2011年04月26日

昨日、成田文男さん(東京・ロッテ→日ハム)の訃報が届いた。

大好きな投手だった。ちょうど僕が東京球場に通いだした頃入団し、小山、坂井などのベテラン投手たちがいる中、エースナンバーを背負って投げていた雄姿を思い出す。

よく曲がるスライダーが武器で、相手打者のバットが空を切るのを見るのが痛快だった。
また、よく打った。のちに監督となる金田正一もそうだったが投手としての本塁打の数は
かなりの上位にランクされているのではないだろうか。

今日(26日)の東京新聞夕刊、藤島大のコラムが興味深かった。

『・・・米球界殿堂入り、スティーブ・カールトンは43年前のカージナルス時代、東京オリオンズ(現ロッテ)投手、成田文男のスライダーを日本遠征で知った。じっと観察、わが所有物とした。・・・・』

もし時代が違っていたら、メジャーで投げる姿を目にできていたかもしれない。

当時は「下町のエース」と称され、南千住の球場に通うファンたちを魅了した。あのころはパ・リーグのテレビ中継などまずなかったが、たまにラジオで放送されるときがあれば耳をそばだてて聞いていた。そして時々は授業が終わると一目散に球場まで駆けつける。夕飯はいつも近くのパン屋さんの調理パン。(駅からスタジアムまでの道に好きな店が3軒もあって、今日はどこのパンにしようか迷ったものだ)

それはともかく、僕にとって彼はもうひとつの魅力ある大人だった。

それは映画俳優ばりのルックス。そのくせ照れくさそうにインタビューに応じる姿がまた格好いい。
引退後、サラリーマンになったときのスーツ姿も似合っていた。

成田

これは73年のファンブックの画像。
(昔、妹の同級生の父親が球団職員をされていた縁でもらった濃人監督中心のレギュラー選手たちのサイン色紙を探しましたが、みつかりませんでした…。)

69年には球団初のノーヒットノーランも達成、通算175勝をあげたエースも鬼籍の人となった。
そうやって自分の記憶が少しずつ歴史の一こまとなっていく。

まだ、64歳だったとのこと。
ご冥福をお祈りします。
合掌。



mackkmackk55 at 20:54│コメント(10)トラックバック(0) │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大毎以来一筋   2011年04月28日 11:20
5 本当 成田は我らが下町の太陽だった(すみません私は岩手から1973年に上京して来た者でがんす)。 東京スタジアムで見たかったぁ…成田! その後川崎で見ましたよ クールガイ ナイスガイ成田! いい男 凄い実績なのに派手じゃないんだよな そこが又いい そしてあの豪打! 成田が打席に立つと回りの座席が色めきだつ「成田だ打つよ打つよほらぁ打ったワーッ!」って。 奥さんはどんな人なんだろう お子さんはいたんだろうか。 ご家族の方へ 成田投手はみんなから愛されていましたよ ご冥福をお祈りしています。
2. Posted by mackk   2011年04月28日 21:00
5 星5つ!実は初めてなので…意味も知りませんでした(ははっ)で、この星は「大毎以来一筋」さんへです。僕が本格的にオリオンズファンになったのはちょうど“東京”に変わるときだったので、大先輩ですね。でも、びっくりしたのは今回のアクセスの多さ(あくまでもこのブログとしてはですが...)それほど成田投手ファンが多かったってことでしょう。

ところで当時、岩手ではどのように応援されていたのでしょうか...でも70年前後は仙台が準本拠地でしたよね。(その後ですが2度ほど応援にも行きました)
今は楽天がいますが、当時は東北のオリオンズファンも多かったと記憶しています。僕も東北の山が好きです。「大毎‥」さんの故郷も含めてまだまだ大変でしょうが一日も早い復興を祈っています。
3. Posted by 大毎以来一筋   2011年04月28日 22:20
5 NHKでたまに東京東映戦が放映され 判官びいきから好きになったのがきっかけです。応援はスポーツ紙週刊ベースボール等でした。1955年生まれなので本当は大毎時代は伝説でだけです(汗汗)。下町のエースという響きもいいし 早く生で応援したいなと思っていました。とにかく成田のかっこよさスマートさ容姿に合わない愚直さに惚れました。ダンディズムですかね。故郷は盛岡近郊なので津波被害はありませんが やはりひいきの釜石ラグビーが心配でしたが関係者全員無事なようです。 何はともかく管理人様の様に成田投手に私と同じような思い入れを持っている方がおられるのを知り、いてもたってもいられなかった次第です。どうかこれからも古いロッテファン同志と言うことでお付き合い願いたいと思います。



