2013年10月

2013年10月23日

     (1日目noguch (88))  花に癒され急登を辿る 
                    2013年 7月27日(曇り時々雨)
 高瀬ダム 6:35-登山口(7:00)-7:55 8番 8:10 -9:50 4番 10:05-11:25 烏帽子小屋 12:05-15:40 野口五郎小屋

   このところ夏の恒例行事となったT君&A子さんとの山行。当初、今年は五色ヶ原のお花畑に行きたいなぁと思っていた。 いつもの「ムーンライト信州」は予約していたのだがその先のアルペンルートの接続が悪い。この時期、室堂に早く着くには富山側からのアプローチしかなさそう。
 というわけでnoguch (1)、唐松から五竜のコースも考えたのだが最後の岩場はちょっとまだきついnoguch (5)かもと思い、3年前に2度登ったブナ立て尾根を登り、北アルプスのほとんどの山が見える、野口五郎岳に行くことにした。
noguch (6)
 高瀬ダムからトンネルをくぐり、砂地の沢を渡ってしばらく歩くと登山口。ここから烏帽子小屋まで約1300mの登りだが、道はしっかり整備されている。
  noguch (7) 例によって12番から0番までの標識を励みに出発。
 noguch (9) 最初から急登が続くが3年前に2回往復しているので、気持ち的には楽だ。
noguch (14)  (でも、初めての2人にはキツイかも・・)
noguch (11) と、様子を見つつゆっくり登っていくが二人とも結構さくさく登っている。noguch (10) 写真撮りつつ最後を歩くオッサンのほうが遅れ気味。このところよく出会うセンジュガンビが美しい。
 
noguch (16)  樹林帯の中なので眺望はたまにしか無く足元の草花を眺めながらの山歩きが続く。カミサンがギンリョウソウを見つけ、二人に教えている。
noguch (17)  三角点を過ぎると少し高山らしい雰囲気。高瀬湖がずっと下に見え木々も広葉樹からダケカンバが中心になる。
noguch (19)noguch (20) なんでそういうのか解らないタヌキ岩を通noguch (21)過、
  ヒョウタンボクやアカモノなど高山植物を楽しみながらなおも急登を辿っていく。
noguch (26)  ここでT君、木の葉を見て「これなんだろう?」
noguch (23)noguch (24)noguch (29)
 「・・・???・・・」
 (何か昆虫の卵なのか?オッサンもわからなかった)
noguch (32)noguch (33)noguch (35)noguch (36)noguch (25)




 「1番」を通過して最後の踏ん張りどころを登りきるとお花畑がある。今回は期待していたほどではなかったがアオノツガザクラやウサギギクが綺麗だった。その先で尾根を越え少し下ると烏帽子小屋だ。
noguch (37)noguch (41)noguch (42)noguch (38)



 イワギキョウと白花のコマクサを目にしつつここで昼食。小屋の前にでんと座る赤牛岳の方向にはどんどん雲が湧いてきている。noguch (43)
 出発する頃には少しぽつぽつと落ちてきた。
 小屋のすぐ上ではシナノキンバイが咲き乱れている。テン場を抜け、ドーム状のnoguch (49)岩をを越えると北アらしい稜線歩きとなる。
 これから通過する三ッ岳はまだ遠くそして高く待ち構えている。足元には雨に濡れた石楠花が美しい。noguch (46)
  
noguch (48)noguch (45)  しばらく進むと雨も小止みとなり、下の高瀬湖や背後の烏帽子も見えてきた。
noguch (50) 「明日はあそこに昇るよー」
   noguch (51)と言いながらだらだら続く坂をゆっくりと登っていく。
noguch (57) 前方ではカミサンが「当たったら小屋でビール1本」なんて言いながら、A子さんに「花の名」クイズを出題していた。
 そこでのA子さんの迷答。(イワカガミを見て)「うーん、なんとかカガミ・・・・ゲタカガミだっ!」(笑)
 ところでnoguch (54)、このあたりは砂礫地となっていてコマクサが美しい。ちょっとピークは過ぎたかもしれないがやはり「高山植物の女王」、可憐に咲き誇っていた。
noguch (55)
noguch (58)noguch (70)




noguch (62) 雨は上がったとはいえ遠くの山はガスの中、それでも雄大な景色を楽しみながら
noguch (63) 三ッ岳を過ぎると道は二手に分かれる。
noguch (64)noguch (65)





