2018年07月

2018年07月20日

 "秘湯の宿"のワイルド?な湯 2018年 5月 3日 (晴)


IMG_2962
  IMG_2963IMG_2959P5030534



  旅館の様子はこんな感じ
P5030529
…緑に囲まれたとっても落ち着いた宿だった。
階段の窓が教会のステンドグラスみたい
  IMG_2947
IMG_2946
P5030531






IMG_2961

   (毎度の事ながら)とりあえず風呂へ向かう。


P5040419
P5030401P5030372

P5040426





 前述したが二つある源泉のうちナトリウム - 塩化物・炭酸水素塩泉(47℃)の赤湯が熊本地震の影響で涸れてしまい、現在はナトリウム - 炭酸水素塩泉(33.5℃)の白湯のみ。以前は赤湯だった湯船にホースで配湯している。もちろんかけ流し、やわらかな湯でとてもあったまる。

 そして手掘りの洞窟風呂がすごい。想像していたより広く、奥深いこの洞窟をどのようにして掘ったのか・・・温泉析出物もかなりの厚みだ。黒川の新明館もそうだったが九州の人は洞窟好きなのか???
P5030403
P5030393P5040439
P5030396





  男女それぞれ3種類ある湯舟(日替わり)を思う存分堪能した。

P5030536
    もちろん、料理も素晴らしい。
P5030537P5030538P5030539P5030540




P5030547P5030545P5030542P5030541P5030553



 目前の海からあがる幸、悪いわけがない・・・し、養殖物は一切使わないというこだわり。 それぞれが素晴らしい器に盛られて、これでもかと登場。(舌がとろける・・とはこのことか・・と・・・・)
P5030555P5030556P5030559P5030562P5030565




焼酎片手に至福の時を過ごしたことは言うまでもない、オッサン達だった。
  





mackkmackk55 at 04:38│コメント(2) |