4. Posted by mackk   2011年04月28日 23:09
今日は俊介の好投むなしく...。でもこちらこそよろしくお願いします。
5. Posted by 大毎以来一筋   2011年05月01日 13:09
12時am位の投稿で名前を書き忘れました。 失礼致しました。
6. Posted by mackk   2011年05月01日 19:25
>大毎一筋様
12時の投稿、来ていませーん。
また、よろしく
7. Posted by 大毎以来一筋   2011年05月01日 21:15
mackk様 昔のオリオンズ応援団を覚えていますか 松本団長 赤シャツのおじさん No.3格の変装眼鏡付け鼻のおじさん 今どうされているんでしょう?
パの応援団は昔からパンチの効いたヤジ 日ハム狂の声のよく通るおじさん(ロッテ飯塚をよくヤジる【飯塚!今夜俺と麻雀付き合ってくれって(当時飯塚選手珠にチョンボをしたりしてたから)】) ムカつきました(笑)。でもでもロッテ日ハム応援団同士が試合前談笑しているのを見たりすると粋なおじさん達なんだと思ったり。
現在のリーダーのジンさんも素晴らしいですね(元日ハム応援団らしいです(笑)) 昔からは考えられない(笑)かっこいい応援スタイルと観客の多さ 営業努力もありますかね。 あまり観戦には行けてませんが 今年も日本一連覇して貰いたいと思います。
8. Posted by mackk   2011年05月03日 06:03
もちろん!懐かしいですねえ。千葉に移ってからしばらくは皆さんとも内野席でお会いしましたが...
僕も川崎時代が一番頻繁に行っていた時期なのでいろいろ思い出します。多分’大毎…’さんとも顔をあわせているものと思われますが、僕は応援団の皆さんの名前まではわかりません。(横山君は球団職員になってマリンでもがんばってましたが)川崎での思い出は数多くありますが、常連の方が結婚したとき応援団みんなで祝福したこともありました。千葉で久しぶりにお会いするとビールごちそうになったりもしてうれしかったですね。
そういえばずっと昔、喫茶オリオンズにいったこともあります。
先日はマリーンズピンクユニフォームでしたがまたオリオンズのユニフォームでの試合も見たいですね。
9. Posted by 大毎以来一筋   2011年05月03日 13:44
そうですか 皆さん千葉にも応援に行かれているんですね ファン心理はどなたも同じ一生モノですね。
ところで過去の記事も見させて頂きましたがmackk様は登山家なんですね 八幡平に登った様子を読みました。 私はそこから岩手側へ下りた松尾村の隣 西根町が故郷です。東北道で西根インターがあります。花輪線の大更という駅です。又昭和30年代 東洋一の硫黄鉱山 松尾鉱山(八幡平道路の入り口辺り)が隆盛を極めていました。 小さい頃は専用鉄道あり 我が町から見える鉱山の夜景は幻想的で心がホッとするものがありました。 又目の前にどーんとそびえる岩手山はいつも見守ってくれる母そのものでした。 私は姫神山に登った程度しかなく登山はわかりませんが mackk様とはこんなところでもニアミス?していたんですね 不思議です。ちなみに上記の町村は合併で八幡平市になり 姉家族が住んでいます 帰省も久しぶりにしなければなと゛と思った次第です。






10. Posted by mackk   2011年05月03日 18:01
大毎一筋さん>
大更駅行ったことがあります。いい駅ですね。姫神山にも昔登っています。もちろん、岩手山には2回(2回とも天気はあまりよくありませんでしたが...)松尾の鉱山、確か役場の隣に昔の機関車が展示されていたのを覚えています。鉱山の夜景見てみたかったですね。宮沢賢治の童話が思い浮かびます。そんな場所で育った大毎さん、不思議な縁ですがこれからもよろしくお願いします。ブログはメインのPCが入院中につきしばらくお休みです。
それにしても、今日のライオンズ戦、やっぱり頼りになる井口!万歳!です。

コメントする

名前
 
  絵文字