2009年12月15日


005_4
 四国のドライブは快適とは言い難いが、断然楽しい。そこでは海岸線から少し内陸に入るとすぐに山間部を走ることになる。それも暗い谷の間だったり、深い森の中を抜ける峠があったり、また棚田が重なる山里だったりするから....。快適と言い難いのはそのような土地を走る道であるため、国道といえども狭い道が多くすれ違いに苦労するからだ。
 
  沿道にぽつりぽつりと現れる集落は、都会からきた旅人には何か懐かしい感じを抱かせる。狭い陸地に剣呑な山々の並ぶ四国山脈が東西に伸びていて、そこからいくつかの河川が海に向かって流れている様が日本列島の縮図のようであるからとか、有名な八十八の札所の存在ゆえとか無理やりこじつけたような理由を考えたくなってしまう。
 
  今回は四国一の標高を誇る石鎚山の南側にある「面河渓」を訪ねた。当初は赤石山系のどこかに登ろうかと思っていたのだが、11月も中旬に012_11なり日も短くなるし、寒さも厳しくなってくるので日和って観光旅行に切り替えたのだった。
 
 松山から国道33号線を南下、砥部町を経て久万高原町に入っていく。久万町で左折して岩屋寺を通り、直瀬川に沿って進んでいくと面河川との合流点で突きあたる。今度はその面河川を遡上する道に入って石鎚スカイラインを右に見ると面河渓の入り口である。
 そこにある面河山岳博物館に車を止めてまずは博物館を見学、地図と予備知識を入手した。

 渓谷沿いの遊歩道を歩いていくと、清冽な流れが清々しい。思ったより観光客は少なくその点も好ましい。この辺で紅葉は盛りを少し過ぎたところ、ということはおそらく一週早ければ結構な人出だったに違いない。もっと上流ではもうほぼ散っているのだろうか。

017_16004_3034_33






  のんびり15分ほど歩くと車道に出て、そこからしばらくはその道を行くしかない。その間、何台もの車が僕たちを追い越していく。何だ、みんな一番奥の駐車場に車を止めるのか。どうりでさっきの遊歩道が空いていた訳だ。

024_23  しばらく歩くと川の対岸に国民宿舎が見えてきた。かなり年季の入った建物だ。若かりし頃、いろんな場所でお世話になった公営国民宿舎を思い出す。周辺は浅瀬になっていて、「五色河原」と呼ばれている。ガイドブックによると水の青・苔の黒・岩の白・藻の緑・紅葉の赤の5つの色で彩られるところから名付けられたそうだ。道は国民宿舎の先で渓谷に沿って二手に分かれている。左俣の流れは鉄砲石川といって色々な岩や滝があって面白そうだが、今回は初めての訪問でもあり敬意を表して(?)面河川本流沿いの道を行くことにした。
 PB140018
 
 ちょうどそのあたりで12時前になったので腹ごしらえにと、「渓泉亭」という食堂に入った。
 アメゴの甘露煮がのっているという面河うどんの昼食。四国のうどんはどこで食べてもコシがあってよろしい。つゆは若干甘かったのだけれどね。


046_7 食堂を出てすぐに橋があり右岸へ渡る。徐々に勾配も出てくる道を辿っていった。最近山に行ってなかったので木々の香りが懐かしい。枯葉を踏みながらフィトンチッドを思い切り吸って歩いていく。第一キャンプ場を過ぎちょっと行くと紅葉河原というところがあった。ここでご婦人が二人、一人はスケッチ一人は写真を撮っている。僕らもそこで一休みだ。
031_30 水の流れは小気味よい。そこで僕たちも10分ほど休憩、のんび~りする。

 どんどん歩いていくとまたキャンプ場があるが、まぁこの時期もちろん誰もいない。(ここには新しいバイオトイレがあって、帰りにお世話になった。) 
 
  PB140029
  その先には下熊渕・上熊渕という二つの渕があり、そこからすぐが石鎚山への登山口だ。この夏月山で会った山口県の方が、石鎚に登るのはこの道がいいと教えてくれたのだ。前に登った時にはお定まりの成就社からのコースだったので次回はこの道を辿ってみたい。

055_16053_14  もう一度橋を渡ると、まだ道はつづいているものの通行止めになっている場所に到着。ここにあったのがこの「虎ヶ滝」。ここには東屋があって休憩できるようになっているが、地図に書いてあるWCはなかった。

