2017年01月11日

 またしても年越ししてしまいました・・・・が・・・・
  (昨年同様、今回も簡単に・・・・なので今年は何回も行っているBluegrass Police は省略・・ゴメン)

1.26 Jack Tempchin  @ Shimokitazawa Garden
幕開けはJack でした。いきなりマイナーなスタートでしたが、昨年はこの後は少なかったですね。

2.27 Tatsuro Yamashita  @ Nakano Sun Plaza
一月後…、という間があくのも・・・・
もちろん、達郎兄は相変わらずのパフォーマンスで3時間!
しかし、この会場もあとわずかの命です・・・・

4.1 Tedeschi Trucks Band  @ Budohkan
こちらは3年ぶりですかね。相変わらず貫禄のステージ・・・・と、言いたいところですが、ちょっと
何か丸くなりすぎ??
もうちょい二人とも昔の粗っぽい感じが欲しかったですが、ないものねだりか・・


4.13 Eric Clapton @ Budohkan
その少しあとのクラプトン。まあ、こちらは円熟でも当たり前か。
今回もポール・キャラック、そしてアンディ・フェアフェザーロウも。

419 Bob Dylan  @ Orchrad Hall
久しぶりのホール公演。前回同様、シナトラなどスタンダード中心のステージでしたが、She Belongs to me  や最近はお馴染みの Tungled up  in Blue など、懐かしいDylan 節も聞かせてくれました。今回もヴォーカルを堪能。


5.30 Ayako Miyata @ Shinjuku Miotor
3年前に恵比寿でお会いした宮田さん、今回もジャズスタンダードとアメリカンポップスのコラボで楽しませてくれました。バックのマイク:ダンや元センチメンタルの細井さん?も秀逸でした。

例年のことですが? この後夏枯れ
そして、骨折もあり・・・またしても寂しい夏・・・・
(まあ、山の代わりに温泉には結構行きましたが)

11.12  Nobuo Yagi & Fumihito Teramoto @
Bonne Nuit
地元のよしみもあって?友人が誘ってくれたライブ。バックミュージシャンとしてはかなりのベテランだそうで、確かにいい音が聴けました。

11.25 Latino 2 @ Meguro Percimon Hall

こちらも友人の誘いで伺ったライブ。コンサートではないけれど、日本に在住するラテンの皆さんの音楽とダンスのパフォーマンス。(正直、その中身に関しては期待していなかったのですが、バックにはしっかりしたバンドがついていてなかなかでした)

12.2  Sharon Shannon
@ Nerima Bunka Centar
12.3 
Celtic Christmas @ Sumida Torifony Hall
今年は3年ぶりのSharon Shanonということで、楽しみにしていました。初来日からのファンとしてはもちろん見参・・・です。また初めて見る女性グループ、Cherish the Ladies も迫力があり楽しかったです。北欧のバンド Dreamers' Circus も・・・・・。
そしてやっぱり、久しぶりのシャロン。以前に比べたらワイルドさがなくなった感ありでしたが・・・それでも最後はノリノリでした。

12.16 Atsuki Kimura with big band @ Billboard
最後は木村さん、今回はビッグバンドがバックで、しかもあの金子マリさんもゲスト参加。
こちらは簡単にブログアップしましたが・・・。楽しいステージでした。


・・・昨年もまた年末近くに友人と「今年はあまりなかったねぇ」と話していたんですが、やはり極端に少なかったですね。例年の半分くらいかなあ。しかも口開けのJack 以外は目新しいものなし・・・・というか、行きたくてもいけなかったライブも多く…遺憾・・・と反省。きっとまだ他に、忘れてしまっているのもあると思いますが。さて、今年は・・・・・・・????




mackkmackk55 at 23:50│コメント(2)トラックバック(0) | 

2017年01月03日

  昨年もまた、後半失速でした。
  遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。2017010101
                 (家の窓から、元旦の富士山です)


mackkmackk55 at 11:00│コメント(4)トラックバック(0) │

2016年12月21日

           久しぶりです      2016年12月21日

IMG_0992  
久々の更新ですみません。
 今夜は(こちらも久々の)ビルボード東京へ行ってきました。
 あの「憂歌団」の木村先輩がビッグバンドをバックに歌うそうなんで・・・

 ホワイト・クリスマス~ジングル・ベルの演奏で幕開け・・・・

 スタンダード中心の木村節を堪能しました。

IMG_0993 (本音を言えば、ちょっとは憂歌団時代の歌も聴きたかったですが)
 
 でもビッグバンドはいいですね・・・ホーンセクションが13人!そしてドラム、ギター、ベース、ピアノの編成・・・とっても楽しかったです。

   ゲストの奇妙礼太郎くん、金子マリさん(なんと着物で登場・・・彼女に会う?のは昔よく行ってた「バックスバニー」以来だから30数年ぶり・・・でも歌声はさすが!!)