 前回は悪天候の中、愚かにも尾根の西側を辿る「展望コース」を選んでしまったが今回は堅実に東側をトラバースする「お花畑コース」を選択。
noguch (73)noguch (69)noguch (67) しばらく進むと大きな雪田が現れた。
 そういえばこのコースは「昨日から通行可となった」と、七倉で登山届けを出すときに指導員の方が仰っていた。
 たしかにその雪の上をちょっと下るナーバスなところもある。夏道もまだ現れたばかりで泥道だ。でもその雪田の脇には見事なチングルマの群落が・・・
 noguch (75)再び2つの道が合流しいくつか小ピークを越えると・・・
 やっと着きました、野口五郎小屋。
 山頂直下の特徴的な丸い雪形も迎えてくれる。noguch (76)
 風は相変わらず激しく吹いているが、あとは小屋でのんびり..するだけ。
 一服しに外に出ると、なにやら若い女性がご主人の息子さんと小屋のトイレの話をしていた。
  「ウチのは臭いがちょっと・・・・」
 とこの方、富士見平小屋を営っている方だそう。 いろいろ噂のあった小屋が閉鎖されて、最近また違う主で営業を開始したという話は聴いていたがこんなお若い方とは・・(この方は奥様でしたが・・・・)
 ご主人の息子さんとも会話。前回もそうだったがいろいろ山小屋経営のお話を聞かせてもらった。
たまに登る身にはうらやましくも思えるが夏の間、下界には降りられない宿命。
 親父さんは長兄に当たる下の葛温泉「高瀬館」のご主人のご葬儀にも参列できず、彼だけが行かれたそう。
 そして今は「あーー、パチンコしてぇ・・」って言葉に実感がこもっていた。    (その2へ続く===>)



mackkmackk55 at 00:12│コメント(2)トラックバック(0) │

2013年10月14日

     大樺沢を下り広河原へ       
                                2013年 7月15日(雨のち晴れ)
kitadake3rd (27)北岳山荘 6:30-八本歯のコル(7:30)-8:15 雪渓取り付き 8:30-9:00 夏道上端 9:30-10:00 大樺沢二俣 10:20-12:55 広河原

  
北岳 (213)夜明けた朝も激しい雨。本当に今年は雨男の本領発揮か........
  この日は下山するだけなので、雨脚を見ながらゆっくり出発。昨日通った尾根上の道ではなく、東側のトラバー
20130715_062951_85ス道を行く。
kitadake3rd (1)kitadake3rd (2)kitadake3rd (4)



      
     
  雨の中なので遠望は利かないが・・・それでも足元の花々を愛でながら歩み
kitadake3rd (3)を進めていく。
  八本歯のコルに近づくとこんな梯子がい
kitadake3^aくつも続く。雨の中なので滑らないよう慎重に歩いていく。
   そ
kitadake3rd (7)梯子たちを越えると、稜線から離れて左手に降りていく。
kitadake3rd (6)kitadake3rd (5)   皮肉にも下る頃になって青空が広がってきた。

  鳳凰三山もくっきりと見えてくる。kitadake3rd (9)

kitadake3rd (11) 
  下り始め
kitadake3rd (15)てから40分ほどで雪渓取り付きに着く。確かにまだ雪は多く傾斜もそこそこあるが、それほど難しくはない。
  それでも注意しながら30分弱かけて左岸の夏道に取り付く。
   ここでアイゼンをはずしていると、上から「ラクー」の声、あっという間にものすごい勢kitadake3rd (17)いで直径1m以上はある岩が転がり落ちてきた。kitadake3rd (16)
   あれにkitadake3rd (14)当たったらひとたまりも無いだろう。(今までも雪渓での落石は何度か見てはいるが、今回はそのスピードと迫力に本当に恐怖感を覚えた)
kitadake3rd (18)  ゆっくり休んだ後は雪渓の左をぐんぐん下っていく。それにしても今頃になっていい天気、日ごろの行いkitadake3rd (19)のせいか・・・まぁ、それでもこの青空が見れただけでもよしとしよkitadake3rd (20)kitadake3rd (21)う。
  そこから30分ほどで大樺沢二俣。トイレやベンチもあり、大勢の登山者が休んでいる。

kitadake3rd (22)kitadake3rd (23) 
 こちらもここでまた一服、雪解け水で顔を洗うのが気持ちいい。
 あとはこの大樺沢に沿って下っていくだけ。ただあまりにもいい天候に、ちょっと名残惜しい気もする。
kitadake3rd (24)
kitadake3rd (25)kitadake3rd (26) しばらくはまだ雪渓が残っていて涼しかったが、だんだん蒸し暑くなってくる。kitadake3rd (28)kitadake3rd (29)