 帰りは展望台のあるコースを迂回して帰ったのだが、これは結構山登りに近いアルバイトを強いられる。それでも久しぶりの山歩きに気分は爽快、気持ちよくパノラマを眺めながら着いた先はさっきの国民宿舎の裏手だった。



mackkmackk55 at 23:46│コメント(2)トラックバック(0) │

2009年12月10日


ginnan


この秋の我が家の”ブーム”でした。

毎年Tさんから頂くご自宅で採れる銀杏。いつもわざわざ一粒ずつ割れ目を入れてくれるので、本当に大感謝です。そして、今年は!「銀杏ごはん」の作り方を教えてもらったのでチャレンジしました。もちろんそのまま食べてもおいしいけれど、これは大ヒットでした。銀杏のもちもちっとした食感がご飯にとっても合うんです。

作り方は簡単。
封筒に入れてレンジで1分加熱した銀杏(あっ、もちろん殻に割れ目を入れておいてくださいね)の殻を剥いてお米と一緒に炊くだけ。その時、塩一つまみと昆布一切れを入れるともうそれだけで立派な一食です。キノコや鶏肉、牛蒡などといっしょに普通の炊き込みご飯にしてもおいしいけど、僕は断然この塩味だけのシンプルバージョンがお気に入り。今年は6回も食べました(うち1回が具だくさんのしょうゆ味)。

今シーズンには間に合わないかもしれませんが、是非試してみてください。
(Tさん、来年もよろしくお願いしまーす!ははっ)


PB260075


ものの弾み?でむかごごはんも作りました。






【おまけ】ご飯ネタついでに....
デビュー3年目に突入した我が家のおひつです。ohitsu


これは那須の三斗小屋温泉に行った時、おひつで頂いたご飯のおいしさに感激して導入したものです。ウチでは羽釜とガスで炊いてるんですが、ちょっとむらした後でこのおひつに入れると木が湿気を吸ってくれて、ちょうど食べごろにしてくれます。



mackkmackk55 at 21:00│コメント(0)トラックバック(0) | 

2009年12月04日

lost_train

ふらっと立ち寄った書店に平積みされていたこの本。廃線探訪をめぐる物語らしいが、タイトルとカバーデザイン(「銀河鉄道の夜」を彷彿させる)に惹かれて購入した。

小河内線跡場面で偶然出会う”ぼく”(語り手)と平間さん、そして途中から登場する菜月さんの3人の人生が微妙に交錯するさまに引き込まれ、2日間で読み終えてしまった。

吉祥寺のパブレストラン<ぷらっとほーむ>での平間さんの言葉は宮沢賢治の童話のようだし(でもそれは「銀河鉄道・・・」のではなくて「なめとこ山の熊」や「よだかの星」のようなやさしい語り口)、旅行代理店に勤める「鉄子」の菜月さんもちょっと変わったところがある。そんな2人と優柔不断な"ぼく”。それぞれが自分の「居場所」を求めて続けていく旅、それが「誰も知らない廃線跡」を捜す旅と重なる。

本編は2部構成になっていて、リアリティある前半部がファンタジックな(ある意味奇想天外でもある)後半部を支えている。そんな後半部はとても視覚的で、テンポよく進むストーリーも映画のように流れていく。結末は感動的だが、エピローグの最後の2ページが僕にはとても印象的だった。

(著者は昨年の日本ファンタジー大賞受賞者だそうで、それを知るとこの後半部も納得です。)


mackkmackk55 at 19:53│コメント(0)トラックバック(0) | 

2009年11月23日

ジュレ 「テラス・ジュレ」は洗足池畔にあるちょっとおしゃれで、でもカジュアルなレストラン。フロントは中原街道に面していますが向こう側にはそのまま洗足池が広がっています。

 ここで時々ライブ演奏をやっている、友人の宮川明君のフラメンコギターライブに20日の金曜日に行ってきました。前回は都合で行けなかったので、多分数ヶ月ぶりです。また、このところタンゴやラテン系のミュージシャンとのコラボを聴いていたので久しぶりのソロのライブでもありました。

 フラメンコの楽曲については精通していないのであまり詳しくはわかりませんが、毎回配ってくれるプログラムを見るとちょっと今までとは違った曲目もあり楽しみ......やっぱり、異ジャンルの人たちとの交流がいい形で出てきたのかなぁとも思いつつ、いつものやさしい声だけど的確なMCとともに流れる音に心を委ねていました。

 僕が面白いと思ったのはファーストステージのラスト「アジャモンテ」(曲名はプログラムより)。彼がスペイン滞在中に行ったポルトガルとの国境の街だそうです。そこではみんな1ユーロでフェリーに乗って物価の安い隣国に渡って買い物をするそうで、そんな時に耳にしたファドの旋律を取り入れた曲だそうです。ファドといっても僕はアマリア・ロドリゲスしか知りませんが、きっと庶民の音楽として街中で流れているのでしょう。
20091120_stage1
 セカンドステージはチョイと一杯入ったせいか?わりとノリノリでした。キューバ出自の「グアヒーラ」もよかったけどラスト前の「ブレリア」はリズム感よく楽しめました。

 さて、次回はコンパネもってきて一曲踊ってね、
Hortensia!




