2010年07月23日

                               七時雨山(1,062m) 2010年7月3日 曇り時々薄日
                    
七時雨山荘11:15-3合目(11:38)-5合目(11:53)-7合目(12:05)-北峰(12:35)-12:50山頂(南峰)
山頂(南峰)13:30-北峰(13:40)-3合目(14:25)-14:45七時雨山荘


nanasigure001  七時雨山という素敵な名前の山を知ったのは7,8年前、「東北百名山」という本でだった。一日に何度も天候が変わるということからつけられた名前だそう。その後、岩崎元郎さんの『新日本百名山』にも選ばれてだいぶポピュラーな山になったのだが、まだ登ったことはなかった。今回、ちょうど「大人の休日きっぷ」の時期にあたったので行ってみることにした。

 まずは東京から新幹線でいわて沼宮内へ...しかし、直通の「はやて」は満席!仕方なくその前の「やまびこ」に乗り、盛岡でその「はやて」に乗り換えることに....。(盛岡-沼宮内間は8席だけ空いていたので、ラッキーだったのかも) ホームで待っていると見慣れない車両が入線してきた。乗ってみると座席脇には電源プラグがあり、頭上には航空機のような読書灯がついている。来年投入されるE5系の前に今年お目見えしたE2系の新型車だったようだ。でも乗車時間は10分あまり、あっという間に沼宮内に到着だ。

 ここからはレンタカーで七時雨山荘のある田代平へ向かう。
 走り始めて30分、ナヴィに随って走っていたのだがなんか様子が違う。さっきからずっと花輪線にそって走っているのだ。そういえば!七時雨山荘は2箇所あったんだ!(気づくのが遅いって) 何も考えず目的地入力したのが間違いだった。なんとか軌道修正して来た道を戻ったが、本来の目的地への到着は11時を過ぎてしまった。
     と、相変わらず長い前振りですが.....ここからが本編です。

nanasigure051
 登山口のある田代平高原は東北らしい、すがすがしい台地だ。ただし空気はたっぷり湿気を含んでいるし、回りの山からは雲がわいてきている。天気予報では雨だったので覚悟はしていたのだが、午後には一雨来そうだ。それでも頭上にはところどころ青空も見えている。
 
 山荘の奥の「登山者用駐車場」に車を止めていざ出発。この時点で止まっていた車は三台。雨の予報のせいか思ったより少なかった。 とりあえずは牧場道を辿り、石灰が撒かれているゲートを越える。これも例の宮崎口蹄疫騒動の影響なのだろうか(実はこのオッサンは今回の騒動をかなり疑問視しているのだが・・・それはここでは触れないでおく)七時雨001

七時雨002  
ゲートを抜けると、牛クンたちがお出迎え。その先は気持ちのいい牧草地歩きだ。アカツメクサや名前はわからないがイチゴのような花などの咲く原っぱをしばらく登るとふたたびゲートがある。

nanasigure009


ここを過ぎるとまもなく左へ折れて、ミズナラやブナの樹林帯に入っていく。傾斜も増してやっと登山道らしくなってきたところに3合目の標識がある。
 
 


七時雨004nanasigure011七時雨005







   牧草地の途中にもあったのだが要所に「〇合目」の標識が整えられていて、いい目安になる。がんがん登って4合目、5合目と高度を稼いでいく(といってもそれほどの標高差があるわけではないのだが)。このあたりから主尾根に取り付いてやや急登になっていき、あたりの木々もダケカンバの割合が増えてくる。6合目の標識には気づかず5合目から10分強で7合目の標識に出会った。(恐らく息もきつくなってきて、黙々と歩いたせいだろう)

 七時雨009
   その先は少しなだらかになり後は緩やかなアップダウンの続く尾根道だ。左手には先ほどの田代平が見渡せる。上nanasigure033から見てもとてもすこやかな草原だ。右にカーブして最後の登りを詰めると七時雨山北峰だ。
  頂上は小さな広場状になっていて、三角点はこちらにあるがその先にこんもりとした南峰が待っている。

 nanasigure023

nanasigure027  そこからいったん鞍部へと60mほど下って登り返す。
  着いた南峰は北より2m高いだけだが、一応七時雨山最高地点。七時雨015
   
   北峰の倍くらいの広さで、奉納された剣などもあっていかにも山頂の雰囲気だ。
  晴天ならば山々の眺めが素晴らしいのだろうがこの日は霞の彼方。それでも近くの山はオッサンを歓迎してくれるようにすくっと立っている。昼飯を兼ね小一時間のんびりしたが、その間誰もいなーい頂上を満喫した。(人気の山だと聞いていたのだが....やはり天気予報のせいだろうか)



七時雨021七時雨028 下山はのんびり。北峰で一組、途中登ってくる人たち一組に出会ったが、最後まで雨にもたたられず牧草地に出てからはゆっくり花を愛でながら山荘に降りていった。

七時雨046   







   さて下山後の一浴、実はこの七時雨山荘には温泉もあるのだ。 この温泉は冷鉱泉だが水蒸気で温度を調節している。湯船の脇にバルブがnanasigure040ありそれで各自調節するようになっている。源泉はnanasigure041奥の湯(水?)口からちょろちょろと流れていて、まさに源泉自加熱掛け流しだ。オッサンが行ったときは他にお客さんも居ず、の~んびりといい風呂に入らせてもらった。



nanasigure046   

   そして(実は、所詮山小屋だろうと見くびっていたのだが)この山荘、なかなかいい!となりにある喫茶室「茶居花」はまさしく高原のテラス七時雨050のよう。本屋から棟続きで行けて湯浴みの後の一服にちょうどいい。ただし、オッサンはアイスコーヒー(おいしかったです。運転のためとはいえ、たまにはいいかも)。外の草原を眺めながらゆっくりとした時を楽しんだのだった。

               (その2へ続く)
         


mackkmackk55 at 01:47│コメント(2)トラックバック(0) | 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 総ちゃんです   2010年07月29日 19:19
人も余り写ってなくて、長閑な感じでええねえ~
野っぱらの緑も綺麗だし、寝転んで一杯やりたい気分です。ところがあ、メタボに付き強制指導が入ってしました(TT) 酒の量制限しろとの事なので、野方に行けませーーん(TT)

来週後半から遊び行ってきま~す!
果たして減量して帰ってこれるか・・・
2. Posted by mackk   2010年07月29日 21:36
本当に人少なかったですね。
暑気払いは楽しくやりますよ。
ハワイはいつから行くんだっけ?

コメントする

名前
 
  絵文字