  やがて樹林帯に入りしばらくすると道は右岸に渡る。
 気温は高くなってくるが沢沿いの道、ところどkitadake3rd (30)ころで支沢を渡るところもあって、涼しさを感じさせてくれるの
がうれしkitadake3rd (31)い。
kitadake3rd (32)  
  kitadake3rd (35)
kitadake3rd (34)kitadake3rd (36)





kitadake3rd (37)kitadake3rd (38)kitadake3rd (39)   小さな橋をいくつか渡りながら下っていき、再び左岸の道。kitadake3rd (41)kitadake3rd (40)







                  それからは沢沿いの道をゆっくり下っていくだけ・・・

 kitadake3rd (42)kitadake3rd (43)kitadake3rd (44)kitadake3rd (45)

今時何だ、と言われそうですが涼しげな渓流の写真を・・・・


 kitadake3rd (46)

kitadake3rd (47)kitadake3rd (48)kitadake3rd (49)





kitadake3rd (50)kitadake3rd (52)
   広河原に着いたのはちょうど甲府行バスの出発時刻。



 でも、やはり・・・「最後の一浴」は欠かせない。
 バスは通過してしまう、例の「草津温泉」へ駅から贅沢にもタクシーで向かう。

 前回も行こうと思いつつ行けなかったこの温泉。
 混んでいてメインの湯船の写真は無し。でもkitadake3rd (53)kitadake3rd (54)、ちょっと無理無理?作ったふうの縦長三角形の露天はこんな風。
 泉質は「ナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉」という、日本の代表的な泉質。源泉で47.7℃という湯温も疲れた身体にはビシッと効く。

 帰りに受付の方から
 「どこの山行ったの?まさか、富士山?」
 と聴かれ、
 「とんでもない。北岳です」
 「そう、実は今年は夜中も富士山は明るくて・・・」(ちょっとひどい・・という言外の意味がありあり)
 ”世界遺産” になってから、ますます「観光地」化されているよう・・・・
 (まあ、そんなものだ)
 それはともかく、ここには山帰りの方も結構訪れるらしいです・・・・・
kitadake3rd (57)kitadake3rd (56)kitadake3rd (55)
 駅に戻って、列車を待つ間、前回も行った駅ビル上のラーメン店で一息。
 (鳥モツは、やはり旨かった・・・・・)


mackkmackk55 at 05:50│コメント(2)トラックバック(0) | 

2013年10月09日

   北岳3193m・間ノ岳3189m         
                               2013年 7月14日(曇り時々雨)
北岳 (66)御池小屋 5:30-7:05  右俣分岐手前 7:20-7:40 小太郎尾根 7:45-8:20 肩の小屋 8:45-9:35 北岳 10:00 -11:00 北岳山荘 12:00ー13:40 間ノ岳 13:50-15:05 北岳山荘

北岳 (65)北岳 (70)   今日は北岳を目指し、まずは「草すべり」と呼ばれる急な坂を登る。でも草原の道でもないごく普通の樹林帯の中の登北岳 (72)山道。どうしてそ北岳 (74)んなふうによばれるようになったのかは解らない。それでも標高が上がるにつれ、周りの北岳 (78)山々も見えてきて山に来た感じにさせてくれる。
 一時間半ほど頑張ると森北岳 (67)林限界を越えて左から大樺沢右俣コースが合流する場所に着くが、その手前にベンチなどがある。そこで一休み。
 ここまで来るとシナノキンバ北岳 (81)イなどの植物が美し20130714_074512_43い。
ただやはり鹿の食害がひどいせいか、周りにはネットが張られているところも多い。
北岳 (86)北岳 (87)北岳 (93) 合流点を越え、更に登っていくと富士山の北岳 (92)姿も見えてくる。
北岳 (90) それを励みにひと登りすると、小太郎尾根にたどり着く。
北岳 (91) 北の小太郎山へ登る道との分岐だが、尾根上だけあって強い風が吹き付け北岳 (94)る。ここまで来ると鳳凰三山も目の高さになってきて次にはあそこに登ってこちらを見たい、といういつもの気持ちが湧き上がってくる。


 北岳 (98)北岳 (99)
 緑の斜面を右に見ながら尾根を辿っていくと風に吸い寄せられたガスがどんどん上がってきて、富士山はおろか目指す山頂もまったく見えなくなった。
 風のおかげで足元を注意しながら、歩み北岳 (100)も遅くなる。ちょっとした岩場を過ぎてもうひと登り北岳 (102)すると、肩の小屋に到着する。
   