  エンディングの「オール・オブ・ミー」、アンコールの「嘘は罪」って自分の大好きな曲が聴けたのも大満足でした。


mackkmackk55 at 23:47│コメント(2)トラックバック(0) │

2016年11月03日

      唐津から呼子へ・・・・・・    2016年 5月 3日 (雨)haiki_yobuko (116)
haiki_yobuko (113) <==その6へ戻る
 とにかく唐津にまではたどり着いたが、雨脚はますます激しくなるばかり。
 いろいろここでは見学したかったのだがせめて唐津城だけでもと、案内所で行き方を聞き、行ってみることにする。

 バスで向かうその道すがら、街中の素敵な佇まいを伺うことが出来たのだけれど雨はどんどんに強まってきた。

haiki_yobuko (118) haiki_yobuko (120) なんとか城の下のバス停には着いたものの、そこからもまた試練。大粒の雨と強風にあおられながらお城の入り口へ向かう、歩いてもいけるのだがさすがに今回は観光用のエレベータに乗車、城郭のすぐ下まで連れていってもらった。

haiki_yobuko (134)haiki_yobuko (136)haiki_yobuko (137)haiki_yobuko (138)




haiki_yobuko (122)haiki_yobuko (133)haiki_yobuko (139)   慶長7年から13年にかけて築城された城で松浦川の河口、北側の唐津湾に面した石垣が特徴だ。現在の模擬天守は昭和41年に復元されたもの。
   初代藩主寺沢広高は関が原の戦いなどの戦功により天草領四万石を合せ十二万三千石の大名となったが、その後に起こった島原の乱で寺沢家三代、藩主二代・堅高は天草領土を没収され、藩財政の悪化により自害し寺沢家は断絶した・・・・という。

haiki_yobuko (127)  ここhaiki_yobuko (131)でもキリスト教がかかわってくる。 豪雨の中で残念だったがそれでも天守からの見晴らしはなかなかのもの・・・(晴天だったら尚一層のものだったろう)
haiki_yobuko (132)haiki_yobuko (125)




haiki_yobuko (124)20160503 (245)  城の周りの植物も見事だが見学することはままならなず・・・
20160503 (254)
  とりあえず、呼子行のバスに乗車。



haiki_yobuko (174)haiki_yobuko (173)haiki_yobuko (172)  
   
玄界灘を右に見ながらのんびりと進んでいく。その間に雨は小降りになってくれた。



haiki_yobuko (176)20160503 (291)

haiki_yobuko (175) この日の塒は「国民宿舎呼子ロッジ」。バス停からは宿の車で送迎してもらう。
  


20160503 (270)  
宿に荷を置
haiki_yobuko (165)いて、まずは港にある温泉に向かった。「呼子台場みなとプラザ」というhaiki_yobuko (161)鮮魚市場に併設された施設だが、内湯は人工温泉、なんとhaiki_yobuko (169)もしまりのないお湯だ。

haiki_yobuko (162)

隣の露天風呂は半島の南東にある「高串温泉」から運んできた湯で,、内湯に入った後だとそれでも少~しは温泉らしい湯感があった。




      宿に戻っての夕食。


haiki_yobuko (193)20160503 (314)haiki_yobuko (187)haiki_yobuko (197)haiki_yobuko (198)
    




20160503 (310)
haiki_yobuko (192)  もちろん名物のイカは透明でかつぴくぴく動く、抜群の鮮度。
  ゲソは塩焼きにしてもらい(天ぷらも選べるが)、その味を最後まで楽しんだオッサン達であった。  
  
                                その8へ==>

mackkmackk55 at 08:33│コメント(5) | 

2016年10月23日

     シカゴ! 頑張れっちゃ!                   
                                                                          (hobo in the past #004)

 先ほどシカゴ・カブスのナショナルリーグ優勝が決まりました。
 今年、ここまでのポストシーズンではカブスの技術が光りましたね。
 インディアンズとのワールドシリーズもちょっと似たもの同士対戦で楽しみです。どちらも少~し、日本的?な作戦で勝ち上がってきたチームなんですよね??
 そしてクリーヴランドvsシカゴ という、ご近所対決。地元は盛り上がっていることでしょう。

 ところで・・・
 自分は特別なカブス・ファンではないのですが、思い出すことがあります。

 ニューオーリンズ駅にて
  それはずっと乗りたかった "City of New Orleans" に乗車したときのこと。
    (画はその時のものではありません)
 ダイニングカーでご一緒した僕たちより一回り位年下のご夫妻と、話が盛り上がりました。そのきっかけが奥さんが着ていたカブスのT、カミサンが "Go Cabus Go" って歌ったら(まあ場所柄ですから大声ではなく)皆で合唱になりました。

 その後も「スモーキン・ストップ」ではいつも一緒。(煙草のみのコミュニティがあるものですが、当時妊娠していた奥さんも平気でスパスパやってました)

彼らが何故アムトラックを使ったかというと、御高齢のお母さんがいたから・・・
 (飛行機に乗るのはちょっと大変らしいです)

そして最後ニュー・オリンズで別れましたが、その1ヶ月後にあのカトリーナが来襲。
住所は聞いていたので手紙を送りましたが、あの混乱の中、届いたかどうかもわからないまま現在に至っています。
 
 話がそれましたが、71年振りのカブスの優勝を眼にして思い出したことです。

 そしてカブスといえば、この人も・・・
 ”Go! Cubs! Go!" もスティーヴの曲。(そして乗った列車 "City of New Orleans" も彼の代表作です)
 
   Hey Chicago what do you say......The Cubs are gonna win today......

 この画でも彼の野球(カブス)好きが現われていて、楽しいです・・・・最後に優勝したのは戦争で日本に勝った年なんていってるのは・・・まあそれも普通のことでしょうが日本人としては聞き逃せまんでしたね(笑)・・・・・。





 PS  

  ワールドチャンピオン! 

  おめでとうございます




   



mackkmackk55 at 13:32│コメント(3)トラックバック(0)米(USA) |