2009年11月

2009年11月23日

ジュレ 「テラス・ジュレ」は洗足池畔にあるちょっとおしゃれで、でもカジュアルなレストラン。フロントは中原街道に面していますが向こう側にはそのまま洗足池が広がっています。

 ここで時々ライブ演奏をやっている、友人の宮川明君のフラメンコギターライブに20日の金曜日に行ってきました。前回は都合で行けなかったので、多分数ヶ月ぶりです。また、このところタンゴやラテン系のミュージシャンとのコラボを聴いていたので久しぶりのソロのライブでもありました。

 フラメンコの楽曲については精通していないのであまり詳しくはわかりませんが、毎回配ってくれるプログラムを見るとちょっと今までとは違った曲目もあり楽しみ......やっぱり、異ジャンルの人たちとの交流がいい形で出てきたのかなぁとも思いつつ、いつものやさしい声だけど的確なMCとともに流れる音に心を委ねていました。

 僕が面白いと思ったのはファーストステージのラスト「アジャモンテ」(曲名はプログラムより)。彼がスペイン滞在中に行ったポルトガルとの国境の街だそうです。そこではみんな1ユーロでフェリーに乗って物価の安い隣国に渡って買い物をするそうで、そんな時に耳にしたファドの旋律を取り入れた曲だそうです。ファドといっても僕はアマリア・ロドリゲスしか知りませんが、きっと庶民の音楽として街中で流れているのでしょう。
20091120_stage1
 セカンドステージはチョイと一杯入ったせいか?わりとノリノリでした。キューバ出自の「グアヒーラ」もよかったけどラスト前の「ブレリア」はリズム感よく楽しめました。

 さて、次回はコンパネもってきて一曲踊ってね、
Hortensia!




 

mackkmackk55 at 19:02│コメント(0)トラックバック(0) │

2009年11月15日

PB030070PB030058PB030078





二十年近く前から何度も訪れている吾妻渓谷だが、先日数年ぶりに行ってきた。
 今回は日帰りということでJRの「週末日帰りきっぷ」を購入、上野から特急草津で川原湯温泉へ向かう。電車は過去に「踊り子」や東北新幹線が大宮発着だったときの連絡用「リレー号」に使われていた185系だが、シートは改良されていて短い旅ならこれで十分だ。しかし休日だというのに空いている。これも1000円高速の影響なのか...(まぁこちらにとってはありがたいことではあるが)PB030087
 
 2時間ちょっとで川原湯温泉駅に到着。この駅もなかなか風情があってダムの底に沈ませるのはもったいないと思っていたが、この先どうなるのだろう。道路や鉄道の付け替え線工事は先に進んでいるからやっぱりそちらに移るのだろうか?
 
 外に出てみると思ったほど寒くない。むしろ東京の方が(朝方だったせいもあってか)涼しく思えた。とりあえずなじみの遊歩道を進むが、渓谷の紅葉はもう枯れかかっているところとまだまだ青葉のところが交錯している。PB030068ダムで話題になったのでかなり混雑していることは覚悟してきたがやはり結構な人出で、狭い路でのすれ違いに苦労する。今まではあまり見かけなかった、旅行会社のツアーで来ている人たちも多く、歩きなれていない人たちでしかも50人以上の団体だったりするんで大変だ。それもいくつものツアーがあって「まったく!」とも思うが、ツアー会社の営業戦略恐るべしではある。ダム本体の予定地を過ぎると右手から新しい道が降りてきていて、まだ通行止めになっていた。ダム完成後に上の道路から降りてくる道を作ったのだろうか?  素人感覚だがなんかちぐはぐな感じがする。
PB030060 
 1時間半ほど歩くと遊歩道の終点になる、鹿飛橋。昔はこの先にも行けて川原近くの岩場までいけたのだが今は通行禁止になっている。本当はそのあたりからの景色や水の流れが綺麗なのだが仕方がない。この先は国道に沿って歩道が続いている。今回は少し先の若葉台まで行って帰りは国道沿いを戻ることにした。

 充分腹をすかしたところでお目当ての昼食は、こちらもおなじみの温泉街入り口の郷土料理「ふるさと」へ......
が!「ないっ!」、「なんで?」・・・その場所はすっかり更地となっている!!!「えー、岩魚の塩焼きで一杯やって名物のうどんを食べるのを楽しみに来たのにー」

落胆の色も隠せずにとりあえず温泉街へ歩いてみる。ここも訪れるたびに寂しくなってきていて、食堂なんかありそうもない。仕方なしに飯は後にして温泉へ行った。PB030086PB030083いつもは「王湯」を利用していたのだが今回は「笹湯」
に行ってみようというわけで、路地を入ってめでたくご入浴!
ここでの写真は女湯(このページ写真はすべてカミサンのデジ....おっさんはいまだにアナログ派)だが男湯もほとんどおんなじ簡素なつくりで湯船のすぐわきに脱衣所仕切りなし。いかにも公共浴場って感じが潔い。もちろんお湯は最高、湯の華ちらちらだ。

「ダム見てきたの?」
湯から出て駅まで戻っていくと、先ほどの?ツアー客らしき人から声をかけられた。
「えっ、ダムはあっち(下流側)ですよ。」
やっぱり、テレビの影響かあの付け替え道路の橋脚をダム本体の工事と勘違いしているみたいだ。なんだかんだ言ってもテレビ画像のインパクトは大きい。絵になりゃ何でもいいっていうのは考え物だ。

PB030094そんなわけで結局昼は白糸の滝までもどってそばをすすり、帰りは時間がなかったので小野上温泉で(こちらは典型的は今風施設に変わっていた)一浴。高崎で定番のだるま弁当を買って新幹線で帰宅した。


mackkmackk55 at 21:42│コメント(0)トラックバック(0) |