 小屋の前では大勢の登山者が休憩中だった。我々もここで残り180mの登りを前に一休み。
北岳 (103)北岳 (104)  その先は頂上北岳 (108)直下らしい岩の道だが見た目ほどきつくはない。 北岳 (106)
 石楠花が気持ちを癒してくれる。
北岳 (116) しばらく登ると肩の小屋を眼下に眺めるようになる。遠くの山もうっすらと見えてきて、目指す北岳山頂も視界に入るようになり多くの登山者が見える。
北岳 (118)北岳 (121) 最後の登りはゆっくりと慎重に歩みを進めていく。
北岳 (123)北岳 (124)


 
   小屋からは50分ほどかけての登頂。  北岳 (128) 
 ただ、登った時点での山頂は視界ゼロ。富士山に次ぐ標高の山にいるとは思北岳 (125)えない。風もまた強くなってくる。その分、ガスも切れるかとしばらく待機したのだが・・・・結局山頂からの眺望は得られず・・・・だった。
気を取り直して岩場の下りが続く道を北岳山荘へと向かう。
北岳 (130)北岳 (132) それでもこのあたり、キンポウゲとハクサンイチゲが美しい。
北岳 (134)北岳 (138) そこそこ急な場所もあるが北岳 (142)時折ガスが切れて見えてくる谷間の光景を楽しみながら歩く。
北岳 (145) 向かう先の山荘も見えてきた。
北岳 (146) 
 八本歯のコルへの分岐ではそちらから登ってきた方とお話。
 「大樺沢の具合、いかがでしたか?」
 「いや、アイゼンがあれば問題ないですよ。それよりここへ来る途中、キタダケソウを3株見つけました。半分あきらめてましたけど、まだ咲いててくれましたよ。」
 僕ら北岳 (152)が明日下山だと話すと、
 「じゃあ、明日ぜひ見つけてください」
 (と、言って別れたのだが・・・結局は見つけることができなかった
  

 その先は少しずつ傾斜もゆるくなってきて目指す山荘が近くなってくる。
20130714_132544_72  イワヒバリだろうか?山の鳥も迎えてくれる。
 山荘到着は11時、前のベンチで昼食。ゆっくりしたあとで受付を済ませ、間ノ岳へ向
かう。
北岳 (198) 当初はそこを通過して農鳥まで白峰三山を縦走~そしてあの素晴らしい奈良田の湯に浸かるコースを考えていたのだが大門沢の雪がクサレているらしいとのことだ北岳 (153)ったので、やめたのだった....
 北岳 (158)   それでもここからは気持ちのいい尾根歩き、天気はイマイチだが一気に目前の中白峰まで進んでいく。
北岳 (161)北岳 (162)北岳 (163)



北岳 (166)
北岳 (163)北岳 (164)北岳 (170)

  


    中白峰で一息ついたあと、間ノ岳まではいくつか小さなピークを越えていく。もう
北岳 (172)少し天候が良かったら・・・と贅沢を言いたくもなるが、それもまた山・・というもの、気持北岳 (177)ちのいい稜線を楽しみつつ雄大な間ノ岳山頂に着く。
  北岳 (165)
北岳 (173) 北岳 (174)




  頂きというより大きな台地のようなそこはその広さもさることながら、来たものたちをじっと受け入れてくれる包容力のよ北岳 (195)うなものを感じさせてくれる。
  もちろんその場にはご同胞の方も何人か・・・これから農鳥に向かうという若者たちに
  「今から行くの~?  3時過ぎに着いたら親父さんに怒られるよ・・・」
  と、笑って仰っていた。
北岳 (180) まあ、都市伝説?のようなものだが・・・(伝え聞くには、実際はそんなおっかない主ではないらしい北岳 (181)・・のだが)
  再び雲行き北岳 (182)が怪しくなってきたのでさっさと引き返すことにする。
  それでも帰途ではこれから往復する方たちも多く、海外北岳 (179)北岳 (189)らの方たちからも道を聞かれたりもした。


北岳 (196) 小屋に着いてからも雨は降ったりやんだり。それでも北岳 (190)時には、さーっと雲が切れて北岳の美しい姿も見える。もちろん霊峰富士も北岳 (193)北岳 (201)浮かぶ山上での北岳 (191)ひと時を楽しむことができた。
北岳 (204)  北岳 (206)
 ということで・・・この夜は一人でひとつの布団、ゆっくり眠りにつくオッサンであった。
    


mackkmackk55 at 22:04│コメント(2)トラックバック(0) │