2014年03月

2014年03月18日

今日、仕事中(と、いっても階下の喫煙室で一服中でしたが)に母親から電話が入りました。

こんな時間に電話・・・だと不吉な予感がするのです(年末まで入院していて、現在は一人暮らしなので)が、丁度この3連休に様子を見に行くべく電話をしようと思っていたところだったので・・・
「もしもし。何?どうかした?」
と対応。
「ああ、○○(僕の名前です)。どうして電話に出るの?」
(えっ!ついに認知が進んでしまったのか・・・とあせります)
「携帯、失くしたんじゃないの?」
「えっ、だってちゃんと出てるじゃない」

「で、大丈夫なの????」
「だから。今仕事中だし(実際は喫煙中でしたが)、何かあったの?」
「いやぁ、あんたから電話があって置き引きに会って携帯も失くしたっていうから」
(ここで、少しピンときました)

当初、心配していた本人の体調のことではなくて安心したのですが、
「それは例のオレオレ詐欺だよ」
「でも、あんたの声にそっくりだったし・・・・風邪ひいてないの?」
「全然」

やはり、常套句「ちょっと風邪気味で・・・」というのも使ったようです。

「俺は、いつもちゃんと自分の名前を言って電話するよ」
(オレオレ詐欺が多発して以来、そうしているのです)
「そうだよね・・・・」

電話は3回あったそうで、
(これは、母親の話ーなんせまだ落ち着いていない-から想像するに)

一回目で、窮地にある旨と携帯を失くしたことを告げる。
(この時の反応で、見込みをつけるのだと思う)
二回目には鞄を取られて、会社の金品を失くしたことを報せる。
(おそらく、この時点で母親はパニックになっていたと思われます。)
そして三回目。
(ところで、定期どのくらい残ってる?=>と、実際に言ったそうです)

ここで、幸か不幸か年金暮らしの母親。
「そんなのないしーー」
と、途方にくれたようです。

その一言でおそらく見込みなしと判断した犯罪者はそれ以上電話をかけてこなかったみたいですが・・・
母はその後も信じ続け、僕の妹に電話しようかどうしようかと迷っていたそうです。

まあ、それでも直接こちらに電話したのは正解でしたが・・・
(とは言っても妹たちに電話しても同じように言われたでしょう)

最後は
「はははっ」
っと、笑っていましたが...

「だいたい、俺がそんな電話するわけないだろう」
というと
「そうだようねぇ」
とは言っていましたが、やはり人間パニックになると理性は飛んでいくみたいです。
(それは、普通の日常生活でもあることですが・・・・・)

そんなことがあって帰宅。
帰りのバスの中でいつも聴くアナウンス。

「交通事故の示談金が払えない。鞄をなくした・・・・・
などの電話は『母さん助けて詐欺』です。」

いつも耳にする言葉が、今日はやけに現実的でした。

ちょっと、どうしようかとも思いましたが
注意喚起のためにアップしました。

久しぶりでこんなの。
また、ちゃんとしたブログUPします・・・・・・



mackkmackk55 at 21:03│コメント(6)トラックバック(0) │