 

mackkmackk55 at 19:02│コメント(0)トラックバック(0) │

2009年11月15日

PB030070PB030058PB030078





二十年近く前から何度も訪れている吾妻渓谷だが、先日数年ぶりに行ってきた。
 今回は日帰りということでJRの「週末日帰りきっぷ」を購入、上野から特急草津で川原湯温泉へ向かう。電車は過去に「踊り子」や東北新幹線が大宮発着だったときの連絡用「リレー号」に使われていた185系だが、シートは改良されていて短い旅ならこれで十分だ。しかし休日だというのに空いている。これも1000円高速の影響なのか...(まぁこちらにとってはありがたいことではあるが)PB030087
 
 2時間ちょっとで川原湯温泉駅に到着。この駅もなかなか風情があってダムの底に沈ませるのはもったいないと思っていたが、この先どうなるのだろう。道路や鉄道の付け替え線工事は先に進んでいるからやっぱりそちらに移るのだろうか?
 
 外に出てみると思ったほど寒くない。むしろ東京の方が(朝方だったせいもあってか)涼しく思えた。とりあえずなじみの遊歩道を進むが、渓谷の紅葉はもう枯れかかっているところとまだまだ青葉のところが交錯している。PB030068ダムで話題になったのでかなり混雑していることは覚悟してきたがやはり結構な人出で、狭い路でのすれ違いに苦労する。今まではあまり見かけなかった、旅行会社のツアーで来ている人たちも多く、歩きなれていない人たちでしかも50人以上の団体だったりするんで大変だ。それもいくつものツアーがあって「まったく!」とも思うが、ツアー会社の営業戦略恐るべしではある。ダム本体の予定地を過ぎると右手から新しい道が降りてきていて、まだ通行止めになっていた。ダム完成後に上の道路から降りてくる道を作ったのだろうか?  素人感覚だがなんかちぐはぐな感じがする。
PB030060 
 1時間半ほど歩くと遊歩道の終点になる、鹿飛橋。昔はこの先にも行けて川原近くの岩場までいけたのだが今は通行禁止になっている。本当はそのあたりからの景色や水の流れが綺麗なのだが仕方がない。この先は国道に沿って歩道が続いている。今回は少し先の若葉台まで行って帰りは国道沿いを戻ることにした。

 充分腹をすかしたところでお目当ての昼食は、こちらもおなじみの温泉街入り口の郷土料理「ふるさと」へ......
が!「ないっ!」、「なんで?」・・・その場所はすっかり更地となっている!!!「えー、岩魚の塩焼きで一杯やって名物のうどんを食べるのを楽しみに来たのにー」

落胆の色も隠せずにとりあえず温泉街へ歩いてみる。ここも訪れるたびに寂しくなってきていて、食堂なんかありそうもない。仕方なしに飯は後にして温泉へ行った。PB030086PB030083いつもは「王湯」を利用していたのだが今回は「笹湯」
に行ってみようというわけで、路地を入ってめでたくご入浴!
ここでの写真は女湯(このページ写真はすべてカミサンのデジ....おっさんはいまだにアナログ派)だが男湯もほとんどおんなじ簡素なつくりで湯船のすぐわきに脱衣所仕切りなし。いかにも公共浴場って感じが潔い。もちろんお湯は最高、湯の華ちらちらだ。

「ダム見てきたの?」
湯から出て駅まで戻っていくと、先ほどの?ツアー客らしき人から声をかけられた。
「えっ、ダムはあっち(下流側)ですよ。」
やっぱり、テレビの影響かあの付け替え道路の橋脚をダム本体の工事と勘違いしているみたいだ。なんだかんだ言ってもテレビ画像のインパクトは大きい。絵になりゃ何でもいいっていうのは考え物だ。

PB030094そんなわけで結局昼は白糸の滝までもどってそばをすすり、帰りは時間がなかったので小野上温泉で(こちらは典型的は今風施設に変わっていた)一浴。高崎で定番のだるま弁当を買って新幹線で帰宅した。


mackkmackk55 at 21:42│コメント(0)トラックバック(0) |