2013年06月07日

<2-3日目>  小浜温泉「旅館 國崎」 2013.5.4-5 130504 (114)

  この日の宿はここ。島原市からは雲仙岳を挟んで半島の反対側にある、小浜温泉の「秘湯の宿」。実はずっと前から一回泊まってみたかったのだ。橘湾を臨む海岸沿いに100度を越えるという高温泉130504 (115)が豊富に湧き20軒以上の宿が並ぶ小浜温泉だが、「國崎」は国道の一本奥の旧道沿いにある。
 DSC_0251 外観はしっとりとした民家風、部屋数9室の隠れ家的な宿だ。
  受付を済ませ、まずはロビーでおいしいお茶とお餅をいただく。130504 (120)

DSC_0233
 応接間風のその場所、雑然とはしているが、何故か旧い友人の家にお邪魔DSC_0253したような雰囲気があって心が落ち着く。脇には色とりどりの浴衣が130504 (121)あって選べるのも女性の泊まり客にはうれしいかも・・・。

  通されたのは6畳+αといった感じの部屋。
  細かい調度などには手作りって感じの装飾が施されていて落ち着ける。そういえば滞在中、男性従業員さんとは一度も対面しなかった。きっとそういうコンセプトでやっているのだろう。

 湯量豊富な小浜温泉だが、ここの湯は自家源泉。やはり100度近い湯を加水も循環(当然だが)もせず、熱交換のみで適温にしているという。
 湯処は4箇所、男女別の内湯のほかに貸切の湯船が3つある。その貸切湯は廊下のシグナルが供用中かどうかを教えてくれる仕組みだ。それもこの規模の湯宿だからできることだろう。

20130504_180615_25 まずは内湯へ。
20130504_180626_26_2 とろとろの源泉が溢れているが、さっぱりした湯感。
 泉質は弱アルカリ性塩化ナトリウム泉、PH7.8とのことなので身体を休めるにはいいころあいだ。 たまたま貸しきり状態だったのもあって、のんびりと旅の疲れを癒すことができた。


130504 (134) 新鮮な湯で身も心もさっぱりした後は、お楽しみの夕食。部屋でいただく。こんな処ならどうしたって新鮮な魚介類を期待する。
 もちろん!それはその期待にそぐわぬ絶品揃い。伊勢海老の甘さと鯛のこりこり感には負けました
 130504 (132)130504 (133)


 




130504 (136)130504 (135)130504 (137)





        当然のごとく、その他の料理も旨い。地味目だがこのふぐの煮付けは抜群だった。

  食後は貸切湯のひとつ「ひのき風呂」hinioki1へ。
130504 (140)
130504 (142)
  こちらも木の香がうれしい、まさに食後にぴったりの湯だDSC_0594った。

 
  



 
  翌朝、まず目指したのは屋上?の露天だが廊下のランプは消えず、なかなか空かない。そして我々の向かいの部屋の男の子がずっと廊下で監視?している。さすがにそいつをさしおいてその露天に行くほどヤボではない。素直に空20130505_064240_43_2いた「岩風呂」へと向かう。20130505_065300_48
 ここはリク20130505_064558_47エスト(風呂場に電話がある)すれば湯浴み酒をのめるらしいが、朝から20130505_064545_46そいつは・・・とパス(当たり前か)。   帳場の裏に当たる場所で通りに面したところ。後からつくり足したのだろう。ちょっと暗くて写真はイマイチだがこの湯船、狭いのだがその20130505_065311_49分落ち着ける。
 
 

  
20130505_075353_61
  20130505_072526_50  

20130505_073623_57




20130505_072701_53
20130505_072732_55_2
   露天へは朝食の後、入ることができた。囲いがあるので外の景色は望めないが、それでもやはり開放感は抜群だ。

DSC_0239 そのDSC_0243後、オッサンは煙草買いがてら外を散歩。
DSC_0240



   風呂上りに心地DSC_0242よい海のそよ風だった。
  DSC_0244   DSC_0246
    埠頭では釣りを楽しむ方も多かったが、南国らしい雰囲気も・・・
 DSC_0247
DSC_0249
DSC_0248

  



DSC_0254
 オバマ大統領も来た・・・な、わけないか。


 DSC_0250 
  その帰りに買ってきたのがこれ。 「温泉入りパイシュー」だ。
 さくさくしたパイと甘くてもさっぱりしたクリームが絶妙だった。

 DSC_0252
     そんな小浜温泉一泊。最後にもう一度ヒノキの風呂に浸かって満足するオッサンであった。


mackkmackk55 at 01:13│コメント(2)トラックバック(0) | 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by takaboh   2013年06月09日 14:14
いやぁ、こちらまで秘湯を堪能させていただきました。

本当に温泉から食事まで心までとろけてしまいそうです。

素晴らしいところですね!

ありがとうございました。m(_ _)m
2. Posted by mackk   2013年06月09日 22:20
こちらこそ、いつもありがとうございます。

九州は遠くてめったにいけませんが、行けば行ったで楽しいところが多いんです。
なかなか進行できないブログですが、これからもお付き合いいただければうれしいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字