍艦島は正式には端島という。もともとは岩礁のようなものだったのだが、ここの石炭は地元の漁師の間では知られていたらしい。特に良質な石炭だということで明治時代から少しずつ開発が進められていった。岩礁の周りを少しずgunkanjima (37)つ埋め立てられ、島といえる規模になっていく。それも当時の土木技術の先端だったのだろう。
 それでgunkanjima (38)もどんどん地底深く掘り出していかねばならない。
 海底1000mという、信じられない深さまで掘り進んでいったという。gunkanjima (39)働く人々はエレベーター(と言っても簡素なリフトのようなものだった)に乗るのさえ、怖かったという。

gunkanjima (40) 解説をしてくれたのは若い頃ここで暮らしたという木場田友次さん。
 偶然にもこの前日テレビの番組での放映があり、出演していた方・・・
 
 実体験のもと、具体的に語っていただいた話には深みがあった。
 (そして、エンターテイナーとしても素晴らしいものがあった)
 子供たちの遊び(狭い場所での野球ごっこや隣の部屋の人々との交流、またもしかしたら実体験?かもと思わせる、若者たちのデートの場所(そんなところがあるわけが無い。堤防が逢瀬の場所だったと言う。そしてそれを屋上で見ている悪ガキがはやしたてていたらしい)ことなど・・・・・
 gunkanjima (41)gunkanjima (42)




gunkanjima (43)gunkanjima (44)gunkanjima (45)




gunkanjima (46)gunkanjima (47)gunkanjima (48)gunkanjima (49)




gunkanjima (51)  観光客が歩けるところは、ほんのわずかな空間だがそれでもその迫力
もさるものながら当時の暮らしの香りが残っていて、何故か切なくなってくる。
gunkanjima (52)gunkanjima (50) 
  産業や労働の歴史という側面ももちろん忘れてはいけないとは思うが、何よりこの島での暮らしや生き方など・・・そんな方向に引きずられてしまう。

 gunkanjima (54)gunkanjima (55)gunkanjima (58)gunkanjima (60) gunkanjima (62)


 




   歴史的にはこの国ではじめての高層アパートであり、戦前からのエネルギー供給源であったり・・戦後もまたそれを担う施設であったのは確かだと思う。それを語るのがこの建物たちであり、もちろん当時暮らしていた人々の暮らしの痕跡だ。
gunkanjima (67)gunkanjima (66)gunkanjima (65)




  でもこの廃墟が僕たちに語ってくれるものは、ただの歴史ではないだろう。
 そのころもきっと周りから見たら、最先端の生活道具があり平均的な収入もよかったのだとは思う。ただ、それは生死を分ける過酷な労働環境と不自由な環境とのトレードオフだったことは間違いない。
 gunkanjima (67)gunkanjima (68) いまも変わってないじゃないか・・・と
  思いながら栄華の跡?を歩いていくと、カヌーでここに来ている若者たちが。gunkanjima (70)
gunkanjima (69)  何か対照的に感じてしまったのは歳のせいであろうか。
 でも、それはそれでいいのかも・・・
 と、思い直し素直にその挑戦心を称えたくもなった。
 良し悪しはともかく、そんな風に時は巡っていくのだろう。

gunkanjima (73)  
  長崎港に戻って、ちゃんぽんの昼飯。gunkanjima (71)
 そしてあとは帰るだけ・・・。



gunkanjima (76)
 gunkanjima (74)gunkanjima (75) それでも佐賀空港への帰途では最後の一浴をと、名湯武雄温泉へ・・・・
 その楼門は残念ながら補修中だったが、「鷺乃湯」で旅の疲れを癒すオッサンであった。




mackkmackk55 at 00:26│コメント(2)トラックバック(0) | 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2013年07月29日 07:07
軍艦島ですが、テレビでは見たことがありましたが、mackkさんの写真を拝見し、よりリアルに現場を感じることができました。m(_ _)m

かつて最先端だった島の遺跡ですね。猿の惑星ではありませんが、地球が廃墟にならないようにしたいものですね。

2. Posted by mackk   2013年07月30日 21:04
ここはずっと前から行ってみたかった場所でした。
もちろん「観光」的な訪問でしたが、それでもいろいろ思うところもありました。 でも

>猿の惑星ではありませんが、地球が廃墟にならないようにしたいものですね。

さすがtakaboh先輩らしいコメントですね。スケールが違います…

コメントする

名前
 
  絵文字